北海道の交通関係

北海道交通関係報道

管理者が気になった北海道の交通関係(航空・新幹線・地下鉄・市電・JR・道路交通等)報道をあつめたものです。
媒体名は各記事へのリンクになっていますが、リンク先が掲載期間終了などで無くなっている場合、また、有料記事などで閲覧できない場合があります。
検索入力: 以降 まで
かな・漢字対応(スペースで複数項目)

237件見つかりました

北斗市長が八雲の道新幹線トンネル掘削土受け入れを承認

2019年12月15日 北海道建設新聞

 北斗市の池田達雄市長は11日の定例記者会見で、北海道新幹線トンネル工事に伴い、八雲町内で発生する掘削土の受け入れを認め、鉄道建設・運輸施設整備支援機構に通知したことを明らかにした。 池田市長は住民の...


道の駅遠軽「きれい」 町民ら内覧会 道内初のスキー場併設

2019年12月15日 北海道新聞

 【遠軽】オホーツク管内遠軽町野上に22日開業する道の駅「遠軽 森のオホーツク」の内覧会が14日に開かれ、町民や報道関係者に公開された。  旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬インターチェンジ(IC)―遠軽I...


路線バスがガードレールに衝突、乗客2人骨折 釧路

2019年12月14日 北海道新聞

 【釧路】14日午前7時45分ごろ、釧路市興津2の市道でくしろバス(釧路市)の路線バスが対向車線にはみ出し、道路脇のガードレールに衝突、乗客18人のうち、女性(62)が肋骨(ろっこつ)を、女性(76)...


路線バスがスリップ 乗客8人けが 凍結路面で事故多発 北海道釧路市

2019年12月14日 STV

北海道釧路市で14日朝、路線バスがスリップしてガードレールに衝突し、乗客9人が病院に運ばれました。 事故があったのは、釧路市興津2丁目の市道です。午前8時ごろ乗客18人が乗った路線バスが、道路脇のガー...


スリップ事故相次ぐ バスの乗客9人けが 約10台玉突き事故 出動の消防車2台も 北海道

2019年12月14日 UHB

 北海道内ではスリップが原因とみられる事故が相次ぎ、釧路市では路線バスがガードレールに衝突し9人がケガをしました。  14日午前7時55分ごろ、釧路市興津2丁目の市道で乗客18人を乗せた路線バスが対向...


スキー場隣接の道の駅 内覧会

2019年12月14日 NHK

オホーツク海側の遠軽町で、スキー場に隣接する道の駅の内覧会が開かれ、地元の人たちがゲレンデを眺めながら買い物を楽しみました。 道の駅「遠軽 森のオホーツク」は、今月21日に開通する旭川・紋別自動車道...


路線バスや消防車も…釧路でスリップ事故相次ぐ

2019年12月14日 hbcnews

朝の気温が氷点下となった釧路では雨でぬれた路面が一部アイスバーン状態になり、スリップ事故が相次いでいます。 14日朝、最低気温が氷点下4.9度まで冷え込んだ釧路では、雨で濡れた道路が凍るなどして、スリ...


遠軽町で道内125番目の道の駅まもなくオープン

2019年12月14日 HTBニュース

 オホーツクの遠軽町で今月22日にオープンする道の駅「遠軽森のオホーツク」の内覧会が行われました。  道内125番目の道の駅となる「遠軽森のオホーツク」は、国道450号沿いに建設されました。隣接するス...


バス事故で乗客8人けが 釧路

2019年12月14日 NHK

14日朝8時前、釧路市で乗客18人を乗せた路線バスがガードレールに衝突し、2人がろっ骨や腕の骨を折る大けがをしたほか、6人が軽いけがをしました。 路面はブラックアイスバーンの状態だったということで、...


札幌駅再開発、狙いは 新幹線開業効果、波及を JR北海道副社長・小山俊幸さん

2019年12月14日 北海道新聞

 JR北海道が2031年度の経営自立を目指して力を注ぐ、札幌駅の再開発事業の準備組合(理事長・吉岡亨札幌市副市長)が、札幌市など5者で11月に発足した。新タワービルは29年秋に完成する予定。JR北海道...


新千歳国際線 新ラウンジ開所へ

2019年12月14日 NHK

新千歳空港の国際線ターミナルの出発ロビーに16日、新たなラウンジがオープンします。 利便性を向上させ、道内からの利用者を増やそうという狙いです。 新たにオープンするラウンジは、国際線ターミナルビル3...


快速エアポート増発 特急「スーパー」取りやめ JR3月ダイヤ

2019年12月14日 北海道新聞

 JR北海道は13日、2020年3月14日のダイヤ改正で、札幌と小樽、岩見沢方面を結ぶ区間快速いしかりライナーを廃止し、普通列車に切り替えると正式発表した。札幌―新千歳空港間の快速エアポートは毎時5本...


「待遇改善」喜ぶ事業者 タクシー運賃値上げへ メーター再変更に不満も

2019年12月14日 北海道新聞

 道内のタクシー事業者が人件費高騰などを理由に国に求めていた運賃値上げが来年2月にようやく行われることになり、事業者からは安堵(あんど)の声が上がった。ただ、10月の消費税増税と同時に値上げできていれ...


洞爺―倶知安 21日から冬季バス運行

2019年12月14日 北海道新聞

 【洞爺湖】北海道登別洞爺広域観光圏協議会(事務局・登別市)は21日から、道南バスやJR北海道と共同でJR洞爺駅とJR倶知安駅(後志管内倶知安町)を結ぶアクセスバスの冬季運行を始める。観光地同士の行き...


五輪マラソン期間に市電折り返し検討 札幌市

2019年12月14日 北海道新聞

 2020年東京五輪マラソン・競歩の札幌開催で、競技が行われる8月6~9日に、札幌市が路面電車(市電)の一部区間を運休し、折り返し運転する方向で調整していることが13日、分かった。マラソン、競歩のコー...


北海道)快速エアポート、3割増 JR北3月ダイヤ改定

2019年12月14日 朝日新聞

 JR北海道は13日、来年3月14日からの改定ダイヤ(運行計画)を発表した。外国人観光客を中心とした新千歳空港の利用客増加に対応し、空港と札幌圏を結ぶ千歳線の快速エアポートを1日32本増便する。利便性...


外国人旅行者向けマップ まちづくり稚内がキタカラに設置

2019年12月14日 稚内プレス

 外国人旅行者向けの稚内駅周辺の店舗を紹介した新たなマップがキタカラアトリウムに掲示された。  まちづくり稚内がインバウンド対策としてJRや都市間バスなど利用する外国人から飲食店などの場所が分から...


道内7空港民営化に融資額3600億円 道内全信金も参加

2019年12月13日 北海道新聞

 2020年度に始まる道内7空港民営化で、運営を担う「北海道エアポート」(千歳)が道内外の金融機関から受ける協調融資の総額が約3600億円で固まった。道内全20信金を含め、46の金融機関が参加する。事...


北海道の空港民営化で3600億円 みずほ・三井住友など

2019年12月13日 日本経済新聞

みずほ銀行と三井住友銀行は、2020年から一括民営化を始める北海道内7空港を運営する企業連合への3600億円強の協調融資をまとめた。計46の金融機関が参加し、インフラなどを対象とした事業融資(プロ...


快速エアポートが毎時5本に! 早朝便も新設 JR北海道 来年3月からのダイヤ改正

2019年12月13日 UHB

 JR北海道は13日、2020年3月14日から実施されるダイヤ改正を発表しました。  外国人観光客の増加に合わせ、快速エアポートの本数が3割増えます。  春の改正では、札幌市と新千歳空港を結ぶ快速エア...


快速エアポート12分間隔で1時間5本に 札幌~岩見沢方面の快速なくなる 来年3月ダイヤ改正 JR北海道

2019年12月13日 hbcnews

JR北海道は、「快速エアポート」の増便など札幌圏の需要の変化に対応するダイヤ改正を発表しました。 JR北海道は来年3月のダイヤ改正で、増加するインバウンド需要に対応するため「快速エアポート」を増便しま...


新型車両「H100形」お披露目 JR北海道が来春から本格運行 ディーゼル発電でモーター駆動

2019年12月13日 UHB

 JR北海道が普通列車として新たに導入する新型車両が13日公開されました。  ディーゼルエンジンで発電し、モーターを回すなど最新装備が自慢です。  お披露目されたのは、JRが普通列車として新たに導入す...


3月から快速エアポート増発へ

2019年12月13日 NHK

JR北海道は、来年3月のダイヤ改正の内容を発表しました。札幌の中心部と新千歳空港を結ぶ「快速エアポート」の本数を、1時間に4本から5本に増やすことが柱です。 JR北海道は13日記者会見を開き、来年3...


全日空機が引き返す 新千歳、離陸直後に

2019年12月13日 北海道新聞

 【千歳】13日午前8時40分ごろ、新千歳発羽田行き全日空52便(ボーイング777―300型)が離陸直後、客席内にほこりのようなものが噴き出したため、新千歳に引き返して同52分に通常着陸した。乗員乗客...


JRダイヤ改正 快速エアポート「12分間隔」に

2019年12月13日 HTBニュース

新千歳空港への移動が便利になります。JRは2020年3月のダイヤ改正で、「快速エアポート」の本数を増やし、おおむね12分間隔で運行させると発表しました。  JR北海道 高橋豊輸送課長「インバウンドのお...


JR 普通列車の新型車両を公開

2019年12月13日 NHK

JR北海道は、来年3月から普通列車として順次、導入される新型車両を13日、報道関係者に公開しました。 公開したのは普通列車として使われる車両「H100形」で、愛称「DECMO」です。 この車両には、...


特急列車がクマ3頭と衝突 夜のJR石勝線 親グマと子グマ2頭か 北海道

2019年12月13日 hbcnews

12日夜、JR石勝線で特急列車がクマに衝突し、一部の列車に遅れが発生しました。 乗客にけがはありません。 12日午後8時半すぎ、JR石勝線の川端駅と滝ノ上駅の間で、札幌発釧路行きの特急スーパーおおぞら...


「機内で煙が出た」全日空機が新千歳空港に引き返す 客室ダクトから白い粉のようなもの 北海道

2019年12月13日 hbcnews

13日朝、新千歳空港から羽田空港に向かう全日空機の客室で煙が吹き出し全日空機は空港に引き返しました。 乗客乗員にけがはありません。 新千歳空港事務所などによりますと、新千歳発羽田行きの全日空52便が午...


「機内で煙」新千歳発の全日空機が引き返すトラブル

2019年12月13日 HTBニュース

 けさ、新千歳空港を離陸した直後の全日空機で、「機内に煙が出ている」と乗客から申告があり、新千歳空港に引き返すトラブルがありました。  新千歳空港事務所などによりますと、午前8時半すぎ、新千歳空港を離...


