北海道の交通関係

北海道交通関係報道

管理者が気になった北海道の交通関係(航空・新幹線・地下鉄・市電・JR・道路交通等)報道をあつめたものです。
媒体名は各記事へのリンクになっていますが、リンク先が掲載期間終了などで無くなっている場合、また、有料記事などで閲覧できない場合があります。
検索入力: 以降 まで
かな・漢字対応(スペースで複数項目)

133件見つかりました

路線価上昇、地元不満も 倶知安6年で14倍 固定資産税が急増

2020年07月02日 北海道新聞

 国税庁が1日発表した2020年の路線価では、リゾート投資が盛んな後志管内倶知安町の上昇率が6年連続で全国一となり、価格はこの間、14倍に膨れあがった。固定資産税の増加につながる地価上昇が止まらず、古...


羽田便20年、華やかに 紋別空港 搭乗客に記念品

2020年07月02日 北海道新聞

 【紋別】オホーツク紋別空港を発着する全日空(ANA)の羽田―紋別便の就航20年を祝う記念フライトが1日行われ、搭乗客らに記念品が手渡された。  正午すぎ、機体に花柄の塗装をあしらった羽田発便が紋別空...


密なし 新たなバス旅続々 どうみん割開始 追い風に 窓開けレトロ気分 訪問ゆっくり

2020年07月02日 北海道新聞

 新型コロナウイルスの影響で軒並み中止となっていたバスツアーが、道民の道内旅行に助成する「どうみん割」を追い風に再開し始めた。各旅行会社とも「3密」を避けるため、車内でのマスク着用を義務づけたり、窓が...


道内路線価3.7%上昇 倶知安上昇率50%、全国一

2020年07月02日 北海道新聞

 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年1月1日時点の路線価を発表した。オフィスやホテル需要が堅調な札幌がけん引し、道内の標準宅地は3・7%上がり5年連続の上昇。ニセコ地域の後志管内倶...


丘珠滑走路延長 2000メートルへ延伸提言 道経連、札幌市に

2020年07月01日 北海道新聞

 道経連の真弓明彦会長は1日、丘珠空港(札幌市東区)の滑走路を現行より500メートル以上長い2千メートル以上に延伸することなどを求める報告書と提言書をまとめ、札幌市の秋元克広市長に提出した。  報告書...


通常ダイヤに戻るも車内販売まだ

2020年07月01日 NHK

JR北海道は、新型コロナウイルスの影響で減便していた特急列車を1日から通常ダイヤに戻しました。一方、石北線の沿線自治体が中心となって行っていた特急列車の車内販売は通常ダイヤに戻っても再開できていませ...


紋別〜羽田線20年で記念式典

2020年07月01日 NHK

紋別と東京・羽田を結ぶ航空路線が就航してから20年となり、1日、オホーツク紋別空港で記念の式典が行われました。 オホーツク紋別空港と東京・羽田を結ぶ航空路線は、平成12年7月に就航を開始してから1日...


ふるさと納税で「塩狩駅」維持へ

2020年07月01日 NHK

三浦綾子の小説「塩狩峠」にちなんで知られるJR宗谷線の塩狩駅について地元の和寒町は来年の春以降、ふるさと納税による寄付金を活用して維持管理を行う方針で積極的な寄付を呼びかけています。 JR塩狩駅は、...


丘珠ー静岡線2か月ぶり運航再開

2020年07月01日 NHK

新型コロナウイルスの影響で運休していた丘珠空港と静岡空港を結ぶ路線が1日、およそ2か月ぶりに運航を再開しました。 丘珠空港と静岡空港を結ぶ路線はFDA・フジドリームエアラインズが毎年3月下旬から10...


「どうみん割」の利用始まる

2020年07月01日 NHK

道民が道内を旅行する場合にかぎって、旅行代金を1泊あたり最大1万円を割り引く「どうみん割」。先月28日から販売が始まりましたが、完売するところが相次いでいます。 その利用が1日からできるようになりま...


東急「ロイヤルEX」、北海道デビューは3回に縮小

2020年07月01日 日本経済新聞

東急とJR北海道は北海道を周遊する夏の観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス(EX)」の運行回数を2020年は3回に減らすと発表した。北海道での初運行の今年は当初、5回を予定していた。新型コロナウイルス対...


広域移動徐々に回復 JRとJALが減便縮小

2020年07月01日 十勝毎日新聞

 JR北海道と日本航空(JAL)は1日、新型コロナウイルスの影響で実施していた減便を緩和した。JRは札幌-帯広間の特急列車を通常運行に戻し、JALは帯広-東京線の午前中の便の運航を始めた。広域移動の本...


北海道の路線価5年連続プラス、全国1位も最下位も

2020年07月01日 日本経済新聞

札幌国税局は1日、2020年1月1日時点の路線価を発表した。北海道にある約1万5400地点の前年比の平均上昇率は3.7%と5年連続でプラスとなり、伸び率も全国平均(1.6%)を上回った。リゾート地のニ...


きたひろしま総合運動公園線の3橋 設計案が判明

2020年07月01日 北海道建設新聞

ボールパークへのアクセス道 最長の2号橋は330m  札幌建管がきたひろしま総合運動公園線で整備を計画している橋梁3基の設計案が明らかになった。いずれも鋼橋で、橋長は1号橋が5径間の245m、2号橋が...


ウポポイ 修学旅行予約が急増

2020年07月01日 NHK

7月、白老町にオープンするアイヌ文化の発信拠点「ウポポイ」に、修学旅行の予約を申し込む道内の学校が急増しています。 7月12日に白老町にオープンするアイヌ文化の発信拠点「ウポポイ」をめぐって、政府や...


植苗地区高級リゾート計画 大幅見直しへ-MAプラットフォーム

2020年07月01日 苫小牧民報

 投資会社のMAプラットフォーム(東京)は6月30日、苫小牧市植苗地区で進める高級リゾート計画について、新型コロナウイルスの影響を考慮して大幅に見直す方針を明らかにした。外国人富裕層向けの高級リゾート...


