北海道の交通関係

札幌市営地下鉄開業50周年記念、おなかの出っ張り解消に沿線を歩いてみる(平岸-中島公園)

2022/01/05

1971年に開業した札幌市営地下鉄南北線を南側から沿線を徒歩で見てきています。地上高架区間であった南平岸までの区間と違って、地下区間に入ると、地上にあまり目標物もなくて寂しい感じがいたします。

前回の記事

札幌市営地下鉄開業50周年記念、おなかの出っ張り解消に沿線を歩いてみる(澄川-平岸)
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=1102



平岸-中の島

白石・中の島通りを歩く形になります。比較的急な下り坂で降りていきますと精進川を渡ります。この精進川、自衛隊前駅の下も流れており、放水路の形で豊平川に注ぐためにこの中の島地区では水量が少なくなっています。
橋の少なかった時代、中の島は「中島」と言われて本当に島だったわけで、今のマンションが建ち並ぶ様子からは想像できない光景だったようです。中の島といえば「中の島ブルース」ですが、札幌で活動していたアローナイツが札幌の中の島を舞台に作り、その後メジャーデビュー時に大阪と長崎を加えた「中の島ブルース」となったという話もあります。こちらのサイトではない話ですね。
昨今はマンションが建ち並ぶこの地区も、少し離れればちょっと前までホテル街でありました。中の島ブルースに歌われる赤いネオンはそれなのでしょうか。

坂を下りると駅が見えてきました。中の島通りとの交差点に駅があります。


中の島駅

現在は交差点の四隅に出入口が設けられていますが、エレベータ設置の関係で、建設当初は真駒内方面の1番出口を1970年建設の中の島ビル、大通・麻生方面の2番出口を1971年建設の中の島ステーションビルに設置していました。その後土地を取得し2008年に2番出口に、2011年に1番出口にエレベータ建屋が設けられています。
中の島駅構内案内図
中の島駅構内案内図
2番出口側が見える中の島通りと白石・中の島通りの交差点
2番出口側が見える中の島通りと白石・中の島通りの交差点

1番出口・1番ホーム真駒内方面

2011年に新設されたエレベータ建屋です。角地ではなく、少し豊平側にあり、あまり目立ちません。
1番出口のエレベータ建屋
1番出口のエレベータ建屋
地下鉄建設とほぼ同時に作られた中の島ビルには以前から地下鉄駅直結のスーパーが営業していました。大手流通系に属さない「SHOPS」というミニスーパーでしたが2012年にマックスバリュエクスプレスとして転換されています。ここからは階段のみとなりますが、地下鉄が比較的浅いところを走ることもあり、利便が高そうです。
豊平川の堤防に対して低い位置にあるため、駅出口には氾濫に備えた止水板が設置されています。
中の島駅1番出口はマックスバリュの入る中の島ビルにある
中の島駅1番出口はマックスバリュの入る中の島ビルにある
中の島駅の少し古めかしい駅看板
中の島駅の少し古めかしい駅看板
中の島駅出口には止水板が常備されている
中の島駅出口には止水板が常備されている
中の島駅1番出口の出口案内
中の島駅1番出口の出口案内
中の島駅1番出口側の券売機・エレベータ
中の島駅1番出口側の券売機・エレベータ
中の島駅1番出口側改札口(改札外から)
中の島駅1番出口側改札口(改札外から)
中の島駅1番出口側改札口(改札内から)
中の島駅1番出口側改札口(改札内から)
1番出口側にはトイレや駅事務室の設備はありません。
中の島駅1番ホーム真駒内方面
中の島駅1番ホーム真駒内方面
中の島駅連絡通路
中の島駅連絡通路
ホームはほぼ直線です。改札口に隣接して2番ホーム大通・麻生方面への連絡通路が設置されています。この連絡通路は階段のみです。

2番出口・2番ホーム大通・麻生方面

平岸駅同様比較的浅い位置を走ることもあって、出口は方面別に分かれています。交差点を挟んで点対称に出口が設けられているのは他の駅でも見られますね。
中の島駅2番出口エレベータ建屋
中の島駅2番出口エレベータ建屋
エレベータも含めて交差点4方向に出口ができたのは利便性の面では良い面です。
中の島駅2番出口は中の島ステーションビルにある
中の島駅2番出口は中の島ステーションビルにある
2番出口側に駅事務室とトイレが設置されています。
中の島駅2番出口の出口案内・トイレ
中の島駅2番出口の出口案内・トイレ
中の島駅2番出口の多目的トイレ
中の島駅2番出口の多目的トイレ
中の島駅2番出口の券売機
中の島駅2番出口の券売機
中の島駅2番出口側改札口(改札外から)
中の島駅2番出口側改札口(改札外から)
中の島駅2番出口側改札口(改札内から)
中の島駅2番出口側改札口(改札内から)
中の島駅2番ホーム大通・麻生方面
中の島駅2番ホーム大通・麻生方面
中の島駅の駅名標
中の島駅の駅名標