<朝のラッシュ時に混乱>札幌市電 架線に電線が絡まるトラブル 約1500人に影響

2019年12月13日 STV

13日朝、札幌の市電で、架線に別の電線が垂れ下がり接触するトラブルがあり、およそ1500人に影響が出ました。 (井上カメラマンリポート) 「札幌市電の架線の上に他の電線が乗っていたようで、現在交通局の...


「機内に煙のようなもの」新千歳発羽田行き全日空機 トラブルで引き返す 原因は「ほこり」 新千歳空港

2019年12月13日 STV

新千歳発羽田行きの全日空機で、離陸直後に機内のエアコンから「ほこり」が出たため新千歳に引き返すトラブルがありました。 トラブルがあったのは新千歳空港から羽田空港に向かっていたANA52便です。午前8時...


機内に大量のほこりで引き返す

2019年12月13日 NHK

13日朝、羽田空港に向けて新千歳空港を出発した全日空機の機内で、ほこりのようなものが大量に舞っているのが見つかり、離陸後まもなく新千歳空港に引き返しました。けが人はいなかったということで、全日空では...


JR北海道が2駅を来年3月廃止へ 釧網線・南弟子屈駅と根室線・古瀬駅 1日の平均乗降客2人以下

2019年12月13日 hbcnews

JR北海道が来年3月のダイヤ改正で道東の2駅を廃止する方針を固め、沿線自治体に通知したことがわかりました。 来年3月に廃止されるのは、道東の弟子屈町にある釧網線・南弟子屈駅と、白糠町の根室線・古瀬駅で...


”卒車”後の暮らしは? 定額制の乗合タクシー バスの割引利用し安く

2019年12月13日 十勝毎日新聞

 運転免許を自主返納する高齢者が十勝管内でも増えている。道警釧路方面本部によると、今年は9月末現在で1006人に上り、過去最多だった昨年(1010人)を更新することは確実だ。一方で車が日常の移動の足に...


マラソン・競歩 交通機関に影響

2019年12月13日 NHK

来年8月に札幌で開催される東京オリンピックのマラソンと競歩の期間中、JR北海道と札幌市営地下鉄は始発時間を早める方向で検討しています。一方、コース上にある市電の路面電車は一部区間で運転を見合わせるこ...


ボールパークに新駅、JR北海道が構想発表 快速は通過

2019年12月13日 朝日新聞

 JR北海道は11日、プロ野球日本ハムが北海道北広島市につくる新球場「北海道ボールパーク(BP)」に隣接する新駅の建設に80億~90億円かかるとの試算を発表した。設置を求める自治体側に全額負担を求めて...


クマと接触 特急列車に遅れ

2019年12月13日 NHK

12日夜、JR石勝線で列車がクマと接触し特急列車が最大で3時間あまり遅れる影響が出ました。 12日午後8時半すぎ、JR石勝線の川端駅と滝ノ上駅の間で札幌発、釧路行きの特急スーパーおおぞら11号が親子...


「道内企業の協力必要」 7空港民営化で日航会長

2019年12月13日 北海道新聞

 【釧路】日本航空の植木義晴会長は12日、釧路市内で北海道新聞のインタビューに答え、2020年度からの道内7空港の民営化で乗降客が増加し、地上支援業務など幅広い分野で体制整備を迫られるとした上で、労働...


高規格道、シュプールのよう 遠軽IC21日開通

2019年12月13日 北海道新聞

 【遠軽】高規格道路の旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬IC(インターチェンジ)―遠軽ICが21日午後3時に開通する。旭川から、遠軽町の白滝、丸瀬布、瀬戸瀬へと山々の間を縫うように延びてきた道路は、同町の中...


道の宿泊税 最速22年春 自民会派会合で提示

2019年12月13日 北海道新聞

 道は12日、道議会会派の自民党・道民会議に、法定外目的税「観光振興税」(宿泊税)を導入する場合は最速で2022年春となるとの想定スケジュールを示した。年内にも始める観光関係者や学識経験者らによる懇談...


宿泊税導入を検討 北広島市

2019年12月13日 北海道新聞

 【北広島】北広島市の上野正三市長は12日、市内の宿泊者を対象にした法定外目的税「宿泊税」の導入に向けた検討を始めると明らかにした。同市内では、プロ野球北海道日本ハムのボールパーク(BP)の開業やJR...


大型ホテル「ラビスタ富良野」 14日開業

2019年12月13日 北海道新聞

 全国でホテルを経営する共立メンテナンス(東京)は12日、富良野市のJR富良野駅近くに建設した大型ホテル「ラビスタ富良野ヒルズ」を14日に開業すると発表した。  地上9階建てで、客室は180室。1階に...


小樽にも無人宿泊施設 JR検討 外国人客見込む

2019年12月13日 北海道新聞

 【小樽】JR北海道は、小樽駅近くの社有地にトレーラーハウスを使った無人宿泊施設「JRモバイルイン」を開業する方向で検討に入った。札幌市内で18日に同形態の1号施設がオープン予定で、外国人観光客が多い...


開発予算補正1316億円 河川整備やTPP対策

2019年12月13日 北海道新聞

 政府は13日に閣議決定する2019年度補正予算案で、北海道開発予算は1316億円とする方針を固めた。公共事業関連費に当たる北海道開発事業費は1282億円で、過去10年の補正としては最大の12年度の2...


クマ3頭と接触し緊急停車 スーパーおおぞら

2019年12月13日 北海道新聞

 【由仁、夕張】12日午後8時40分ごろ、JR石勝線の川端(空知管内由仁町)―滝ノ上(夕張市)間を走行中の札幌発釧路行きの特急スーパーおおぞら11号(7両編成、69人乗車)が、クマ3頭と接触して緊急停...


記者会見 島田修 JR北海道社長

2019年12月13日 交通新聞

 今年1年を振り返って――  (北海道新幹線札幌延伸翌年の経営自立を目指した)長期経営ビジョン「未来2031」が4月から始まり、まさに経営再生の年であり、徹底した経営改善策を具体化する前進、そして実行...


JR北海道の年末年始予約 新幹線は微増、在来線は微減

2019年12月12日 北海道新聞

 JR北海道は12日、年末年始(27日から2020年1月5日まで)の指定席予約状況を発表した。11日現在の予約席数は、北海道新幹線が前年同期比1・5%増の4万520席。予約のピークは新函館北斗駅着が1...


「イケウチゲート」来年6月閉店 ビル建て替えか 老朽化進み耐震基準も満たしていない  札幌市

2019年12月12日 UHB

 札幌市大通地区の商業ビル「イケウチゲート」が2020年6月で閉店し、解体されることが分かりました。  小出昌範ディレクター:「三越と丸井のちょうど中間にあるイケウチゲート。札幌大通地区をけん引してき...


JR北、年末年始の指定席予約1.2%減

2019年12月12日 日本経済新聞

JR北海道が12日発表した年末年始(12月27日~2020年1月5日)の指定席予約状況(11日時点)によると、予約済み席数は前年の年末年始に比べ1.2%減の8万5329席にとどまった。新幹線は1.5...


JRイン函館、20年5月18日開業

2019年12月12日 日本経済新聞

JR北海道ホテルズ(札幌市)は2020年5月18日に、函館駅の横にビジネスホテル「JRイン函館」(215室)を開業する。ホームページでの宿泊予約の受け付けは12月12日から開始。20年夏には「JRイ...


ウポポイ開業へ記念イベントを予定 白老町など

2019年12月12日 北海道建設新聞

 2020年4月24日の民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向け、白老町などが各種記念イベントを企画している。20年1月13日には、町が白老コミュニティセンターで開業100日前記念イベントを予定。古式舞...


インフラ再考~最終部 広げようネットワーク編(1)「第2青函トンネル構想」

2019年12月12日 十勝毎日新聞

 「津軽海峡にトンネルをもう1本」  道南と青森県を海底でつなぐ青函トンネル。産学の民間を中心に、自動車走行に対応した「第2の青函トンネル」を造ろうという一大構想が動き出している。  議論の契機は北海...


総工費 市の想定大幅超過 北広島 球場新駅設置決定 民間投資の呼び込み鍵

2019年12月12日 北海道新聞

 JR北海道が11日、北広島市内に開業するプロ野球北海道日本ハムのボールパーク(BP)に隣接する新駅の整備案を公表し、北広島市も同日受け入れを表明したことで、新駅開設が実現に向けて動きだした。ただ、J...


JR北海道の鉄道運輸収入 11月は3.9%増

2019年12月12日 北海道新聞

 JR北海道は11日、11月の鉄道運輸収入(速報値)が前年同月比3・9%増の59億2500万円だったと発表した。11月中旬に札幌で行われた人気アイドルグループ「嵐」のコンサートに伴う利用が好影響を与え...


新千歳南側誘導路、1月から供用

2019年12月12日 北海道新聞

 【千歳】国土交通省新千歳空港事務所は11日、新千歳空港で建設中の南側誘導路を2020年1月24日から暫定供用すると発表した。当初は3月からの運用を想定していたが、中華圏の旧正月「春節」や、さっぽろ雪...


ウポポイ施設内テナント事業者決まる 白老の2法人が軽食販売

2019年12月12日 北海道新聞

 【白老】来年4月に開業するアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」内のテナント事業者に、町内から障害者の就労支援に取り組む社会福祉法人の「白老宏友会」と「ホープ」が選定された。両法人とも、...


宗谷線の無人駅管理 自治体に要請 JR「負担か廃止」 3月期限、悩む沿線

2019年12月12日 北海道新聞

 【幌延、豊富、稚内】JR北海道が、恒常的な赤字が続く宗谷線の無人駅について、沿線自治体などでつくる宗谷本線活性化推進協議会に、駅の維持費を負担するかどうかを来年3月までに判断するよう求めている。宗谷...


北広島の球場新駅決定 28年完成へ 総工費80億円超

2019年12月12日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は11日の記者会見で、北広島市に2023年開業予定のプロ野球北海道日本ハムのボールパーク(BP)に隣接する新駅の整備案を公表した。総工費は80億~90億円で28年春にも完成する...


北広島の新球場駅決定 28年春完成 JR案を市が受け入れ

2019年12月12日 北海道新聞

 JR北海道の島田修社長は11日の記者会見で、北広島市に2023年開業予定のプロ野球北海道日本ハムのボールパーク(BP)に隣接する新駅の整備案を公表した。総工費は80億~90億円で28年春に完成する計...