JR北海道 北海道新幹線 木古内―新函館北斗間の高架橋区間で旅客移乗訓練

2020年07月01日 交通新聞

 JR北海道は6月19日未明、北海道新幹線木古内―新函館北斗間の高架橋区間で「北海道新幹線車両間の旅客移乗訓練」を実施した。同線本線上での旅客移乗訓練は2015年12月以来で、開業後は初めて。 ...


運営権対価支払い延期 北海道エアポート 大幅減収見込み

2020年06月30日 北海道新聞

 【千歳】道内7空港を一括運営する北海道エアポート(HAP、千歳市)は30日、昨年8月の会社設立後初となる株主総会を新千歳空港内で開いた。蒲生猛社長は総会後の記者会見で、民営化による国への運営権対価の...


観光列車「ロイヤル」、来夏も道内で運行 コロナで今夏の一部ツアー取りやめ

2020年06月30日 北海道新聞

 東急(東京)とJR北海道は30日、今夏に連携して道内で初めて運行する豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」を来夏も道内で運行すると発表した。今夏は新型コロナウイルス感染症の影響で準備が遅れたため、...


北海道エアポート最終赤字45億円、20年3月期決算

2020年06月30日 日本経済新聞

新千歳空港(北海道千歳市)など北海道7空港の経営を引き継いだ北海道エアポート(HAP、同市)が30日にまとめた2020年3月期決算(単体)は、最終損益が45億円の赤字だった。新千歳空港の完全民営化は2...


JAL、7月17~31日の減便率は36%に低下

2020年06月30日 日本経済新聞

日本航空(JAL)は6月30日、7月17~31日に北海道内発着の941便を減便すると発表した。当初の運航計画の36%が運休となる。そのうち733便が新千歳空港発着の路線。1~16日の期間の減便率47...


士別レトロバス運行開始 道内外からファン利用

2020年06月30日 北海道新聞

 【士別】昭和期のレトロな雰囲気を漂わせる路線バスとして人気の「モノコックバス」が、新型コロナウイルスに伴う国の緊急事態宣言の解除を受けて今季も運行を始め、道内外からバスマニアが訪れている。  白とえ...


新千歳空港ビル 3月期決算増収減益

2020年06月30日 北海道新聞

 【千歳】新千歳空港ターミナルビルディング(千歳)は29日、千歳市内で株主総会を開き、2020年3月期の決算を承認した。売上高は前期比0・7%増の663億3千万円、本業のもうけを示す営業利益は15・1...


<オホーツクREPORT>紋別空港、羽田線就航20年 補助奏功し年7万人が利用 8市町村結束 地域支える医師の足にも

2020年06月30日 北海道新聞

 【紋別】オホーツク紋別空港に羽田線が就航し、7月1日で20年になる。搭乗率低迷で一時経由便となり、存続が危ぶまれたが、住民への運賃補助などの下支えが奏功。近年は安定して年7万人以上が利用する。観光や...


「どうみん割」混乱も 店頭予約開始 売り切れ続出

2020年06月30日 北海道新聞

 道内の旅行会社各社は29日、道民の道内旅行を最大1万円助成する「どうみん割」の店舗窓口での販売予約を始めた。ツアー申し込みに予約が殺到するなどの反響があり、道はホームページでの説明に追われたほか、旅...


ニセコの高級旅館12月開業 新日本海フェリー系「楽 水山」 1泊11万円から 30日予約開始

2020年06月30日 北海道新聞

 【倶知安】新日本海フェリー(大阪)のグループ会社、オーセントホテルズ(小樽)は後志管内倶知安町樺山に建設中の高級旅館を12月に開業する。旅館名は「楽(らく) 水山(すいさん)」で、30日からホームペ...


JR北への財政支援、21年度以降も継続を 立憲・国民のWT要望

2020年06月30日 北海道新聞

 立憲民主党と国民民主党のJR関連ワーキングチーム(WT)は29日、JR北海道に対する国の財政支援を2021年度以降も継続することなどを求める連名の要望書を国土交通省に提出した。  国は19年度から同...


「札幌貨物ターミナル駅」に大和ハウス・JR貨物が150億円投じ大型物流施設

2020年06月30日 リアルエコノミー

 大和ハウス工業(本社・大阪市北区)とJR貨物(同・東京都渋谷区)は、2020年7月1日から札幌市白石区の「札幌貨物ターミナル駅」構内に東北・北海道で最大となるマルチテナント型物流施設「DPL札幌...


JR札幌駅北口通路の「ドトール」「てもみん」など閉店、新幹線開業工事に向け立ち退き

2020年06月30日 リアルエコノミー

 北海道新幹線札幌延伸に伴うJR札幌駅のエリア拡張工事のため、駅北口通路の店舗が6月30日で相次いで閉店する。北口広場のシンボルアーチ撤去工事も始まっており、2030年度札幌延伸に向けた北海道新幹...


宿泊+体験観光で帰りのフェリー無料 奥尻町が7月からキャンペーン

2020年06月29日 北海道新聞

 【奥尻】檜山管内奥尻町は7月1日から、町内に宿泊し、町内の体験型観光を利用したフェリー乗船客の帰りの2等運賃(2910円)を無料にするキャンペーンを行う。  江差―奥尻を結ぶハートランドフェリー(札...


美瑛町 宿泊値引きで観光客誘致

2020年06月29日 NHK

新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた宿泊業などを支援しようと、上川の美瑛町は町内のホテルやペンションに泊まる場合、1泊につき3000円を値引きする取り組みを始めることになりました。 「びえい割」と...


新幹線トンネル残土受け入れ 手稲山口で不安の声

2020年06月29日 HTBニュース

2020/06/29(月) 19:04 掲載  北海道新幹線のトンネル工事の残土の受け入れ先について、札幌市は新たな受け入れ先候補として手稲区の山口地区を選びました。住民には懸念が広がっています。  ...