駅近くに自転車駐輪に関する警告看板があります。「札幌市」や「さっぽろ市」という表記はよく見かけますが「サッポロ市」は珍しいと思います。
中の島駅の警告看板
中の島駅の警告看板


中の島-幌平橋

駅からすでに豊平側にかかる幌平橋が見えています。この橋は1927年(昭和2年)に個人が私財でかけた橋が最初となります。現在の橋は1995年に架け替えられた4代目の橋になります。歩道部にアーチ状の展望台がありますが冬期間は使用できません。広く取られている歩道は姉妹都市であるアメリカオレゴン州のポートランドからポートランド広場と名付けられています。
幌平橋(中野島側から)
幌平橋(中野島側から)
幌平橋看板
幌平橋看板
幌平橋から見る豊平川
幌平橋から見る豊平川
その幌平橋の手前に中の島変電所があります。真駒内から数えて3番目の変電所になります。
中の島変電所
中の島変電所
中の島変電所
中の島変電所
(すっかり忘れていたので翌週に撮影)

幌平橋駅

橋を渡ると幌平橋駅です。この区間は営業キロとしても500mですので、非常に短い区間になっています。出口は2箇所で1994年にエレベータ建屋が新設されています。
幌平橋駅エレベータ建屋と1番出口
幌平橋駅エレベータ建屋と1番出口
幌平橋駅1番出口
幌平橋駅1番出口
幌平橋駅2番出口
幌平橋駅2番出口

駅構内

この駅はコンコースがあり、切符売り場、改札が1箇所にまとめられています。
幌平橋駅1番出口案内
幌平橋駅1番出口案内
幌平橋駅2番出口案内
幌平橋駅2番出口案内
幌平橋駅券売機
幌平橋駅券売機
幌平橋駅改札口(改札外から)
幌平橋駅改札口(改札外から)
幌平橋駅改札口(改札内から)
幌平橋駅改札口(改札内から)
なお、トイレは多目的トイレが改札外エレベータ棟内地下に、一般用は改札内コンコースにあります。
幌平橋駅1番ホーム真駒内方面
幌平橋駅1番ホーム真駒内方面
幌平橋駅2番ホーム大通・麻生方面
幌平橋駅2番ホーム大通・麻生方面
幌平橋駅中の島側には防水壁があるはずです
幌平橋駅中の島側には防水壁があるはずです
豊平川氾濫時にトンネル内の水没を防ぐための防水壁がトンネル内に設置されています。ホーム端からは案内軌条の切れ込みでそれとわかりますが、壁そのものは上部から降りてきますので通常見えません。
幌平橋駅改札内の壁画
幌平橋駅改札内の壁画
幌平橋駅駅名標
幌平橋駅駅名標
駅構内にモザイクタイルの壁画があるのは面白いですね。あまり他の駅では見かけない装飾だと思います。
幌平橋駅2番出口市電乗換案内
幌平橋駅2番出口市電乗換案内
幌平橋駅からは市電に乗り継ぎができます。指定停留所は静修学園前で、約550mほどあります。市電との乗り継ぎは乗継券を購入することで割引が行われます。またSAPICAなどのICカードでは自動で割引料金で利用が可能です。
幌平橋駅中島公園側ホーム端
幌平橋駅中島公園側ホーム端
幌平橋駅非常出口
幌平橋駅非常出口
幌平橋駅には2008年に緊急時専用の避難通路が新たに設置されています。国土交通相は韓国の地下鉄火災事故を受けてホームから地上につながる出口が1箇所の場合、2箇所以上の出口を設置するよう求めています。中の島駅のように2つのホームの連絡通路を改札以外に設けている駅は対象ではないようで、札幌市営地下鉄ではこの後紹介する中島公園駅とすすきの駅も対象となります。
幌平橋駅は通常利用を行わない非常時のみの通路となり、中島公園内にその出口があります。


幌平橋-中島公園

幌平橋駅は中島公園の南の端になりますので、公園内の遊歩道を歩くと中島公園駅に出ることができます。遊歩道と線路は多少違うところを走っているでしょうが、今年の札幌は雪が深く、公園内もほぼ雪の中です。
幼少の頃に遊園地があったあたりは現在コンサートホールkitaraがあります。
中島公園内の遊歩道
中島公園内の遊歩道
中島公園菖蒲池ボートのりば
中島公園菖蒲池ボートのりば
中島公園に隣接するパークホテル
中島公園に隣接するパークホテル
建て替えの話が出ては消えているパークホテルが見えてきたら中島公園駅に到着です。歩きましたねぇ。駅構内なんかもかなり歩いてるので万歩計の値も2万5千歩くらいにはなっています。