要対策土受け入れ 北斗市長会見の一問一答

2019年12月12日 北海道新聞

 北斗市の池田達雄市長の記者会見での冒頭のあいさつと、主なやりとりは次の通り。  「八雲町の要対策土の受け入れを決めたことを鉄道建設・運輸施設整備支援機構に回答した。学識経験者によるリスク評価で安全性...


北斗市長「北斗分は八雲で処分を」 要対策土受け入れ正式表明 安全対策に市が関与へ

2019年12月12日 北海道新聞

 【北斗】北海道新幹線の札幌延伸に伴うトンネル工事を巡り、池田達雄市長は11日に臨時記者会見を開き、八雲町で発生する要対策土の受け入れを正式に表明した。北斗市内で今後出る八雲町と同量の要対策土(約19...


北海道)新駅の建設費80億円超 北広島市、歓迎の意向

2019年12月12日 朝日新聞

 JR北海道は11日、プロ野球日本ハムが北海道北広島市につくる新球場「北海道ボールパーク(BP)」に隣接する新駅の建設に80億~90億円かかるとの試算を発表した。設置を求める自治体側に全額負担を求めて...


北見バスターミナルの絵柄入り付せんブック

2019年12月12日 経済の伝書鳩

15日限定…都市間バス券購入者などに 本紙読者10人に抽選で プレゼント  北海道北見バス㈱は、バスターミナルの絵柄が入ったオリジナルの付せんブックを作製。15日(日)、JR北見駅横のバスターミナルで...


JR貨物 東京─北海道間に臨時貨物列車 12月運転

2019年12月12日 交通新聞

 JR貨物は12月の旺盛な輸送ニーズに応えるため、常磐線隅田川発函館線札幌貨物ターミナル行きの下り臨時貨物列車(20両編成)を、今月17~19、24、25日に計5本運転する。また、札幌貨タ発東海道線東...


支笏湖に王子軽便鉄道ミュージアム 来月25日開業、地域の鉄道史伝える

2019年12月12日 苫小牧民報

かつて支笏湖と苫小牧を結んだ旧王子軽便鉄道(1908~51年運行)の博物館「王子軽便鉄道ミュージアム・山線湖畔驛(えき)」が来年1月25日、千歳市支笏湖温泉の支笏湖園地に開業する。館内では実物と特定さ...


北海道新幹線残土、北斗市受け入れへ

2019年12月11日 日本経済新聞

北海道新幹線の札幌延伸工事で発生する、ヒ素など有害な重金属を含む要対策土について、北斗市は11日、八雲町内で発生する分を市内で受け入れると鉄道建設・運輸施設整備支援機構に回答した。処分地周辺におけ...


残土受け入れ表明 北斗市長が記者会見

2019年12月11日 hbcnews

札幌延伸に向けた北海道新幹線のトンネル工事で、道南の八雲町から出る要対策土について、北斗市は11日受け入れを表明しました。 ほかのマチから出る残土を受け入れる自治体は2つ目になります。 北斗市の池田達...


JRが北広島に新駅設置へ

2019年12月11日 hbcnews

課題となっていた交通アクセスに道筋が見えてきました。 JR北海道は11日、2023年春に北広島に開業する北海道日本ハムファイターズのボールパークに隣接する新しい駅の案を明らかにしました。 JR北海道が...


富士通、北海道で観光客の周遊「見える化」実験

2019年12月11日 日本経済新聞

富士通は小樽市やニセコ町などの観光協会と組んで、後志地方の観光客の動きを可視化して活用する実証実験を始めた。後志地方の観光案内所や新千歳空港(千歳市)、JR札幌駅にセンサーを設け、旅行者がどういっ...


日ハム新球場近くに新駅建設へ、JR北海道と北広島市

2019年12月11日 日本経済新聞

JR北海道が11日、プロ野球・日本ハムファイターズの新球場を含むボールパーク(BP、北広島市)近くに建設する新駅の計画案を公表した。札幌市内での記者会見で島田修社長は「BP発展に必要なら協力してい...


日高線問題 映画で問う 苫小牧出身・稲塚監督が撮影開始

2019年12月11日 北海道新聞

 苫小牧市出身の映画監督稲塚秀孝さん(69)=東京在住=が、災害復旧がなされないまま大部分の廃止が検討されているJR日高線をテーマとした映画撮影を始めた。稲塚さんは「大切なライフラインをどうすれば元に...


「安全性に問題ない」北斗市"要対策土"受け入れ表明 他市町村での受け入れは2例目 北海道

2019年12月11日 UHB

 北海道新幹線のトンネル工事で発生する重金属を含む土の処分問題で、新幹線の駅を構える北海道北斗市は11日、八雲町内から出た土を受け入れると表明しました。  北斗市 池田達雄市長:「本日北斗市は八雲町の...


”ボールパーク新駅”の全貌 2027年度にも開業

2019年12月11日 HTBニュース

 北広島市に誕生する夢のボールパーク。その目の前にできる新しい駅の全貌が明らかになりました。列車10両分のホームの長さを確保し、多くの客に対応できるようにする計画です。  2023年に開業する予定のフ...


新球場近くに「新駅」設置へ

2019年12月11日 NHK

【球場新駅を設置へ】 北広島市は、プロ野球・日本ハムが新設する球場の近くに新たな駅を設ける方針を固め、今後、具体的な調整に入ることにしています。 これについてJR北海道の島田社長は11日の記者会見で...


新幹線工事土砂 北斗市受け入れ

2019年12月11日 NHK

道南の八雲町で行われている北海道新幹線のトンネル工事で出る土砂の受け入れ先が決まっていない問題で、沿線の北斗市はおよそ19万立方メートルを上限に土砂を受け入れることを表明しました。 北海道新幹線の札...


トンネル工事の「要対策土」 北斗市が受け入れ表明 北海道新幹線の札幌延伸

2019年12月11日 STV

北海道新幹線の札幌延伸に伴うトンネル工事で発生する、有害物質を含む土「要対策土」について、北斗市は八雲町の工事で発生する要対策土の受け入れを表明しました。 (北斗市 池田達雄市長) 「北斗市は、八雲町...


新幹線のトンネルの土 北斗市が受け入れへ

2019年12月11日 HTBニュース

 新幹線札幌延伸のトンネル工事で掘られて出る土の行方が各地で問題となっていますが道南の北斗市が八雲町から出る土の受け入れを表明しました。  北斗市が受け入れるのは八雲町の工事で出る鉛など重金属を含んだ...


ボールパーク隣接の“新駅”設置へ JRが計画案発表 北広島市と球団側が要望の請願駅 2027年度末開業予定

2019年12月11日 STV

ファイターズのボールパーク開業に合わせて、JR北海道が、現在の北広島駅改修とあわせて新しい駅の設置を進めることが分かりました。11日、新駅の計画案が発表され、早ければ2027年度末に開業予定だというこ...


JRがボールパーク新駅を北広島に提案へ

2019年12月11日 hbcnews

JR北海道は4年後に北広島に開業する日本ハムファイターズのボールパークに隣接する新しい駅の整備案や予算などを11日、北広島市に提案し、公表する方針です。 交通アクセスが課題となっているボールパークをめ...


北広島市 球場新駅設置の方針

2019年12月11日 NHK

北広島市は、プロ野球・日本ハムが新設する球場の近くに新たな駅を設ける方針を固め、今後どう費用を負担するかなど具体的な調整に入ることにしています。 プロ野球・日本ハムは、4年後の2023年3月に北広島...


北広島に"ボールパーク新駅"を整備へ JRが市に提案 2023年開業には間に合わず… 北海道

2019年12月11日 UHB

 北海道北広島市に開業するファイターズのボールパークに隣接する新駅について、JR北海道は整備案をまとめ市に提示しました。  費用負担などは今後調整されますが、設置は確実となります。  新駅は北広島市に...


ボールパーク新駅設置 JR北海道が発表へ

2019年12月11日 HTBニュース

 北広島市に建設が決まったファイターズの新球場を訪れる観客のために、JR北海道が千歳線に新駅を設置する方針を固めたことがわかりました。  ボールパークの開業に向けては、観客の4割近い1万3500人が来...


北広島新球場駅を整備へ JRきょう提案 市受け入れ

2019年12月11日 北海道新聞

 【北広島】JR北海道は11日、プロ野球北海道日本ハムが北広島市内に開業するボールパーク(BP)に隣接する新駅の整備案を北広島市に提示する。設置を求めていた同市は受け入れる方針で新駅の設置は確実となっ...


札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

2019年12月11日 毎日新聞

 JR北海道は18日、トレーラーハウス型の無人ホテル3室をJR琴似駅(札幌市西区)の線路脇に開業する。宿泊は1室6人までで、料金は1泊約2万~3万円。増加する外国人観光客の利用を見込んで、JR札幌駅か...


<開発予算2020>防災・救命へ道路整備を渇望 五稜道路・盤の沢道路、峰延道路4車線化 「早く開通を」

2019年12月11日 北海道新聞

 【美瑛、美唄】観光、災害対応、救急搬送などの重要なインフラとして、道路網整備は北海道開発予算の焦点の一つ。工事が長年続く道路では早期完成へ地元の期待が高まっている。  上川管内美瑛町と芦別市をつなぐ...


ニセコ 宿泊税1年先延ばし 「定額制」採用の方針

2019年12月11日 北海道新聞

 【ニセコ】後志管内ニセコ町は10日、法定外目的税「宿泊税」について、1人1泊当たり一定額を宿泊客から徴収する定額制を原則採用する方針を固めた。コンドミニアムの1室貸しなどについては定率制の併用も含め...


新千歳空港 出入国8.1%減 11月

2019年12月11日 北海道新聞

 【千歳】札幌出入国在留管理局千歳苫小牧出張所によると、11月の新千歳空港国際線の出入国者数は前年同月比8・1%減の22万7500人だった。胆振東部地震で落ち込んだ前年同月を下回った。日韓関係の悪化に...


稚内サンホテル「来秋開業」に安堵の声 群馬の業者落札 競争激化に不安も

2019年12月11日 北海道新聞

群馬県の不動産業者が落札した稚内サンホテル。JR稚内駅のすぐ北側にある 群馬県の不動産業者が落札した稚内サンホテル。JR稚内駅のすぐ北側にある  【稚内】昨年11月に自己破産した老舗観光ホテル「稚内サ...


利礼航路に新造船 ハートランド 来年2月から

2019年12月11日 北海道新聞

 ハートランドフェリー(札幌)は10日、2020年2月4日から稚内と利尻、礼文両島航路に新造船「アマポーラ宗谷」(4250トン)を就航させると発表した。同航路の新造船の就航は12年ぶり。  アマポーラ...