どうみん割 即日完売の旅館も

2020年06月29日 NHK

道民の道内旅行にかぎって旅行代金を1泊あたり最大1万円割り引く「どうみん割」の販売が始まりました。 「どうみん割り」は、電話やインターネットなどで対象となっている宿泊施設や旅行会社、アウトドア事業者...


19年度の札幌市の観光客数、5年ぶり減

2020年06月29日 日本経済新聞

札幌市は29日、2019年度の市内の観光客数が18年度比4%(約58万2000人)減の約1526万4000人だったと発表した。前年度を下回るのは5年ぶり。10連休だったゴールデンウイーク(GW)の影響...


青春のD51、大事に磨く 遠軽国鉄・JRのOBが清掃

2020年06月29日 北海道新聞

 【遠軽】旧国鉄やJRの退職者でつくるJR労組遠軽支部OB会(高橋登美男会長)は27日、瞰望岩(がんぼういわ)下の公設グラウンドに保存されている蒸気機関車(SL)の清掃を行った。  毎年5、9月に実施...


北海道)「どうみん割」販売スタート 道サイトに一覧表

2020年06月29日 朝日新聞

 北海道民に限定して道が宿泊費などを最大1万円補助する「どうみん割」の旅行商品の販売が28日、宿泊施設や旅行会社などで始まった。道のウェブサイト(http://www.pref.hokkaido.lg...


「要対策土」の候補地、手稲山口地区も反発

2020年06月29日 朝日新聞

新幹線工事巡り札幌で住民説明会  北海道新幹線の札樽トンネル掘削工事で発生する「要対策土」受け入れ候補地となる手稲山口地区(札幌市手稲区)を対象とした住民説明会が27日、あった。約20人の参加者からは...


樺太への玄関口、にぎわい再現 藤建設「稚内港駅」模型を市に寄贈 社員の日向寺さん製作

2020年06月29日 北海道新聞

 【稚内】市内の建設会社、藤建設が、かつて稚内と樺太・大泊(コルサコフ)を結んでいた頃、鉄道駅と乗船駅の機能を持っていた「稚内港駅」の模型を市に寄贈した。模型製作を趣味にしている日向寺(ひゅうがじ)和...


「コロナ落ち着いたら旅に来て」花咲線サイトで魅力発信【根室】

2020年06月29日 根室新聞

 根室市はJR花咲線存続に向けたブランド再構築事業「地球探索鉄道花咲線」のウェブサイト( https://www.hanasaki-line.com/archive/ )にこれまで作成した夏、冬版のポ...


札幌開業に影響も…新幹線残土候補地で住民説明会 住民は反発 残土の行方は

2020年06月29日 STV

札幌開業の時期に影響が出る可能性も指摘されています。新幹線工事の残土問題をめぐり、新たな受け入れ候補地となった札幌の手稲山口地区で説明会が開かれ、住民から反対意見が相次ぎました。 (地元住民) 「なん...


JR貨物・大和ハウス工業 「DPL札幌レールゲート」の地鎮祭

2020年06月29日 交通新聞

 JR貨物と大和ハウス工業(大阪市北区)が、函館線札幌貨物ターミナル駅(札幌市白石区)構内の一部を再開発し、マルチテナント型物流施設「DPL札幌レールゲート」を新たに建設するプロジェクトが7月1日に着...


土砂受け入れ 来月にも環境調査

2020年06月28日 NHK

北海道新幹線のトンネル工事で出る土砂の受け入れ地として新たに選ばれた札幌市手稲区の山口地区で住民説明会が開かれ、市などは来月にも環境への影響を確認する調査を行う考えを示しました。 この住民説明会は、...


札沼線への感謝をポスターに 全国から「見送り写真」280枚 新十津川駅などに掲示

2020年06月28日 北海道新聞

 【新十津川】5月に一部区間が廃止されたJR札沼線への感謝の気持ちを形にしようと、町などは「ありがとう札沼線」と書かれた手旗を持って撮影した全国からの「見送り写真」280枚をまとめたポスターを作った。...


新幹線工事の要対策土受け入れ候補 山口処理場、事前調査へ 札幌市、住民説明会で方針

2020年06月28日 北海道新聞

 北海道新幹線札樽トンネル(全長26・2キロ)の掘削工事で発生するヒ素などの重金属を含む「要対策土」について、札幌市は27日、市内3カ所目の受け入れ候補地に選定した札幌市手稲区のごみ最終処分場「山口処...


鉄道の安全願い 新地蔵尊 開眼式 殉職者を供養【新得】

2020年06月28日 十勝毎日新聞

 鉄道殉職者を供養するため、新得町の狩勝峠展望台に建てられた「狩勝峠地蔵尊」が新しくなり、24日に開眼式が行われた。  地蔵尊は1933年2月、前年に旧狩勝線・狩勝トンネルで雪崩に巻き込まれて殉職した...


トンネル残土受け入れで3ヵ所目候補 住民に説明

2020年06月27日 HTBニュース

 札幌市は、新幹線の工事で出る重金属を含むトンネル残土の3ヵ所目の受け入れ先候補として手稲区の山口地区を選び、27日、住民に対する説明会を開きました。  手稲区山口地区で開かれた説明会には住民およそ2...


落雷?で通信装置に不具合 室蘭線で特急など7本運休

2020年06月27日 北海道新聞

 【伊達】27日午前3時半ごろ、伊達市のJR室蘭線伊達紋別駅構内の通信装置に不具合が発生し、長万部駅―東室蘭駅間で運転を見合わせた。JR北海道は、通信装置に落雷があったとみて調べている。  装置の部品...


札沼線の歴史を映像に 浦臼、月形町が制作 9月の完成目指す

2020年06月27日 北海道新聞

 【浦臼、月形】浦臼と月形の両町は共同で、5月に廃止となったJR札沼線北海道医療大学―新十津川間の記録映像を作成している。85年にわたる同線と両町の歴史を残そうと昨年から始めた2カ年事業で、9月末まで...