中島公園駅

お昼前からはじめて、時刻は夕方4時くらい。もう辺りは暗くてカメラの機能で明るめにしています。
中島公園駅1番出口
中島公園駅1番出口
中島公園駅1番出口
中島公園駅1番出口
中島公園駅2番出口
中島公園駅2番出口
中島公園駅3番出口
中島公園駅3番出口
中島公園駅の出口は元はすすきの側の札幌駅前通りに近い2箇所だけでした。1番出口には2006年にエレベータ棟が完成し、さらに2008年には幌平橋駅側に3番出口を設置しています。

北側コンコース

元から存在する駅内コンコースです。エレベータの設置に苦戦したことがわかります。
中島公園駅1番出口案内
中島公園駅1番出口案内
中島公園駅2番出口案内
中島公園駅2番出口案内
中島公園駅北側案内図
中島公園駅北側案内図
コンコース階から元から存在する北側改札の他に、各方面へのホームに直結するエレベータ利用専用の改札を用意しています。
中島公園駅真駒内方面エレベータ利用改札口(改札外から)
中島公園駅真駒内方面エレベータ利用改札口(改札外から)
中島公園駅真駒内方面エレベータ利用改札口(改札外から
中島公園駅真駒内方面エレベータ利用改札口(改札外から
同様の専用改札が大通・麻生方面行きホームに接続する側にもあります。
中島公園駅ピアハーブ店舗
中島公園駅ピアハーブ店舗
当駅もキヨスク店舗は撤退しておりピアハーブ店舗が入居しています。
中島公園駅北側改札(改札外)
中島公園駅北側改札(改札外)
中島公園駅北側改札(改札内)
中島公園駅北側改札(改札内)
中島公園駅北側コンコース多目的トイレ
中島公園駅北側コンコース多目的トイレ
中島公園駅北側改札内トイレ
中島公園駅北側改札内トイレ
トイレは多目的トイレが改札外エレベータ棟内地下に、一般用は改札内コンコースにあります。

南側コンコース

南側コンコースにはエレベータは設置されませんが、階段の傾斜が緩やかであるなどの新しい出口ならではの配慮が見られます。
中島公園駅南側案内図
中島公園駅南側案内図
中島公園駅3番出口案内
中島公園駅3番出口案内
中島公園駅南側券売機
中島公園駅南側券売機
中島公園駅南側出口付近
中島公園駅南側出口付近
中島公園駅南側改札(改札外)
中島公園駅南側改札(改札外)
中島公園駅南側改札(改札内)
中島公園駅南側改札(改札内)
こちら側にも改札外にトイレが設置されています。
中島公園駅南側ホーム階段部壁画
中島公園駅南側ホーム階段部壁画
ホームへの階段傾斜も緩やかで上りエスカレータが設置されます。中島公園内の施設が壁画として描かれています。

ホーム

中島公園駅のホームは少しカーブを描いています。この先大通、さっぽろ、麻生方面はほぼ直線の札幌駅前通を通っていきます。
中島公園駅駅名標
中島公園駅駅名標
中島公園駅1番ホーム真駒内方面
中島公園駅1番ホーム真駒内方面
中島公園駅2番ホーム大通・麻生方面
中島公園駅2番ホーム大通・麻生方面
中島公園駅ホーム案内表示
中島公園駅ホーム案内表示
中島公園駅の案内表示も新しいものになっています。この表示は(誤りがあるのを見かけるが)見た目もわかりやすく好感が持てます。ただ、修正や一時的な変更を紙をベタベタ、しかも必要な案内の上にかぶせて貼るのはいただけません。案内表示に関してはもう少し改善できそうな気もいたします。


1日目さいごに

さて、真駒内から約7キロ歩きました。さすがに足が疲れてしまったので今日はここまで。次回は都心部を避けて北側から始めてみようかと思います。

歩いた感想というか、各駅を見てくるということはあまりないことですので、新鮮な気持ちでした。エレベータやトイレの位置などを気にすることも少なかったこともあります。駅のトイレはかなり改善されていますが、元々の開業時の設計思想では仕方ないのが段差の問題で、90年代に設置されたエレベータはそろそろ改修の時期でもあります。さらに古い設備に新たな設備を接合するような形はどうしても行わなければならず、現場が苦戦されているようにも見えます。

1970年代に「先進的」だった地下鉄を、50年経って、もう一度使いやすく、良いものに変えていくこと。交通局と駅を運営する公社をこれからも応援していきたいと思っております。

次回の記事

札幌市営地下鉄開業50周年記念、おなかの出っ張り解消に沿線を歩いてみる(麻生-北24条)
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=1107


北海道の交通関係 札幌市交通局 徒歩

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示



当サイトにOFUSE 当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。