8月7~9日の始発繰り上げ 五輪マラソン・競歩開催 JR北海道方針

2019年12月11日 北海道新聞

 JR北海道は10日、来年8月の東京五輪マラソン・競歩の札幌開催日に、道央圏で札幌駅行きの始発列車を数時間繰り上げ、未明から早朝に運行する方針を固めた。男子50キロ競歩が午前5時半、男女マラソンがそれ...


根室線・古瀬駅 来年3月廃止

2019年12月11日 北海道新聞

 【白糠】JR北海道が来年3月予定のダイヤ改正に合わせ、釧路管内白糠町にある根室線古瀬駅を廃止する方針であることが10日、分かった。  棚野孝夫町長が同日開会した定例町議会で報告した。町によると、同社...


新幹線要対策土 八雲町分を北斗市が受け入れ

2019年12月11日 北海道新聞

 【北斗】北海道新幹線の札幌延伸に伴うトンネル工事を巡り、北斗市は10日、渡島管内八雲町内の工事で発生するヒ素など重金属を含む要対策土19万立方メートルの受け入れを決めた。2030年度末予定の札幌開業...


新幹線要対策土受け入れ 北斗市民との対話不十分 札幌開業を最優先

2019年12月11日 北海道新聞

 【北斗】八雲町の北海道新幹線トンネル工事で発生する、ヒ素などを含む要対策土を北斗市で受け入れる方針を池田達雄市長が決めたのは、新函館北斗駅という新幹線駅を有する自治体として「2030年度末を目標とす...


21日から大幅減便「重複路線利用を」 道南バス

2019年12月11日 北海道新聞

 道南バス(室蘭)は10日、21日に改正する新ダイヤを正式に発表した。運転手不足に対応するため、室蘭、登別で運行する路線バスを平日79便、土日祝日55便を減便する。同社は「路線が重複している便で対応し...


五輪マラソン・競歩開催日 地下鉄、繰り上げ検討 札幌市

2019年12月11日 北海道新聞

 来年8月の東京五輪マラソン・競歩の札幌開催日に、札幌市が市営地下鉄の始発時間を繰り上げる方向で調整していることが10日、分かった。  7日に行われる男子50キロ競歩のスタート時間は午前5時半と地下鉄...


地元の負担は利用促進のみ JR問題で鈴木知事

2019年12月11日 北海道新聞

 JR北海道の路線見直しを巡り、鈴木直道知事は10日の道議会予算特別委員会で「利用促進以外で地域に負担を求めることは受け入れられない」と述べ、道や市町村がJRの赤字補填(ほてん)や施設更新に財政支援す...


改正時刻表を13日から配布…道南バス、HPには既に掲載【室蘭】

2019年12月11日 室蘭民報

道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)は10日、21日からのダイヤ改正に伴う時刻表をホームページに掲載した。時刻表の冊子は13日からバスターミナルや営業所、乗車券販売窓口などで配布する。 ...


来年2月4日就航 ハートランドフェリー新造船アマポーラ

2019年12月11日 稚内プレス

ハートランドフェリー(本社札幌)は10日、利礼航路の新造船アマポーラ宗谷(4250㌧)を来年2月4日から就航させると発表した。 老朽化し今年10月末で勇退したフィルイーズ宗谷の代替船として建造されたア...


“沿線の負担は利用促進だけに”

2019年12月10日 NHK

厳しい経営が続くJR北海道への財政支援について、鈴木知事は、いまの国の支援が終わる再来年度以降、利用促進策のほかには沿線自治体に負担を求めないという考えを示しました。 JR北海道が石北線など8区間に...


新幹線工事土砂 反対署名を提出

2019年12月10日 NHK

北海道新幹線のトンネル工事で出る土砂の受け入れ候補地となっている札幌市手稲区の住民団体が、市に受け入れに反対する署名を提出しました。これに対し市は、ほかの候補地も検討する考えを示しました。 札幌市は...


トンネル残土「反対」で1万筆署名 別の地区でも…

2019年12月10日 HTBニュース

 新幹線の工事で出る重金属を含む土をめぐる新たな動きです。受け入れ先候補のひとつ札幌市手稲区の金山地区の住民が集めた1万筆を超える反対署名が提出されました。  10日、札幌市役所を訪れた住民団体「有害...


北海道新幹線トンネル工事の「要対策土」 受け入れ反対の署名を提出 札幌市

2019年12月10日 STV

新幹線の札幌延伸工事で出る重金属などを含む土、いわゆる「要対策土」の受け入れを巡り、候補地となっている手稲区の住民団体が市に対して、候補地の撤回を求め署名を提出しました。 (手稲区の住民団体 堀井克幸...


なつぞら効果 りくべつ鉄道が過去最高の売り上げを更新

2019年12月10日 十勝毎日新聞

 【陸別】ふるさと銀河線りくべつ鉄道(旧陸別駅構内、町商工会運営)の今期(10月27日終了)は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」の効果もあり、前年比29%増の6023人(有料)が利用した。売り上げは過...


JR駅周辺に集合住宅 当別町が立地適正化計画素案

2019年12月10日 北海道建設新聞

 当別町は、2019年度に策定する立地適正化計画の素案をまとめた。医療、福祉、商業などのサービス機能の維持、持続可能な都市経営を可能にするコンパクトなまちづくりを目指し、中心市街地の形成や居住推進など...


JR千歳線で列車がシカと衝突 10日は6本運休

2019年12月10日 北海道新聞

 9日午後10時20分ごろ、JR千歳線南千歳(千歳市)―植苗(苫小牧市)間を走行中の札幌発苫小牧行きの普通列車(6両編成、乗客60人)が、シカと衝突した。乗客乗員にけがはなかった。  JR北海道による...


稚内サンホテル落札 群馬の不動産業、来秋開業目指す

2019年12月10日 北海道新聞

 【稚内】昨年11月に自己破産したJR稚内駅近くの老舗観光ホテル「稚内サンホテル」の土地、建物を、群馬県高崎市の不動産業者「さくら不動産」が旭川地裁の競売で落札した。落札額は2669万円。同社は、建物...


外貨交換機、無人宿泊施設… JR、訪日客サービス強化

2019年12月10日 北海道新聞

18日、札幌市西区に開業するトレーラーハウスの無人宿泊施設の室内  JR北海道が訪日外国人客(インバウンド)向けサービスを強化している。札幌駅に外貨を電子マネーなどに交換できる機器を設置したほか、小型...


「なつぞら」展示拡充 帯広駅 小道具など新たに100点

2019年12月10日 北海道新聞

 JR帯広駅エスタ東館のとかち物産センターに開設されているNHK連続テレビ小説「なつぞら」の展示コーナーが9日、リニューアルされ、ロケで使った小道具など約100点が新たに加わった。  展示コーナーは、...


安全取り組み点検へ有識者委 JR北海道1月設立

2019年12月10日 北海道新聞

 JR北海道は9日、社外の有識者に鉄道の安全に関する取り組みを点検してもらう「安全アドバイザー会議」を来年1月27日に設立すると発表した。本年度から実施している5カ年計画「安全計画2023」が着実に行...


一晩限りの居酒屋「悲し別」 旧駅舎活用、有志6人企画 飲み屋なくなった上砂川で

2019年12月10日 北海道新聞

冷え込みが厳しい夜だったが、「居酒屋」となった旧上砂川駅舎内は暖かく、笑い声が漏れていた 元力士の地域おこし協力隊員大沢さん(右)が作るちゃんこ鍋が人気を集めた  【上砂川】雪がしんしんと降り続く中、...


北海道)JR北が無人ホテル 訪日客取り込みへ

2019年12月10日 朝日新聞

 JR北海道は9日、トレーラーハウス型の無人ホテル「JRモバイルイン」を報道陣に公開した。今月18日に札幌市内に第1号を開業する。ホテル事業を強化する経営再建策の一環で、増加する訪日外国人客の需要を取...


JR北函館支社など仙台駅で冬の函館観光PR

2019年12月10日 函館新聞

 【仙台】JR北海道函館支社(宮越宏幸支社長)と仙台ターミナルビル(宮城県、松崎哲士郎社長)の共同企画「函館冬旅物産市」が6~8の3日間、JR仙台駅で開かれた。冬の函館観光をPRし、新幹線を利用した来...


札幌市の宿泊税、民泊課税で一致 有識者会議

2019年12月10日 北海道新聞

 札幌市が導入を検討している法定外目的税「宿泊税」について、有識者による検討会議(委員長・平本健太北大大学院経済学研究院長)は9日の会合で、民泊を対象にすることで一致した。次回20日に徴収方法などを検...


サンホテル買い手つく 群馬の不動産業者、来年秋にも開業予定

2019年12月10日 稚内プレス

稚内駅前で40年以上営業を続け昨年11月に倒産した稚内サンホテルを群馬県の不動産業者「さくら不動産」が旭川地裁の競売で落札した。業者は建物を改修し来年秋にも新たなホテルの開業を計画している。 競売物件...


通勤・通学時間帯の地下鉄で… 混雑する車内で10代女子学生の下半身触る 65歳男逮捕 札幌市

2019年12月09日 UHB

 朝の混雑する地下鉄車内で卑劣な行為です。  札幌市営地下鉄東西線の車両の中で10代の女子学生の下半身を触ったとして、65歳の男が逮捕されました。  強制わいせつの現行犯で逮捕されたのは、札幌市中央区...


JR函館駅前に新たにホテル開業

2019年12月09日 NHK

函館市のJR函館駅前に9日新たにホテルがオープンしました。 函館市では外国人観光客の増加などを背景にホテルの建設が相次いでいて再来年度までに客室数が3割以上増加する見込みです。 9日JR函館駅の近く...


エンジン不具合、特急など4本運休 JR石北線 350人に影響

2019年12月09日 北海道新聞

 【遠軽】9日午前10時55分ごろ、オホーツク管内遠軽町のJR石北線白滝―上川間を走行中の網走発旭川行き特急大雪2号(4両編成、乗客56人)で、エンジンの温度が上昇する不具合が起きた。  JR北海道に...


JR北、鉄道の安全確保へ有識者会議

2019年12月09日 日本経済新聞

JR北海道は9日、鉄道の安全に関する取り組みを点検する外部有識者会議「安全アドバイザー会議」を設けると発表した。学識経験者3人で構成し、任期は4年程度の予定だ。2020年1月に立ち上げ、会合は年1...


日本最大級が札幌に トレーラーハウス型宿泊施設

2019年12月09日 HTBニュース

 JR北海道が来週オープンする宿泊施設。実はトレーラーハウス型の施設で、きょう内覧会が行われました。  札幌市西区のJR琴似駅の高架脇にオープンするのは、JRが手掛ける日本最大級のトレーラーハウス型の...