特急がシカと衝突 けが人なし

2020年06月26日 北海道新聞

 26日午後5時5分ごろ、JR函館線滝川(滝川市)―砂川(砂川市)間を走行中の旭川発札幌行き特急ライラック34号(6両編成、乗客78人)がシカと衝突し、緊急停車した。乗員乗客にけがはなかった。JR北海...


北海道の奥尻島、7~10月の帰りのフェリー無料に

2020年06月26日 日本経済新聞

北海道奥尻町は7~10月、江差港(江差町)からのフェリーで奥尻島を訪れる旅行者のうち先着1000人を対象に、帰りの2等運賃(2910円)を無料にする。島で1泊以上滞在し、体験プログラムに参加することが...


ファーストクラスに上川大雪、JALの国内線で採用

2020年06月26日 日本経済新聞

日本航空(JAL)は上川大雪酒造(北海道上川町)の日本酒を7月に国内線ファーストクラスで提供すると発表した。2019年8月に初採用されて以来、提供は今回で3回目。銘柄は「上川大雪 純米大吟醸 きたしず...


「安易」と「攻め」

2020年06月26日 北海道新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大がJR北海道の経営難に拍車をかけ、同社が単独では維持するのが難しいとする8区間の先行きに暗い影を落としている。  「安易な路線廃止などにより地域に負担を転嫁することはあっ...


「コロナ後」鉄道重要 根室線存続求める会

2020年06月26日 十勝毎日新聞

 【新得】住民有志でつくる「根室本線の災害復旧と存続を求める会」(平=ひら=良則代表)は25日、新得労働会館で打ち合わせ会議を開いた。新型コロナウイルスによって鉄道の重要性は増しているとし、各方面への...


7月13日から帯広特急ニュースター号を増便 北海道バス

2020年06月26日 十勝毎日新聞

 北海道バス(札幌市)は7月13日、札幌-帯広間の帯広特急ニュースター号を6往復(通常5往復)に増便する。全便が新たに帯広三条高校前に停車、一部便は清水町を経由する。  同社は新型コロナウイルスの感染...


来月から札幌宿泊キャンペーン

2020年06月26日 NHK

新型コロナウイルスで落ち込んだ観光客を増やそうと、札幌市内の宿泊施設に泊まった道民に抽せんで航空券や食事券が当たるキャンペーンが来月から始まります。 札幌市は地元の観光協会や商工会議所と連携して新型...


JR北広島駅西口の開発事業者を8月に募集へ

2020年06月26日 北海道建設新聞

ボールパーク開業に向けアクセス拠点整備  北広島市は、JR北広島駅西口開発を担う事業者を、早ければ8月に公募型プロポーザルで募集する。これに先立ち、同上旬に企業選定委員会を設置する考えで、公募条件など...


ラフィラ跡地に複合ビル建設へ

2020年06月26日 NHK

5月に閉店した札幌市の繁華街すすきの地区の商業施設「ススキノラフィラ」の跡地に映画館やホテル、小売店が入居する複合ビルが建設されることになりました。 「ススキノラフィラ」は、札幌市の繁華街すすきの地...


善意での再生工事が本格化 道内最古、国の文化財 旧士幌線アーチ橋梁【上士幌】

2020年06月26日 十勝毎日新聞

 国の登録有形文化財に指定されている旧国鉄士幌線・第三音更川橋梁(きょうりょう)の補修工事が本格化している。NPOひがし大雪アーチ橋友の会(那須襄太郎代表)が集めた寄付金と、町のふるさと納税の指定寄付...


宗谷バス稚内札幌間の都市間バス来月1日から2便再運行 

2020年06月26日 稚内プレス

 宗谷バスは、新型コロナウイルスにより運休していた稚内札幌間の都市間バスの一部の便を7月1日から再開する。再運行するのは稚内発午前8時半と札幌発午後5時の2便。  稚内発午後4時40分と午後11時、札...


【ニュース】 東急不動産など、「ススキノラフィラ」跡地で複合開発計画を始動、ホテル・シネマコンプレックス・商業店舗等で構成する複合施設を予定 北海道札幌市

2020年06月26日 遊都総研

東急不動産株式会社(東京都渋谷区、岡田正志社長)は、株式会社竹中工務店(大阪市中央区、佐々木正人社長)・株式会社イトーヨーカ堂(東京都千代田区、三枝富博社長)、株式会社アインファーマシーズ(札幌市白石...


宿泊予約キャンセルで補償要望

2020年06月25日 NHK

千歳市のホテルに入っていた宿泊予約およそ1万5000泊分がキャンセルされたのは道の要請のためだとして、ホテルの複数の事業者が25日、道に対して補償や支援を求めました。 25日、千歳市内の6つのホテル...


1泊3千円分のクーポン券 美瑛町が来月配布 「ノロッコ号」運行に合わせ

2020年06月25日 北海道新聞

 【美瑛】町は、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けた観光の振興策として、1泊3千円分の宿泊クーポン券を7月18日から独自に発行する。  クーポン券は町内のホテルや旅館、ペンションの約50施設で利用...


「どうみん割」発売急きょ延期 28日正午から

2020年06月25日 HTBニュース

 新型コロナウイルスで打撃を受けた観光業界を支援するため、25日から始まる予定だった「どうみん割」の販売が急きょ延期されました。  25日から販売が始まる予定だった「どうみん割」は、道民が道内のホテ...


「どうみん割」の販売開始延期に

2020年06月25日 NHK

道民の道内旅行に限って旅行代金を1泊あたり最大1万円割り引く「どうみん割」について、道は、宿泊事業者からの申請書類を再確認する必要が生じたとして、25日から予定していた販売開始を28日まで延期すると...


