北海道の交通関係

北海道の交通関係へようこそ

このページではあくまで管理者の趣味として北海道の交通関係の各種データを提供しています。データの信憑性についてはある程度の根拠のあるものを掲載していますが、必ずしも正しいものではない可能性がありますので、加味しながらご利用ください。

コンテンツ

JR北海道列車運行情報検索

JR北海道公式サイトから運行情報を30分ごとに記録しています。
路線・列車の遅れ・運休情報を過去に遡って検索、閲覧が可能です。

情報提供期間:2013年1月10日から現在まで

JR北海道札幌圏列車位置

非公式ですが札幌圏のJR運行情報を提供しています。スマートフォン対応となっています。

終了JR北海道空席情報検索

JR北海道の特急・急行列車の空席情報を取得したものを記録しています。
札幌から函館・釧路・帯広・網走・稚内への各特急と新函館北斗・新青森発着の北海道新幹線・東北新幹線・青森-函館-札幌への連絡列車を過去に遡って検索、閲覧が可能です。

情報提供期間:2013年8月8日から2014年12月21日まで・2015年9月10日から2020年9月17日まで

過去の指定席販売状況の参考としてご覧ください。

北海道鉄道時刻表

北海道各鉄道路線の時刻表を表示します。
基本的に時刻は最新のものを掲載しております。詳しくはページ内の説明をご覧ください。

掲載路線
・JR北海道(北海道新幹線を含む全線)
・JR東日本(東北新幹線の一部列車・津軽線)
・札幌市交通局(地下鉄南北線・東西線・東豊線)
・札幌市交通事業振興公社(札幌市電)
・函館市企業局交通部(函館市電)
・一部廃線代替バス路線

(時刻表)駅情報・列車情報

時刻表の詳細情報を提供しています。

北海道交通関係報道

管理者が気になった北海道の交通関係(航空・新幹線・地下鉄・市電・JR・道路交通等)報道をあつめたものです。

サイトについて

本サイトをご覧いただく際の注意事項をいくつか記載しております

禁止事項

当サイト内容、画像等の無断転載は禁止します


北海道交通関係の資料・情報

JR北海道「北の40記念入場券」発売駅

詳しくはJR北海道プレスリリース(キハ40形 山紫水明シリーズ運行開始記念 北の40記念入場券を発売します)をご参照ください。

JR北海道「北の大地の入場券」発売駅

詳しくはJR北海道プレスリリース(「北の大地の入場券」を発売します)をご参照ください。
(2020年4月1日現在の営業時間に更新)
(「札沼線入場券」は発売終了しました)

Update JR北海道各駅の乗降客数・形態・販売状況

国土交通省統計資料による2011年・2012年・2013年・2014年・2015年・2016年・2017年・2018年の各駅乗降客数および
駅の形態(有人駅・無人駅等)を掲載しています。

Update JR北海道各路線の平均通過人員(輸送密度)

JR北海道2010年度-2019年度の各路線平均通過人員を掲載しています。

Update JR北海道各駅乗降客数ランキング

JR北海道2017年の乗降客数ランキングです。上位30位、下位は乗降客数10未満(利用客数5人未満)を表示しています。

記事カテゴリ

北海道の交通関係 JR北海道 北海道新幹線 札幌市交通局 夕張鉄道 北の大地の入場券 新型コロナウイルス 北の40記念入場券 バリアフリー 根室線 輪行 乗車促進運動 サイトアクセス傾向 サイト障害 空港民営化 北海道新幹線工事箇所 観光列車 バニラエア フォーラム 札幌市電 免許返納 路線バス 留萌線 高速バス 人手不足 LCC 北広島球場輸送 道南いさりび鉄道 航空 札沼線 札幌市交通局 夕鉄バス わがまちご当地入場券 読まなくていい日記 日高線 釧網線 石北線 JR九州 国鉄廃止路線のその後 宗谷線 北海道新幹線 認知症JR事故死関係 保存鉄道 青い森鉄道 東北新幹線 バス業界 北海道の交通関係 JR西日本 JR東日本 JR北海道 サイト更新情報 時刻表 人口減少 ホームドア

記事検索

検索入力:

最近の記事

2020/09/08
・留萌線通学バス確認と現役区間全踏切を訪問してきた

いやぁ、自分でもマニアだなぁというか、やっぱり「見たい」「確認したい」という誘惑がそうさせるところが…

2020/09/07
・「北の大地の入場券」収集旅7(石狩当別)

近場の駅は冬期とかに訪問しようと後回しにしていたのですが、札沼線の廃止区間の確認と代行バスの乗車でこ…

2020/09/02
・留萌線一部区間廃止受け入れ報道

お盆も開けた8月18日、NHKが真っ先に報じたのがこの報道でした。留萌線は2016年12月に留萌-増…


当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。