JR高架下に「無人化」トレーラーハウス型ホテル開業 外国人観光客や長期滞在客向けに その居心地は? 札幌市

2019年12月09日 STV

トレーラーハウスを使った新しい形のホテルが、今月札幌にオープンします。その場所は列車が走る高架橋のすぐ下。なぜなら、運営するのはJR北海道。遊休地を活かして新たな収入源を開拓する試みです。一体どんなホ...


"前から飛んできた鳥"ガラス破り運転席に…JR列車が緊急停車し部分運休も 北海道根室市

2019年12月09日 UHB

 2019年12月8日北海道根室市のJR花咲線で、走行中の列車に鳥が衝突し、運転席のガラスが割れました。この影響で一時列車に部分運休や遅れが出ました。  12月8日午後6時20分ごろ、JR花咲線釧路発...


JR北海道 無人宿泊施設開業へ

2019年12月09日 NHK

厳しい経営が続くJR北海道は、利益の拡大を目指して無人の宿泊施設を開業することになり、9日、施設の内部が公開されました。 JR北海道が新たに開業するのは、トレーラーハウスを活用した無人の宿泊施設です...


<特集>民営化見据え 進化する新千歳空港のいま

2019年12月09日 STV

12/9(月) 8:00 北海道産和牛のすき焼きやスイーツ、そしてアミューズメント施設も楽しめるのが新千歳空港です。外国人観光客が増え、ことしは、国際線ターミナルも新しくなりました。進化を続ける新千歳...


道内観光入り込み客数1580万人 外国人は過去最高

2019年12月09日 北海道建設新聞

 道経済部は、2019年度第1四半期(4―6月)の道内観光入り込み客数(実数)をまとめた。道内を訪れた観光客は1580万人と前年度同期を1.9%上回った。このうち、外国人観光客は4.4%増の64万81...


旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木敬士さん

2019年12月09日 苫小牧民報

苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道模型のレ...


網走バス「運転体験会」奏効

2019年12月09日 経済の伝書鳩

公共交通の維持に力  公共交通の運転手確保に向けた、網走バスの運転体験会が地道に効果を挙げているようだ。これまでの体験会参加者の中の数人が、同社に採用されたという。過去に参加した男性は「右左折や坂道発...


JR北海道 19年度上半期の線区別収支 ほぼ全線で収益改善

2019年12月09日 交通新聞

 JR北海道は4日、本年度第2四半期(4~9月)の線区別収支を発表した。昨年9月の台風と胆振東部地震の反動などからほぼ全線で収益は改善、札幌圏は黒字に転換した。単独では維持困難線区のうち、存続を目指す...


「北斗星」に泊まれる! 北斗・茂辺地の2両 有志団体が構想具体化 20年夏開業目指す

2019年12月08日 北海道新聞

 【北斗】市茂辺地地区の北斗星広場で保存している寝台特急列車「北斗星」の車両を簡易宿泊所(ゲストハウス)として活用する構想が具体化してきた。市民有志らでつくる団体「北斗の星に願いをプロジェクト推進委員...


いさ鉄に乗ってXマス気分 観光列車「海峡号」21日特別運行 函館駅からツアー

2019年12月08日 北海道新聞

 道南いさりび鉄道(函館、いさ鉄)は12月21日、同社の観光列車「ながまれ海峡号」を貸し切る「クリスマストレイン」を1日限定で特別運行する。地元グルメやワインなどを車内に用意する。同社は「車窓からの景...


蘭法華トンネル22年開通へ 登別・富浦町の道道 1月から通行止め、20年夏改修開始

2019年12月08日 北海道新聞

 【登別】コンクリートが落下する恐れがあるとして、今年1月から通行止めとなっている道道登別港線の蘭法華(らんぼっけ)トンネル(富浦町、117メートル)について、胆振総合振興局室蘭建設管理部は2022年...


札幌―せたな・今金 年末年始にバス 大人片道4千円、東ハイヤー運行

2019年12月08日 北海道新聞

 【せたな、今金】東ハイヤー(せたな)は、年末年始の帰省に利用してもらおうと、札幌とせたな、今金両町を結ぶバスを特別運行する。  札幌からせたな方面への便は28日から1月4日に運行。午後3時に札幌駅北...


道内7空港民営化始動 観光戦略「線」から「面」へ 友定聖二

2019年12月08日 北海道新聞

 4年間の関西支店勤務を終え、6月に8年ぶりに北海道に戻ってきた。  関西もそうだが北海道も訪日外国人客(インバウンド)は多い。道経済部観光局によると、2018年度の訪日外国人来道客数は過去最高の31...


経済発展へ次の一手を 鈴木知事がIR誘致見送り

2019年12月08日 北海道建設新聞

 「区域認定までの限られた期間で環境への適切な配慮を行うことは不可能であると判断した」。11月29日の道議会一般質問で、鈴木直道知事はカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を見送ると表明した。需要予...


函館の観光客 上半期19万人増

2019年12月08日 NHK

ことし4月から9月までに函館市を訪れた観光客はおよそ343万9000人と去年の同じ時期に比べて19万人近く増え、市は5月の改元に伴う10連休で多くの観光客が訪れたことなどが要因とみています。 函館市...


撮って残そう「釧網本線」 フォトコン作品募集

2019年12月08日 北海道建設新聞

 撮って残そう釧網線―。釧路市など沿線9市町村で構成するJR釧網本線維持活性化実行委員会は「ひがし北海道フォトコンテスト」を開催する。沿線風景などをカメラに収める行為を通じ、その魅力を内外に広くアピー...


四島ツアー「また参加したい」6割 観光庁調査 時期や移動に改善要望も

2019年12月08日 北海道新聞

 観光庁は、北方四島での日ロ共同経済活動の試験事業として実施した日本人向け観光ツアーの参加者を対象にしたアンケート結果をまとめた。四島の自然や景観に「とても満足した」「満足した」との回答が88%で、6...


ハコビバで駅前活性化を 開業記念イベント盛況 函館

2019年12月08日 北海道新聞

 住宅建設大手の大和ハウス工業(大阪市)は7日、JR函館駅前に建設した複合施設「ハコビバ」の開業記念イベントを開いた。函館巴太鼓振興会が郷土芸能の和太鼓を演奏したほか、サケ汁が振る舞われ、新たな施設を...


「映える」ラッピングバス人気 旭山動物園見学ツアー

2019年12月08日 北海道新聞

 【旭川】旭川市旭山動物園を見学するジャパンホリデートラベル(大阪)の外国人向けツアーバス(札幌発着)に園内で飼育する動物の写真をあしらったラッピングバスが導入され、人気を集めている。  魚を捕まえる...


道新幹線延伸 生コン需給逼迫 業者、供給力増強急ぐ

2019年12月08日 北海道新聞

小樽市内の生コン工場。今後の供給が懸念される 小樽市内の生コン工場。今後の供給が懸念される  北海道新幹線札幌延伸の建設現場で、生コンクリートが不足するとの懸念が広がっている。1990年代から2000...


2020開発予算 帯広・広尾自動車道 十勝港延伸 高まる期待 二階氏「年内に事業化を」

2019年12月08日 北海道新聞

 【広尾】帯広・広尾自動車道の十勝港(十勝管内広尾町)への延伸に向け、2020年度の北海道開発予算案に関連費が盛り込まれるか、地元関係者が注目している。自民党の二階俊博幹事長が6月、同町を視察した際、...


「間違って入った」飲酒運転で線路ふさぎ列車に遅れ 無職の69歳男逮捕 北海道小樽市

2019年12月07日 UHB

 北海道小樽市のJR小樽築港駅の線路に乗用車で進入したとして、警察は6日、住居不定、自称無職の男(69)を過失往来危険の現行犯で逮捕しました。  6日午後10時40分ごろ、「車が線路に入っている」と目...


新千歳空港 韓国便減で前年割れ

2019年12月07日 NHK

ことし10月に新千歳空港の国際線を利用した人の数は2か月ぶりに前の年を割り込み、韓国便の減少の影響が続いています。 新千歳空港事務所の発表によりますと、ことし10月の1か月の間に新千歳空港の国際線を...


「間違えた」小樽築港駅の線路内に車が進入

2019年12月07日 hbcnews

6日、小樽のJR函館線の線路内に乗用車が進入し、普通列車の運行に遅れが出るなどの影響がでました。 線路内に止まる1台の乗用車。 6日午後10時半過ぎ、小樽のJR函館線で乗用車が脇道から線路内に進入しま...


車が線路内に侵入して列車に遅れ 運転手を逮捕 北海道小樽市

2019年12月07日 STV

小樽市のJR小樽築港駅で6日夜、乗用車が線路内に侵入して一部の列車に遅れが出ました。警察は運転手の男を逮捕して経緯を調べています。 JR小樽築港駅の線路内に侵入して停止した乗用車の写真です。通報があっ...


JR小樽築港駅線路に車進入、列車に遅れ

2019年12月07日 北海道新聞

 【小樽】6日午後10時45分ごろ、小樽市築港のJR小樽築港駅構内で、線路内にワゴン車が進入して立ち往生しているのを通行人が見つけ、110番した。小樽署は過失往来危険の疑いで、ワゴン車を運転していた住...


「いけだワイン城」統括マネジャー 二木匡(ふたき・ただす)さん

2019年12月07日 北海道新聞

 十勝管内池田町のワイン城で、来春のリニューアル後の物販やレストラン運営などサービス全般の中核を担う一般社団法人「いけだワイン城」統括マネジャー。「大好きな北海道、それ以上に大好きな十勝で働きたいとい...


JR 収支改善の道筋依然見えず

2019年12月07日 NHK

JR北海道はことし4月から9月までの区間ごとの収支を発表し、札幌近郊では4億円余りの黒字に転換しました。しかし、ほとんどすべての区間では大幅な赤字のままで、本業の収支改善の道筋は依然として見えていま...


関空―ユジノに臨時便 エア・ドゥ検討 来年5月連休に

2019年12月07日 北海道新聞

 AIRDO(エア・ドゥ)は、ロシア・サハリン州ユジノサハリンスクと関西空港を結ぶチャーター便を2020年5月の大型連休中に運航させることを検討している。国際線利用客が国内トップクラスの関空発着とする...


<開発予算2020>大型客船誘致へ埠頭増強 函館・工事通年化、前倒しも/室蘭・ 22万トン級入港可能に

2019年12月07日 北海道新聞

 【函館、室蘭】2020年度開発予算では、観光振興に向けて大型クルーズ船の寄港地整備が注目される。工事が進む函館、室蘭両港では早期完成への期待が高まっている。  4月に4万トン級のクルーズ船の受け入れ...


紋別空港羽田便が好調 4~11月末の搭乗率5.8ポイント増 早期割の席数増、商品券が効果

2019年12月07日 北海道新聞

 【紋別】オホーツク紋別空港で唯一運航する羽田便の利用が本年度、好調だ。4~11月末の搭乗者数は昨年度同期比4438人増の5万1001人で、搭乗率は同5・8ポイント増の64・03%。早期予約割引の席数...