臨時列車はやぶさ 8、9月に運行へ JR北海道

2020年06月25日 北海道新聞

 JR北海道は24日、新型コロナウイルスの感染拡大による需要減を受け、運行を見合わせていた北海道新幹線東京―新函館北斗間の臨時列車「はやぶさ」を8、9月に運行すると発表した。例年は7~9月に運行してい...


JRタワー時短営業緩和へ

2020年06月25日 北海道新聞

 札幌駅総合開発は24日、新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮しているJRタワーについて、7月1日から時短営業を緩和すると発表した。物販は一部店舗を除き午前10時~午後9時、飲食は午前11時~午後...


貨物駅物流施設で地鎮祭 札幌レールゲート 来月着工

2020年06月25日 北海道新聞

 JR貨物と大和ハウス工業(大阪)が札幌市白石区の札幌貨物ターミナル駅敷地内に計画する物流施設「DPL札幌レールゲート」の建設工事の地鎮祭が24日、建設予定地で行われた。  施設は鉄筋コンクリート3階...


塩狩駅維持にふるさと納税 和寒町 返礼品に独自カード

2020年06月25日 北海道新聞

 【和寒】町は、来年度から町負担で維持する方針のJR宗谷線塩狩駅について、ふるさと納税を活用した資金集めを行っている。寄付者が選ぶ寄付金の使い道に塩狩駅維持の項目を設け、返礼品には独自に制作した「塩狩...


旧増毛駅入場券レプリカ 2年で2000枚突破 購入者は高倉健さん後輩 「髪のお守り」土産に人気

2020年06月25日 北海道新聞

 【増毛】JR旧増毛駅の硬券入場券レプリカの販売が23日、2千枚を突破した。販売開始からちょうど2年。故高倉健さん主演の映画「駅 STATION」のロケに使われた駅前観光案内所だけで販売しており、記念...


<みなぶん>2018年12月開通の後志道 1年半で補修4回も

2020年06月25日 北海道新聞

 「開通したばかりなのに、なぜ舗装を補修してるの?」。北海道横断自動車道の小樽ジャンクション(JCT)―余市インターチェンジ(IC)間(後志道)を今月上旬、車で走行した札幌市の30代女性から、「みなぶ...


湖に浮かび沈む「幻の橋」、崩れるまでの今を撮る

2020年06月25日 日本経済新聞

1年の半分は湖に沈む「幻の橋」。札幌から車で約4時間、北海道十勝地方の上士幌町にあるタウシュベツ川橋梁の写真を、2005年から撮り続けている。撮りためた写真は自費出版を含む4冊の写真集に加え、東京や札...


【ニュース】 大和ハウス工業とJR貨物、「札幌貨物ターミナル」駅構内でマルチテナント型物流施設「DPL札幌レールゲート」を7月1日に着工、東北・北海道最大の物流施設 北海道札幌市

2020年06月25日 遊都総研

大和ハウス工業株式会社(大阪市北区、芳井敬一社長)と日本貨物鉄道株式会社(東京都渋谷区、真貝康一社長)は、「札幌貨物ターミナル」駅(札幌市白石区)構内で、両社の共同事業によるマルチテナント型物流施設「...


JR北海道 20年度夏季手当を回答

2020年06月25日 交通新聞

 JR北海道は19日、本年度の夏季手当について、基準内賃金の1・79カ月分を7月3日以降準備でき次第支給すると各組合に回答した。昨年度実績(2・01カ月)を0・22カ月下回り、会社発足以来最低となる。...


JR北海道 7月18日から「富良野・美瑛キャンペーン」

2020年06月25日 交通新聞

 富良野線全通120周年記念企画も  JR北海道は7月18日から、北海道の富良野・美瑛エリアに観光誘客を図る「富良野・美瑛キャンペーン」を実施する。富良野・美瑛広域観光推進協議会との共催で9月30日ま...


札幌の「駅ナカ物流」着工へ、JR貨物など150億円投資

2020年06月24日 日本経済新聞

JR貨物と大和ハウス工業は24日、2022年に稼働させる札幌貨物ターミナル駅(札幌市)内の大型物流施設「DPL札幌レールゲート(RG)」を7月に着工すると発表した。総投資額は約150億円。現在は手薄な...


AIRDO、7月の減便率は3割に低下

2020年06月24日 日本経済新聞

AIRDO(札幌市)は24日、7月1~31日に計624便を減便すると発表した。当初計画に対する減便率は32%となる見込みで、6月の減便率55%から23ポイント低下する。都道府県をまたいだ移動の自粛要請...


JR北海道が夏の臨時便、「ラベンダーエクスプレス」も

2020年06月24日 日本経済新聞

JR北海道は24日、8月と9月の臨時便の運転計画を発表した。指定席販売を休止していた北海道新幹線「はやぶさ」(東京―新函館北斗間)の臨時便は8月の数日間、往復合わせて5便ほどを運行する。夏の観光客向け...


鉄道貨物駅に大型物流倉庫整備へ

2020年06月24日 NHK

札幌市の貨物鉄道専用の駅で、道内最大規模の大型物流倉庫の工事が来月から始まります。運送会社が荷物を仕分けるコストや時間が削減でき、貨物鉄道の利便性を改善するねらいです。 新たな倉庫はJR貨物と大手住...


道が百年記念塔の現状を公開 解体へ理解求める

2020年06月24日 北海道建設新聞

老朽化で部材、さび片落下  道は20日、老朽化のため解体を計画する北海道百年記念塔[MAP↗]を報道機関に公開した。道の担当者は、13mの高さから落下した鉄製部材や、塔内外の壁から剥落したさび片が堆積...


地元に照準、集客作戦 道内観光地、移動制限解除受け 定山渓、登別、釧路…クーポンやツアー割引

2020年06月24日 北海道新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大打撃を受けた道内各地の温泉街や自治体などが、観光客誘致に乗り出し始めた。主に地元客を対象に、温泉街で使えるクーポン券の配布や宿泊割引などを企画。政府や道が求めて...


交通体系グランドデザイン 野村副会頭が解説 帯商地域開発委

2020年06月24日 十勝毎日新聞

 帯広商工会議所の地域開発委員会(柴田隆視委員長)が16日、帯広市内の帯広経済センタービル(西3南9)で開かれた。帯広圏交通体系グランドデザインのソフト部分に関し、野村文吾副会頭が解説した。  帯広圏...


十勝バス 4カ月ぶりのバスツアーを7月に企画 十勝在住者向けのツアー

2020年06月24日 十勝毎日新聞

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)は7、8月に「とかち花めぐりバスツアー」を企画している。参加者は十勝管内在住者限定で、現在参加者を募集している。バスツアーは新型コロナウイルスの影響で、2月以降は実施...


アーチ橋に感謝の看板 上士幌町

2020年06月24日 NHK

十勝の上士幌町にある国の登録有形文化財で、この春に補修工事が始まった旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋に、工事の実現のために寄せられた全国からの寄付に感謝する看板が取り付けられました。 この橋は「旧...


新幹線残土の新候補地で説明会へ

2020年06月24日 NHK

北海道新幹線のトンネルの工事で出る土砂の受け入れ地が決まっていない問題で札幌市と鉄道・運輸機構は、札幌市手稲区のごみ処理場を候補地として新たに選び、今月27日から住民説明会を開くことにしています。 ...


道南バス、1億7300万円の赤字 3月期決算、コロナで団体客減

2020年06月24日 室蘭民報

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)は23日、2020年(令和2年)3月期決算を発表した。...


ピーチが釧路―成田就航 8月から1日1往復

2020年06月24日 北海道新聞

 【釧路】格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は23日、釧路―成田線を8月1日に開設すると発表した。釧路空港発着の新規路線は同社が2018年8月に就航した関西線以来、2年ぶり...


日ハムBP敷地内にキャンプ場整備 北広島市が計画案説明

2020年06月24日 北海道新聞

 【北広島】北広島市は23日、2023年に市内で開業するプロ野球北海道日本ハムの新球場などのボールパーク(BP)について、球団側が23~26年に整備する南東地区の配置計画を示した。豪華なキャンプを行う...


「ミガキ隊」初のSL清掃に汗 室蘭

2020年06月24日 北海道新聞

 4月に結成した室蘭の市民グループ「D51(デゴイチ)ミガキ隊」が23日、旧室蘭駅舎横の蒸気機関車(SL)白鳥号を清掃した。  ミガキ隊は、清掃を通じてSLに愛着を持ってほしいと市が募集。新型コロナウ...


日ハム新球場 子供、高齢者無料化検討 FSE・前沢本部長、トーク番組で発言

2020年06月24日 北海道新聞

 プロ野球北海道日本ハムの「北海道ボールパークFビレッジ」(BP)を建設している「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」(札幌、FSE)の前沢賢事業統轄本部長は22日、2023年3月に開業する新球...


道南バス、コロナ響き8期ぶり赤字 室蘭

2020年06月23日 北海道新聞

 【室蘭】道南バス(室蘭)が23日発表した2020年3月期決算は、純損失が1億7300万円(前期は1200万円の黒字)と8期ぶりの赤字となった。新型コロナウイルスの感染拡大で2、3月の利用客が激減した...


JR千歳線普通列車が異音で停止 サッポロビール庭園―長都間

2020年06月23日 北海道新聞

 【恵庭】23日午後3時40分ごろ、JR千歳線のサッポロビール庭園(恵庭市)―長都(千歳市)間を走行していた小樽発苫小牧行き普通列車の乗務員が異音を聞き、列車を停止させた。車両や線路を点検し、支障がな...


ピーチが8月から釧路ー成田運航

2020年06月23日 NHK

LCC=格安航空会社のピーチ・アビエーションは、釧路空港と成田空港を結ぶ定期便を8月から運航することになりました。 運航を始めるのは釧路空港と成田空港をおよそ2時間で結ぶピーチ・アビエーションの定期...


コロナリスクの中 修学旅行は

2020年06月23日 NHK

道教育委員会は、新型コロナウイルスへの感染リスクを抑えるため子どもたちの修学旅行の行き先を道内で検討するよう各教育委員会に呼びかけています。これと連動して、道も、修学旅行を道内に誘致しようと、新しい...


ニセコ町の宿泊税条例制定を延期 片山町長が方針示す

2020年06月23日 北海道建設新聞

 ニセコ町の片山健也町長は18日の第2回定例町議会一般質問で、宿泊税導入に向け2021年3月に予定していた関連条例制定を延期する方針を示した。新型コロナウイルス感染症の影響で宿泊事業者との協議が進んで...


修学旅行は東北 七飯町教委決定

2020年06月23日 NHK

道南の七飯町の教育委員会は町内の小中学校の修学旅行の行き先を道内ではなく、東北地方とすることを決めました。道央圏で引き続き新型コロナウイルスの感染者が確認されていることなどを理由に挙げています。 道...


室蘭の「D51ミガキ隊」始動

2020年06月23日 NHK

室蘭市が保存している蒸気機関車「D51」のメンテナンスが23日から始まり、ボランティアの鉄道ファンが丁寧に車体を磨きました。 室蘭市は昭和49年まで道内の炭鉱から室蘭港に石炭を運んでいた蒸気機関車「...


どうみん割7月開始 最大1万円引き5連泊まで

2020年06月23日 北海道新聞

 Q 新型コロナウイルスの影響を受けた観光事業者を支援する「どうみん割」が7月から始まりますね。  A 道民に限定して旅行代金を最大で半額割り引く道の制度です。北海道の観光客の85%を占める道民にター...


新千歳国内線利用者 過去最少に

2020年06月23日 NHK

5月に新千歳空港で国内線を利用した人の数は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で11万人余りと、統計を取り始めて以来最も少なくなりました。 新千歳空港を運営する「北海道エアポート」のまとめによります...