<ローカル線でいこう!>釧網線 湿原、流氷 雄大な自然一望

2019年12月07日 北海道新聞

 道東を走る釧網線は、東釧路(釧路市)と網走(網走市)の約166キロを結ぶJR北海道の路線です。1931年に、オホーツク海沿岸から太平洋沿岸までの全線が開通しました。釧路―東釧路間は根室線に乗り入れま...


森桟橋跡でくい250本確認 森町教委 明治の航路解明に手がかり

2019年12月07日 北海道新聞

 【森】町教委は森桟橋跡で昨年6月から今年8月までに実施した発掘調査などで、橋脚に当たるくい約250本が現存することを確認した。森桟橋跡は、函館と札幌を陸路と海路で結ぶ「札幌本道」のうち森―室蘭(森蘭...


新幹線新小樽駅のイメージ動画公開 建設期成会、市内3カ所で

2019年12月07日 北海道新聞

 北海道新幹線札幌延伸に伴い2030年度開業予定の新小樽駅(仮称)のイメージ動画が完成し、小樽市内3カ所で放映している。  小樽商工会議所などでつくる北海道新幹線建設促進小樽期成会が制作し、11月に完...


出足良い冬季観光 11月は2倍の700余人

2019年12月07日 稚内プレス

稚内冬季観光事業で11月の1カ月間、東京直行便を利用し稚内入りした首都圏からのツアーが好調だ。 稚内観光協会によると、今冬はクラブツーリズムなど大手旅行会社による集客がよく、羽田から紋別を経由して稚内...


JR北海道 懐かしの車両、入場券に―道内24駅で販売中

2019年12月07日 苫小牧民報

 JR北海道は、キハ40形気動車の写真をデザインに取り入れた記念入場券を、JR苫小牧駅を含めた道内24駅で販売している。旧日本国有鉄道時代に製造された車両で、2020年4月以降に運行を終了するため。鉄...


原告が訴えを賠償請求に変更 小樽・観光船施設訴訟

2019年12月06日 北海道新聞

 小樽市の許可を得て観光船の発着施設を建てたのに、運航開始後に市が許可を取り消した処分は不当とし、市内の観光船事業者が処分の取り消しを求めた行政訴訟の第5回口頭弁論が6日、札幌地裁(広瀬孝裁判長)であ...


間近で見た国鉄分割・民営化 問答無用のなた振るった「中曽根流」 JR九州初代社長石井氏が回顧

2019年12月06日 毎日新聞

 JR九州初代社長の石井幸孝(よしたか)氏(87)は、毎日新聞の単独インタビューに応じ、11月29日に死去した中曽根康弘元首相が断行した1987年の国鉄分割・民営化について語った。当時、石井氏は国鉄常...


地下鉄の始発繰り上げを検討 マラソン・競歩期間中

2019年12月06日 HTBニュース

 ついに決まった東京五輪のマラソン・競歩の札幌開催の日程。この競技の期間中、地下鉄の始発時間を繰り上げる方向で検討が始まっていることが関係者への取材で分かりました。  3日間のIOC(国際オリンピック...


運行車両も「クリスマス」仕様 十勝バス

2019年12月06日 十勝毎日新聞

 十勝バス(帯広市)は、車両内をクリスマス仕様に飾り付けした路線バス2台の運行を始めた。運行は25日まで。  数年前からクリスマスに合わせて実施している。クリスマス仕様の車両は帯広工業高校などを経由す...


十勝バス 深夜便今年も運行 20年目

2019年12月06日 十勝毎日新聞

 十勝バスは忘年会利用を見込み、6~21日の毎週金・土曜の6日間、帯広市内で深夜バスを運行する。全区間、片道500円で利用できる。  かじのビル前(西2南10)を午後10時半と同11時半に出発する2便...


札幌都心アクセス道路のパネル展

2019年12月06日 NHK

札幌市などが事業化を検討している札幌市中心部と札樽自動車道とを接続する「都心アクセス道路」のパネル展が札幌市で開かれています。 「都心アクセス道路」は札幌市や北海道開発局が事業化を検討している幹線道...


JR北海道が「赤字パンフレット」 低輸送密度の8線区

2019年12月06日 十勝毎日新聞

 【札幌】JR北海道は輸送密度が200人以上2000人未満の8線区を対象にした「赤字観光パンフレット」を作製した。今月中旬から対象駅や自治体に配布する。線区の現状を沿線住民に伝え、各観光地を紹介してい...


違法時間外労働430余事業所で

2019年12月06日 NHK

北海道労働局が昨年度、道内で長時間労働が疑われる事業所を調べたところ、430余りで違法な時間外労働が確認されました。 北海道労働局は昨年度、過労死などに関する労災請求があった事業所など、長時間労働が...


「東京五輪来たら北海道旅行」最多44% 政投銀・訪日客調査 2次交通網整備、急務に

2019年12月06日 北海道新聞

 日本政策投資銀行北海道支店などがまとめた2019年度の「北海道観光に関する訪日外国人旅行者の意向調査」によると、来年の東京五輪を機に「地方を旅行したい」と回答した外国人が旅行客の9割超に上り、訪問希...


<開発予算2020>吹雪でも除雪車の視界鮮明 カメラ画像処理技術実用化実験 開発局、省力化と安全確保狙う

2019年12月06日 北海道新聞

 開発局は、暴風雪や地吹雪で視界の悪い時でも除雪車の運転を可能にすることを目指し、車両に搭載したカメラの画像を鮮明にする技術の実用化を加速させる。オペレーターの高齢化や人材不足に直面する中、省力化と安...


北海道)機関車ライトアップ「しょぼい」 賛否割れる

2019年12月06日 朝日新聞

 北海道室蘭市で蒸気機関車D51のライトアップが始まった。室蘭では、観光の目玉だった工場夜景の大半が8月に消え、その代わりとして期待されている。「薄暗い雰囲気がいい」という高評価の一方、「お粗末」「し...


北海道)もっと乗って! JR北海道が赤字路線PR冊子

2019年12月06日 朝日新聞

 JR北海道は「単独では維持困難」とする赤字線区の窮状と沿線の魅力をまとめた冊子を沿線自治体などと一緒に作った。よくある観光パンフレットと思いきや、線区を維持するのに「莫大(ばくだい)な費用」がかかる...


「北の40記念入場券」発売・宗谷本線は名寄と旭川【名寄】

2019年12月06日 名寄新聞

JR北海道は、道内各地で運行するキハ40形気動車をデザインした「北の40(ヨンマル)記念入場券」を4日から道内24駅で発売。宗谷本線では名寄駅と旭川駅で販売されている。 道内のほぼ全線で活躍を続けてい...


普通列車で不具合一部区間を運休 JR苫小牧駅構内

2019年12月06日 苫小牧民報

 6日午前7時25分ごろ、JR室蘭線苫小牧駅構内に停車中の苫小牧発小樽行き普通列車(6両編成)で、車両不具合が発生した。  JR北海道によると、ドア開閉時に使用する圧縮空気が漏れる不具合。社員による点...


猛烈な"ホワイトアウト"原因? 札幌近郊で車線路上を走行… JR1時間にわたり12本運休

2019年12月05日 UHB

12月5日、北海道各地は猛吹雪に見舞われた  2019年12月5日午後、札幌近郊・当別町のJR学園都市線の線路を乗用車が走行し、一時列車に運休や遅れが出ました。猛烈な雪による"ホワイトアウト...


繁忙期の事故防止に速度順守を宣言 ハイヤー協会が総決起大会

2019年12月05日 十勝毎日新聞

 十勝地区ハイヤー協会(佐藤淳一会長)の「年末年始輸送繁忙期事故防止総決起大会」が5日、帯広市内の帯広ハイヤー本社で開かれた。  協会員ら約40人が出席。あいさつした佐藤会長は「通り慣れている道こそ注...


JR学園都市線に車進入、列車12本運休 3800人に影響

2019年12月05日 北海道新聞

 【当別】5日午後4時40分ごろ、石狩管内当別町のJR学園都市線石狩太美―石狩当別間の石狩街道踏切内の線路上に乗用車が進入した。通報を受けたJRは車を移動させるため、あいの里公園―石狩当別間で約50分...


函館「住みやすい」約65%

2019年12月05日 NHK

函館市が市民や市内の学校に通う学生などを対象に行ったアンケート調査で、住みやすさについて満足していると答えた人の割合は6割あまりにとどまっていることがわかりました。 函館市は今後のまちづくり計画の参...


道北観光ブランディングワークショップ開催

2019年12月05日 北都新聞

◆上川北部にてこ入れ  上川総合振興局主催の道北観光ブランディングワークショップ(かみかわ未来会議)が3、4日、レークハウスしゅまりないで開催された。  この日は、9つの市町村などで活躍する観光関係者...


吹雪や強風、道内の荒天続く 列車遅れやフェリー欠航

2019年12月05日 北海道新聞

 千島近海にある発達した低気圧の影響で、道内は5日も朝から各地で吹雪や強風に見舞われた。荒天は6日にかけて続く見通しで、札幌管区気象台は大雪による交通障害や、高波への注意を呼び掛けている。  気象台に...


北海道バスの都市間バスが運行1カ月 ポテトライナーに大きな影響なく

2019年12月05日 十勝毎日新聞

 北海道バス(札幌、田渕繁社長)の帯広-札幌間の都市間高速バス「帯広特急ニュースター号」の運行から1カ月が経過した。帯広営業所(帯広市西2南36)の乗降がJR帯広駅前に次いで約4割を占めており、他路線...


帯広―釧路間の営業損益拡大18億5000万円 JR北

2019年12月05日 十勝毎日新聞

 【札幌】JR北海道は4日、2019年度第2四半期(4~9月)の線区別の収支と利用状況を発表した。  根室線の帯広-釧路間(128・3キロ)は、売上高に当たる営業収益が前年同期比3200万円増の7億9...


JR北海道、札幌圏除き赤字 4~9月期 増収も修繕費膨らむ

2019年12月05日 北海道新聞

 JR北海道が4日発表した2019年4~9月期の線区別収支によると、函館線小樽―札幌などの札幌圏で本業のもうけを示す営業損益が黒字に転換し、札幌圏を除く22線区では赤字だった。昨年9月の胆振東部地震か...


岐路の鉄路)JR北、損益8億円改善

2019年12月05日 朝日新聞

 JR北海道は4日、2019年度中間期(4~9月)の線区別収支を公表した。全路線の営業損失は前年同期と比べ8億円改善し、同社は今年度から地元自治体などと取り組む利用促進策の効果が出ているとしている...