登別「ホテル平安」6月末で閉館 コロナで利用客激減

2020年06月23日 北海道新聞

 【登別】登別市内中心部唯一で、創業約40年のビジネスホテル「ホテル平安」(24室)を運営する上田商事(登別市、上田朗大社長)は22日、同ホテルを6月末で閉館すると明らかにした。新型コロナウイルスの影...


「ホテル平安」今月末閉館 コロナ廃業、登別で初 「今後の会合どうすれば」

2020年06月23日 北海道新聞

 【登別】市内中心部唯一のビジネスホテル「ホテル平安」が、6月末で閉館することになった。市によると、新型コロナウイルス感染拡大が主な原因となり廃業する事業所は、市内では初めて。市は危機感を強め、会合な...


新会長の小磯氏、コロナ後変革に意欲 道観光振興

2020年06月23日 北海道新聞

 北海道観光振興機構の新会長に22日就任した小磯修二氏(72)は、5代目の会長にして初の学識経験者となる。新型コロナウイルスの感染拡大で、道内観光がかつてない大打撃を受ける中、観光関係者からは、小磯氏...


修学旅行先「東北地方が安全」 七飯町教委が方針 道教委通知は「道内検討を」

2020年06月23日 北海道新聞

 【七飯】渡島管内七飯町教委は22日、本年度の町内の小中学校の修学旅行先を東北地方とする方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染収束が見えない中、道教委は道外への移動を避けるべきだとして修学旅行先...


花咲線テーマにコラボ展 旅情誘う写真とパステル画【根室】

2020年06月23日 根室新聞

花咲線をテーマに鈴木さんの写真と小泉さんのパステル画がコラボした展示会。同じシーンの写真とパステル画を手に「表現の違いを楽しんで」と、来場を呼び掛ける  「花咲線の風」と題した写真とパステル画のコラボ...


厚床駅ギャラリーに「駅ピアノ」【根室】

2020年06月23日 根室新聞

 今年3月にリニューアルしたJR厚床駅の「NEMURO FOOTPATH GALLERY」を管理運営する厚床と別当賀の若手酪農家による「AB―MOBIT」(代表・馬場晶一さん)はこのほど、旧和田小学校...


ワイン城改修 コロナ禍でも一定の効果【池田】

2020年06月23日 十勝毎日新聞

 週末にリニューアルオープンした池田・ワイン城の来場者数は20、21日の2日間で、昨年同時期比の2倍以上となる計3750人に達した。町から来場者サービス(来場者数の管理含む)を受託している一般社団法人...


釧路交通、定額輸送サービス開始

2020年06月23日 釧路新聞

 釧路交通(星が浦大通5、山田俊三社長)は23日、釧路空港と釧路駅周辺をタクシーで定額輸送するサービ...


急病人でJR運休、950人に影響

2020年06月22日 北海道新聞

 【江別】22日午後6時50分ごろ、江別市豊幌美咲町のJR函館線豊幌駅ホームで急病人が発生。同駅に到着した小樽発岩見沢行き普通列車(6両編成)の車掌が救急車の手配などに当たり、出発が約30分遅れたほか...


新会長に小磯氏就任 北海道観光振興機構

2020年06月22日 北海道新聞

 北海道観光振興機構(札幌)は22日、本年度の通常総会後に理事会を札幌市内で開き、任期満了で退任する堰八義博会長(65)=北海道銀行会長=の後任に、北大公共政策大学院客員教授の小磯修二氏(72)を選ん...


JAL 機内で北見の魅力PRへ

2020年06月22日 NHK

日本航空は来月から期間を区切って、国内線のファーストクラスに北見の特産品を使った夕食を提供するといった地元の魅力を発信する取り組みを行うことになりました。 22日午前、日本航空の赤坂祐二社長と北見市...


北海道観光振興機構の小磯新会長「魅力高める契機に」

2020年06月22日 日本経済新聞

北海道観光振興機構は22日、札幌市内で開いた通常総会後の理事会で、北海道大学客員教授の小磯修二氏を会長に決めた。小磯氏は理事会後、「新たな体制で力を合わせて取り組みたい。これまでの活動の経験を少しでも...


JR北が特急おおぞらの割引開始前倒し

2020年06月22日 日本経済新聞

JR北海道は札幌~釧路間をつなぐ特急「おおぞら」の料金割引開始時期を、当初予定の9月1日から7月18日に繰り上げると発表した。終了時期は11月末までと据え置いた。乗車1カ月前の午前10時~13日前の午...


温泉地、にぎわい徐々に 移動制限解除後初の週末 洞爺湖、ホテルほぼ満室 登別、市外から車続々

2020年06月22日 北海道新聞

 【洞爺湖、壮瞥、登別温泉】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府や道が求めていた移動制限が解除されて初の週末を迎えた。洞爺湖と登別の両温泉地では、札幌ナンバーの車が行き交い、商店街にも少しずつに...


新千歳、客足少しずつ 自粛解除初日

2020年06月22日 朝日新聞

各社、減便減らす  新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための移動の自粛要請が全面解除された19日、北海道の空の玄関、新千歳空港は解除前に比べ利用客の姿が目立った。だが、以前のにぎわいにはほど遠く、空...


JR北海道 第33回定時株主総会

2020年06月22日 交通新聞

 JR北海道の第33回定時株主総会が18日に開催された。総会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から書面決議により実施。事業報告、取締役選任などの各議案が、株主の鉄道建設・運輸施設整備支援機構に承認...


【私の視点 観光羅針盤 244】旅育推進キャンペーン 北海道大学観光学高等研究センター特別招聘教授 石森秀三

2020年06月22日 観光経済新聞

 政府は約1兆7千億円を投入して、観光需要喚起策「Go To キャンペーン」を実施予定であった。しかし国会で委託費用をめぐって紛糾し実施が滞っている。一方、北海道は7月から23億円を投入し...


函館市民向けバスツアーに補助金

2020年06月21日 NHK

函館市は観光客の需要が減少しているバス会社を支援するため市民向けの日帰りバスツアーを実施する事業者に対して1回あたり15万円の補助金を支給することになりました。 新型コロナウイルスの影響で観光客が減...


特急おおぞら割引購入前倒しへ

2020年06月21日 NHK

JR北海道は緊急事態宣言の解除を受けて来月18日から札幌と釧路を結ぶ特急「おおぞら」の割引キャンペーンを当初の予定より前倒しで始め、利用の促進を図ることにしています。 JR北海道は来月18日からこと...


厚真町に交流拠点施設オープン

2020年06月21日 NHK

おととしの胆振東部地震で受けた大きな被害からの復興を進めている厚真町で町民の新たな交流拠点となる施設がオープンしました。 厚真町京町の1番地に新たにオープンしたのは「イチカラ」と名付けられた施設でま...


道内にぎわい再び 制限解除、初の週末

2020年06月21日 北海道新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府や道が求めてきた移動制限が解除されて初の週末となった20日、道内各地の駅や空港は、お預けとなっていた旅行や友人らとの再会を果たそうとする道内外の人たちが行...


【横内龍三さん】北海道経済と走り16年最後に物申す

2020年06月21日 北海道新聞

 北洋銀行頭取や北海道経済同友会(道同友会)代表幹事などを歴任した横内龍三さん(75)が今月末で同行顧問を退任し、道内経済界から事実上引退する。来道から16年、空港民営化や北極海航路の推進などにも尽力...


北海道)池田町のワイン城、リニューアルオープン

2020年06月21日 朝日新聞

 北海道池田町の観光施設「ワイン城」(町ブドウ・ブドウ酒研究所)の改修工事が終了し、20日、リニューアルオープンした。当初は大型連休前の4月26日を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で、延期にな...


十勝バス 座席間に飛沫防止パネルを設置

2020年06月20日 十勝毎日新聞

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)は、路線バスの座席の前後に飛まつ防止用のパネル設置を進めている。全車での配備を目指している。  同社は4月から運転手席の仕切り設置や、最前列の座席の使用停止などを路線...


萌えキャラで発信 沿岸バス

2020年06月20日 北海道新聞

 札幌駅前ターミナルを出発するバスの中に、鮮やかなイラストがひときわ目を引く車体があった。道北の日本海沿岸などで運行する沿岸バス(留萌管内羽幌町、出口治康社長)だ。少女キャラクターを生かした独自路線で...


往来制限解除で道内も本格再開

2020年06月20日 NHK

札幌市やほかの都府県との往来の制限が解除されたことを受けて、道内の交通機関や店舗などで社会経済活動が本格的に再開することになりました。感染拡大防止との両立が求められています。 道は新型コロナウイルス...


手稲・山口処理場を候補に 新幹線工事 要対策土受け入れ地

2020年06月20日 北海道新聞

 北海道新幹線札樽トンネル(小樽―札幌、全長26・2キロ)の掘削工事で発生するヒ素などの重金属を含む「要対策土」について、札幌市と建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、札幌市手稲区のごみ最終処分...


70歳以上の室蘭市民対象 ワンコインパス、来月1日から 路線バス1年間、1回100円 健康維持へ「外出楽しんで」

2020年06月20日 北海道新聞

 室蘭市は22日から、70歳以上の市民を対象に、市内の路線バスを1回100円で利用できる「ワンコインパス」を3千円で発売する。利用は7月1日からで、有効期間は1年間。市は「買い物や通院などに活用して積...


全国移動解禁 道内観光そろり 訪日増えず「地道に」

2020年06月20日 北海道新聞

 政府による首都圏、北海道とその他の地域をまたぐ移動の自粛要請が解除された19日、道内の観光地には客足回復への期待が広がった。一方で「海外観光客の増加も見込めず、以前の状況にすぐには戻らない」と冷静に...


新千歳の旅客数 国内線は93%減 5月

2020年06月20日 北海道新聞

 【千歳】北海道エアポート(HAP、千歳)が19日発表した新千歳空港の航空概況によると、国内線の5月の旅客数は前年同月比93・7%減の11万697人で、4カ月連続で前年を下回った。国際線は2カ月連続で...


千歳便旅客、87%減751人 羽田便、来月末まで運休 稚内空港5月

2020年06月20日 北海道新聞

 【稚内】市が発表した5月の稚内空港の概況によると、旅客数は千歳便で前年同月比87・4%減の751人で、羽田便は全便運休だった。新型コロナウイルスの感染収束が見通せない中、羽田便は7月までの運休が決ま...


68年分の感謝伝える 札幌第一ホテル、20日最後の営業 総出でおもてなし

2020年06月20日 北海道新聞

 札幌市中央区の「札幌第一ホテル」(米沢佳晃社長)が20日の営業を最後に創業68年の歴史に幕を下ろす。新型コロナウイルスの猛威に直面し決断した。地元客に愛された老舗ホテルの全70室は予約でほぼ満室。米...


岩部クルーズ/横綱記念館/トンネル記念館 福島観光無料化、客足戻る 来月以降の料金 検討中

2020年06月20日 北海道新聞

 【福島】道による新型コロナウイルス対策の休業要請が全面解除されたことを受け、町が今月1日から実施していた町営の観光施設・事業の無料化により、各施設などの利用が順調に回復している。来館者が前年同月の実...


移動制限緩和後初の週末 新千歳空港は利用客が戻る 

2020年06月20日 STV

他都府県との移動制限が19日に解除され、初の週末を迎えた新千歳空港は徐々に利用客を取り戻しつつあります。 他都府県と北海道をつなぐ新千歳空港です。移動制限が解除されて初めて迎える週末、さっそく本州方面...


開成建設工業に駅舎移設で感謝状

2020年06月20日 釧路新聞

 今年3月に廃止となった旧JR南弟子屈駅の駅舎を郷土資料として活用するため、釧路圏摩周観光文化センタ...