農村タクシー実証実験始まる 更別

2019年12月05日 十勝毎日新聞

 【更別】農村部の免許返納者ら高齢者の移動手段確保に向けて村が取り組む「農村地域予約運行型タクシー」の実証実験が3日、始まった。27日まで実施し、ニーズや課題を把握する。  村が今年度から3カ年で取り...


幸せの黄色いコンテナ 日航、積み荷7千個で唯一

2019年12月05日 北海道新聞

 日本航空が国内線の旅客便で使っている約7千個の貨物用コンテナにたった一つ、黄色に塗装された「幸せの黄色いコンテナ」が登場した。見掛けると幸運がもたらされるとの“都市伝説”で知られる新幹線の点検用車両...


飲み屋ない上砂川 一夜限りの居酒屋 6日に旧上砂川駅で 若者ら企画「賑やかさ思い出して」

2019年12月05日 北海道新聞

一晩限りの居酒屋「悲し別」となる旧上砂川駅と、ポスターを持つ企画メンバー 一晩限りの居酒屋「悲し別」となる旧上砂川駅と、ポスターを持つ企画メンバー  【上砂川】居酒屋やスナックといった飲み屋が一軒もな...


跨線橋の景観残して!南小樽駅で署名活動

2019年12月05日 小樽ジャーナル

 JR南小樽駅(住吉町10)のバリアフリー化に伴う工事で、桜と跨線橋の景観を残そうと、チーム「小樽の放課後」を立ち上げ、住吉町在住のシンガーソングライター花男(宮田雅斗)さんと梁川通りで店舗を営む平山...


JR北海道 19年度年末手当を回答

2019年12月05日 交通新聞

 JR北海道は11月29日、本年度の年末手当について、前年度と同じ基準内賃金の2・025カ月分を13日以降準備でき次第支給すると各組合に回答した。支給月数は3年連続変わりない。夏季手当と合わせた年間支...


函館空港で税関が年末特別警戒

2019年12月04日 NHK

外国人旅行客が増える冬の観光シーズンにあわせて、函館空港の国際線ターミナルでは、薬物などの密輸を防ごうと税関の特別警戒が4日から始まりました。 初日の4日は、函館空港の国際線ターミナルで函館税関監視...


JR北海道の収支にサプライズ、「札幌圏」が黒字転換

2019年12月04日 日本経済新聞

JR北海道が4日公表した2019年4~9月期の区間別収支状況によると、4月に廃線した石勝線の夕張支線(夕張―新夕張)を除く23区間のうち22区間が営業赤字だった。ただ、札幌市と新千歳空港(千歳市)...


JR北海道 赤字路線の利用促進策「効果として表れている」観光列車運転などで運輸収入増加

2019年12月04日 hbcnews

国の監督命令を受け、経営改革に取り組んでいるJR北海道は4日、赤字路線で実施してきた利用促進策などが一定の効果を上げていると明らかにしました。 JR北海道は、道内の赤字路線8線区でそれぞれ利用促進策な...


新千歳空港 税関が年末特別警戒

2019年12月04日 NHK

新千歳空港の税関で、覚醒剤や拳銃の取り締まりを強化する「年末特別警戒」が4日から始まりました。 道内全域を所管する函館税関は、人の移動や物流が活発になる年末の時期に主な空港などで覚醒剤や拳銃の取り締...


道内路線バス 運転手不足で減便、廃止相次ぐ 札幌圏でも動き 「企業努力にも限界」

2019年12月04日 北海道新聞

 道内の路線バス業者が12月のダイヤ改正で、運転手不足を理由に路線を相次ぎ減便、廃止する。旭川電気軌道(旭川)は旭川市内の77系統中6系統を廃止。道南バス(室蘭)も室蘭、登別市内の路線バスの2割弱とな...


豊平川決壊なら…札幌の地下街浸水 札幌開建想定 深さ最大70センチ

2019年12月04日 北海道新聞

 札幌開建は、札幌市中心部を流れる豊平川の堤防が大雨で決壊した場合の、市営地下鉄すすきの駅からさっぽろ駅にかけて広がる地下空間の浸水状況をシミュレーションした。地上につながる階段などから、歩行が困難と...


JR北海道支援「経営努力が前提」 赤羽国交相

2019年12月04日 北海道新聞

 赤羽一嘉国土交通相は3日の参院国土交通委員会で、2020年度末で期限を迎える国鉄清算事業団債務等処理法に基づくJR北海道への財政支援策について「この2年間、精いっぱい頑張ってもらいたい。しっかり結果...


簡易軌道のレール、半世紀経て帰還 ニセコ―真狩を運行、廃線後に鶴居で再活用 有島記念館「鉄道遺産、後世に」

2019年12月04日 北海道新聞

 【ニセコ】昭和初期からニセコ―真狩間で運行し、1953年に廃線となった鉄路「簡易軌道真狩線」。廃線後、釧路管内鶴居村で再活用されたものとみられるレールが、半世紀以上の時を経てニセコ町に戻り、町内の有...


石炭列車保存へ嘆願書

2019年12月04日 釧路新聞

 太平洋石炭販売輸送臨港線の跡地や石炭列車の愛称で親しまれてきた列車の観光資源化を目指し、市民有志が3日、市に対して石炭列車保存の嘆願書と市民らの署名241筆を提出した。石炭列車は、国内唯一の石炭専用...


藤建設が無償で記念碑補修 稚泊航路への縁もあって

2019年12月04日 稚内プレス

稚内~大泊(現コルサコフ市)を結んでいた稚泊航路と深い縁がある藤建設が、北防波堤ドーム前にある航路の記念碑を補修した。 この記念碑は、大正12年~昭和20年までの22年間に亘って運航された稚泊航路の歴...


香港減り前年下回る 11月外国人観光客は244人

2019年12月04日 稚内プレス

稚内観光協会は、11月中の外国人観光客の来市状況をまとめた。 団体は台湾から1本37人、香港3本104人の4本141人。個人客は中国9人、韓国4人、台湾29人、香港21人、アメリカ8人、欧州などその他...


JR北海道「いしかりライナー」廃止へ…通過駅の利用客増で各駅停車に

2019年12月03日 読売新聞

 JR北海道は来年3月のダイヤ改正で、小樽―岩見沢を結ぶ函館線の区間快速「いしかりライナー」を廃止し、各駅停車に切り替える方針を固めた。区間快速の通過駅で利用客が増えていることから、利便性の向上を図る...


函館の魚介 外国人は買ってない? 土産の好み初調査 イメージはお菓子

2019年12月03日 北海道新聞

 函館を訪れた外国人観光客は、日本人観光客に比べ、魚介類など函館の特産品を購入していない可能性が高いことが、函館市と函館大が初めて行った土産物の好みに関する調査で分かった。道央の洋菓子など北海道土産の...


スマホアプリでドライバーとマッチング 公共交通補完する移動手段確保へ 北海道斜里町で実験

2019年12月03日 hbcnews

公共交通の廃止などが進む中、車を持たない人たちの移動手段をどう確保するのか。北海道斜里町で先月から実証実験が始まりました。“地域の人の助け合い”を活用します。 今回の実証実験では、利用者が車で移動する...


JR高さ制限ゲートに車衝突

2019年12月03日 HTBニュース

 札幌市手稲区でJRの高架下にある高さ制限を示す鉄枠に大型ダンプカーが衝突し、周辺の道が一時通行止めになっています。  3日午前8時半ごろ、手稲区富丘1条6丁目で、大型ダンプカーが高架橋の下を通ろうと...


六本木で鉄道の特別展 全国各社が全面協力

2019年12月03日 北海道新聞

 鉄道ファン垂ぜんのお宝がずらり―。およそ千点の展示で鉄道文化を紹介する「特別展 天空ノ鉄道物語」が、東京・六本木の森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリーで開かれている。  JR7社をはじめ、全...


特典の付与検討 十勝のMaaS実証 鈴木知事

2019年12月03日 十勝毎日新聞

 【札幌】自民党・道民会議の村田光成氏(帯広市区)が2日の道議会一般質問で登壇し、交通やエネルギー政策などについて質問した。移動の利便性向上を図るMaaS(マース)の十勝での実証実験に関し、鈴木直道知...


上場から3年、戦略は 非鉄道事業、拡大目指す JR九州社長・青柳俊彦さん

2019年12月03日 北海道新聞

 経営基盤が脆弱(ぜいじゃく)で、JR北海道、JR四国とともに「三島会社」と呼ばれてきたJR九州が2016年10月に上場してから3年が過ぎた。JR北と同様に人口減で鉄道事業が苦戦する中、駅ビル、不動産...


快速いしかりライナー廃止 JR、来年3月 各駅停車に転換

2019年12月03日 北海道新聞

 JR北海道は来年3月のダイヤ改正で、小樽と札幌、岩見沢を結ぶ函館線の区間快速「いしかりライナー」を廃止し、各駅停車に切り替える方針を固めた。苗穂や発寒など現在通過する駅の利用者が増えていることを考慮...


札幌の「ピヴォ」周辺再開発、30年度末までに開業

2019年12月03日 北海道新聞

 商船三井グループのビル賃貸大手ダイビル(大阪)は2日、札幌市中央区南2西4の商業ビル「ピヴォ」の土地と建物を買収したと正式発表した。隣接する「ペンタグラムビル」「桂和MTビル」の土地と建物も買い取っ...


札幌で夜間遊覧飛行はいかが? 21、22、24日の3日間

2019年12月03日 北海道新聞

 北海道航空(札幌市東区丘珠町)は21、22、24日の3日間、札幌市中心部を遊覧飛行する「クリスマス札幌ナイトクルーズ」を行う。  3日間とも丘珠空港を午後4~8時に発着する。さっぽろホワイトイルミネ...


倶知安のリゾート移動、より便利に AIバスが実証運行

2019年12月03日 北海道新聞

 【倶知安】北海道運輸局は2日、国際リゾートを抱える後志管内倶知安町で、人工知能(AI)を使って効率的に配車する乗り合いバス「倶知安AIバス」の実証運行を始めた。22日までの運行期間内なら誰でも利用で...


稚内駅で本年度スタート レンタサイクル利用好調 ノシャップ岬が人気、宗谷岬往復も

2019年12月03日 北海道新聞

 【稚内】稚内観光協会が本年度から始めたJR稚内駅でのレンタサイクルの利用状況をまとめた。6月11日~10月末の期間中に219人が利用し、20~30代の男性が多かった。特に首都圏の若者の利用が目立ち、...


石炭列車の勇姿 切手に

2019年12月03日 釧路新聞

 日本郵便北海道支社は2日、太平洋石炭販売輸送臨港線(旧釧路臨港鉄道)をモチーフとしたフレーム切手の販売を開始した。釧路大町郵便局の石田広幸局長は「惜しまれて無くなった列車を、切手という形でお楽しみい...


標津町でSLをライトアップ

2019年12月02日 NHK

標津町では、かつて根室地方を走っていた蒸気機関車などを色とりどりの電球で飾りつけたイルミネーションの点灯が始まりました。 標津町では住民有志による団体が、平成元年に廃止となった標津線で使われていた蒸...


赤字路線で地域活性化 JR室蘭線で観光列車“ほろ酔い”ツアー 鉄路維持にも期待 北海道

2019年12月02日 hbcnews

地元の赤字路線を活用し地域活性化につなげる取り組みが各地で進んでいます。 今回の舞台はJR室蘭線。岩見沢の特産ワインのおもてなしで始まった、ほろ酔いツアーの狙いとは? JR室蘭線で行われた観光列車のモ...


空自千歳基地で除雪部隊 編成

2019年12月02日 NHK

本格的な雪のシーズンを迎え、航空自衛隊の千歳基地では除雪を専門とする部隊の編成式が行われました。 航空自衛隊千歳基地では毎年この時期、除雪の専門部隊として▼基地内の道路を除雪する「基地除雪隊」と、▼...


線路内に鉄道ファンの男性 列車が1時間半以上遅れる 警笛鳴らしても立ち去らず JR札沼線 北海道

2019年12月02日 hbcnews

空知の月形町のJR札沼線・豊ヶ岡駅で、男性が線路内に立ち入り列車の運行が1時間半以上遅れるトラブルがあったことがわかりました。 JR北海道によりますと、11月30日午後6時半ごろ、男性がJR豊ヶ岡駅...


列車内で急病人発生 JR2本運休、500人に影響

2019年12月02日 北海道新聞

 2日午前7時45分ごろ、札幌市厚別区厚別中央5の4のJR厚別駅から、同市白石区平和通3のJR白石駅に向けて走行していた岩見沢発小樽行き普通列車(6両編成)の車内で急病人が発生し、救急搬送のため白石駅...


函館駅隣に複合商業施設「ハコビバ」開業

2019年12月02日 朝日新聞

 JR函館駅の北隣に複合商業施設「HAKOVIVA(ハコビバ)」が1日、開業した。北海道函館市とJR北海道の土地を貸し出し、大和ハウス工業(大阪市)が約50億円を投資、再開発した。3棟の建物からなり、...


ひらふエリアのリゾート開発に規制 ベッド数に上限設定へ

2019年12月02日 北海道建設新聞

 倶知安町は27日に開いた観光振興計画・観光地マスタープラン策定検討会で、リゾート開発が進むひらふエリアについて、エリア全体のベッド数に上限を設け、規制・調整する考えを示した。  町の調査では、同エリ...


増毛町長自らガイド、好評 札幌発着で町内バスツアー

2019年12月02日 北海道新聞

 【増毛】堀雅志町長が自らバスガイドを務め、町の魅力をPRするツアーが1日、初めて町内で行われた。札幌発着の日帰りで40人が参加し、北海道遺産に指定されている木造の旧増毛小や日本最北の酒蔵「国稀酒造」...


北見で公共交通シンポジウム

2019年12月02日 経済の伝書鳩

津別町出身・為国 孝敏さんが講演 年に1回でもバスに乗ってみて 「利用増には意識改革が必要」  持続可能な公共交通と暮らし・地域を考える、北見市主催の公共交通シンポジウムが11月27日、市内のホテル黒...


更別で路線バスが路外逸脱し横転 2人軽傷

2019年12月02日 北海道新聞

 【更別】1日午後7時ごろ、十勝管内更別村更別南6線の国道で、十勝バス(帯広)の路線バスが路外に逸脱して横転し、乗客2人が膝を打撲するなどの軽傷を負った。  帯広署によると当時、路面はブラックアイスバ...


函館駅前に複合商業施設オープン

2019年12月01日 NHK

JR函館駅前に、新たな複合商業施設がオープンしました。 ホテルに土産物店や飲食店が併設していて、新たな観光拠点として期待されています。 1日、JR函館駅前にオープンしたのは大手住宅メーカーが開発した...


道東道のワイヤロープ設置 3割、29㎞が完了

2019年12月01日 北海道建設新聞

 東日本高速道路北海道支社は、道東自動車道暫定2車線区間でワイヤロープの設置を進めているが、21日時点で全体の約3割に当たる約29㌔の施工が完了した。音更帯広IC―池田IC間などで夜間工事を実施してお...


ニセコ複合施設1日開業 アンヌプリ周辺で初の大型開発

2019年12月01日 北海道新聞

 【ニセコ】香港系の不動産開発会社「アンヌプリガーデン」は1日、マンション型と戸建て型のコンドミニアム(分譲別荘)と、飲食店などが入る棟を備えた複合施設を、後志管内ニセコ町のニセコアンヌプリ国際スキー...


ハコビバ1日開業 函館山での夜景観賞後に一杯

2019年12月01日 北海道新聞

 【函館】住宅建設大手の大和ハウス工業(大阪)は30日、JR函館駅前に1日に開業する複合施設「ハコビバ」の報道機関向け内覧会を開いた。北洋漁業で栄えた昭和の函館の街並みを再現した「函館駅前横丁」を午後...


観光列車モニターツアー 岩見沢―苫小牧 沿線を満喫

2019年12月01日 北海道新聞

 【岩見沢】道内の観光列車の可能性を探るモニターツアー「『花の恵み号』で行く室蘭線」が30日、JR室蘭線の苫小牧―岩見沢間で行われた。道内外から参加した計37人が沿線の観光地や特産品、歓迎セレモニーな...


線路で撮影?列車98分遅らす 札沼線・豊ケ岡駅 警笛にも立ち去らず

2019年12月01日 北海道新聞

 【月形】30日午後6時25分ごろ、空知管内月形町のJR札沼線豊ケ岡駅構内で、線路上に男性が侵入しているのを石狩当別発浦臼行き普通列車(1両)の運転士が発見した。警笛を鳴らしても立ち退かず、この列車の...


緑跨線橋、2年ぶり開通 苫小牧中心部の幹線道路

2019年12月01日 北海道新聞

 2017年12月から架け替え工事をしていた、苫小牧市中心部にある国道276号の緑跨線橋(こせんきょう)(音羽町2―新中野町3)が30日、2年ぶりに開通した。線路で区切られた南北をつなぐ幹線道路の通行...


お得に湯治、豊富温泉活況 道内唯一利用料、交通費が税控除 アトピー患者ら全国から続々

2019年11月30日 北海道新聞

 【豊富】宗谷管内豊富町営の日帰り温泉施設「豊富温泉ふれあいセンター」は道内で唯一、温泉利用料と往復交通費が税控除対象となる厚生労働省の「温泉利用型健康増進施設」に認定されている。昨年の税控除対象者は...


小樽港構想検討委が再開

2019年11月30日 北海道建設新聞

 小樽港長期構想検討委員会が25日から、2016年8月以来、約3年ぶりに再開した。今回の港湾計画改定は、物流・観光・安全の強化が目的だが、観光面に目を向けると、世界的なクルーズ船観光の需要の高まりを受...


雪に感激 ツアー 冬季観光で30人稚内入り

2019年11月30日 稚内プレス

冬季観光で東京など本州からの観光客だけでなく海外からのツアー客も稚内入りしている。 30日朝、香港からのツアー客30人余りが北防波堤ドームに立ち寄っていた。バス運転手によると、1週間ほどの日程で道内を...


白老駅北のインフォメーションセンターが来月完成へ

2019年11月30日 室蘭民報

白老駅北観光商業ゾーンの中核施設となるインフォメーションセンターが12月に完成する。象徴空間「ウポポイ」が開業する来年4月に運営を開始する。白老町議会議員14人が29日、視察した。 発注は白老町。平...


新幹線トンネル工事の“土”受け入れ先 秋元札幌市長 小規模でも新候補地「探す必要ある」 北海道

2019年11月29日 hbcnews

北海道新幹線のトンネル工事で出る土の受け入れ候補地について、札幌市の秋元市長は29日、規模を小さくしてでも新たな候補地を探す必要があるという考えを示しました。 新幹線のトンネル工事で出るヒ素や鉛などを...


新幹線渡島トンネル上二股の安全祈願 清水などJV

2019年11月29日 北海道建設新聞

 北海道新幹線渡島トンネル上二股工区を施工する、清水建設・岩倉建設・新谷建設・高橋組共同体は22日、八雲町内の仮設ヤードで安全祈願を行った。発注者や工事関係者、来賓ら約100人が出席し、無事故無災害で...


20年度事業費、18億円措置を 観光機構が知事に要望

2019年11月29日 北海道新聞

 北海道観光振興機構の堰八義博会長は28日、2020年度の同機構の事業費として、欧米で人気の体験型観光「アドベンチャートラベル」の推進など本年度比15・0%増の18億5千万円を予算措置するよう求める要...


新千歳空港ビル内への物品配送 エア・ウォーターに順次集約へ

2019年11月29日 北海道新聞

 【千歳】新千歳空港ビルを運営する新千歳空港ターミナルビルディング(千歳)は12月1日から来年1月にかけて、ビル内への物品配送を順次集約する。土産店など約190店舗に商品などを届ける納品業者に代わり、...


道、宿泊税制度検討へ有識者会議設置へ

2019年11月29日 北海道新聞

 道は、導入を検討している法定外目的税「観光振興税」(宿泊税)について、観光関係者や学識経験者などによる有識者会議を設置する方針を決めた。制度設計に観光事業者らの意見を反映させる狙い。  道は宿泊客か...


小樽市が宿泊税導入へ 21年度施行目指す

2019年11月29日 北海道新聞

 【小樽】小樽市は28日、導入に向けて検討している法定外目的税「観光税」の税目について、宿泊客が対象の「宿泊税」とする方針を固めた。定額制か定率制かといった課税方式や使途などの制度設計を1年かけて検討...


北海道)根室線復旧に3カ月 富良野―東鹿越は来月再開

2019年11月29日 朝日新聞

 JR北海道は28日、重機の接触事故で運転を見合わせている根室線(芦別―東鹿越)のうち、芦別―富良野の運転再開に3カ月程度かかるとの見通しを発表した。線路に損傷がない富良野―東鹿越は、車両確保のメドが...


上期観光入込客数発表 小樽市長定例会見

2019年11月29日 小樽ジャーナル

 小樽市は、11月29日(金)11:00から、市役所(花園2)2階市長応接室で、市長定例記者会見を開き、例年になく増えている火災の状況と令和元年度上期の観光入込客数等を発表した。  例年になく多発...