北海道の交通関係

遠軽・湧別・佐呂間の保存鉄道車両を見てきました①

2022/06/17

今回は少し足を伸ばして以前から行きたかった毛呂地鉄道公園など、オホーツク海側も含めたいくつかの保存鉄道施設を見て参りました。

保存鉄道車両を見る時はどうしても時間的都合がありますので、車で廻るのですが、今回は札幌を深夜3時に出発。国道275号線・国道12号線・国道40号線から旭川紋別道を行きまして、約4時間半。交通量の少ない中ではありますが快適なドライブであります。夏至も近いので深夜に出ても暗い時間帯が少なかったのも良いですね。
まずは中湧別駅の跡地からです。


中湧別駅跡・道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯

まだ早朝ですので、まずは名寄本線、湧網線の分岐点でありました中湧別駅の跡に行ってみます。1989年に廃止になった駅跡地付近は道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯として広い駐車場が設置されています。そして跨線橋と線路跡、いくつかの車両が展示してあります。

廃止時点では駅舎に隣接する単式ホームと跨線橋で連絡する島式ホームがありまして、ホーム部分が残されています。駅舎はありません。
 道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯
道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯
 中湧別駅の跨線橋が残る
中湧別駅の跨線橋が残る
 踏切は当時の物を移設?
踏切は当時の物を移設?
すぐ横の線路跡地には「湧別町文化センターTOM」があり、湧別町役場中湧別出張所や商工会議所、バス待合室などが入っています。ちょうど7時30分発の遠軽行き始発バスがやってきました。
 遠軽行き名寄線代替バス
遠軽行き名寄線代替バス
保存してある車両ですが、黒く塗られた保線用モーターカー(除雪ヘッドがついている)と、貨物列車に連結されていた車掌車4両となります。
 モーターカーと車掌車
モーターカーと車掌車
 車掌車には国鉄マークを追加
車掌車には国鉄マークを追加
 2両の車掌車が溶接されている
2両の車掌車が溶接されている
車両が乗っている線路は移設されたと思われるコンクリート枕木となっています。レール自体は元のままなのか少しアンバランスです。
 構内はコンクリート枕木
構内はコンクリート枕木
ホームには感知器があり、人を感知すると改札中などの案内が流れますが、当時の実際の音声ではなさそうです。駅名標も、当時付いていたものではなさそうです。取り付けの柱が弱そうですし。
 駅名標
駅名標
 跨線橋の乗換案内
跨線橋の乗換案内
 名所案内
名所案内
中湧別保線区の碑が設置されています。
 中湧別保線区の碑誌
中湧別保線区の碑誌
車掌車の車内には駅内にあった設備などが展示されています。よって車内に車掌車時代の面影はあまりありません。
 車掌車内の展示
車掌車内の展示
 車掌車内の展示
車掌車内の展示
ホーム自体は現役時代のものですので、塗装などは変わっていますが、タブレット置きや灰皿など当時を忍ばせる物も残っています。
 ホーム上のタブレット受け
ホーム上のタブレット受け

なお、湧別への支線跡は道路となっており、湧別跡地は消防署が建っています。駅跡を示す碑がありました。
 湧別駅跡地
湧別駅跡地


計呂地駅跡・計呂地交通公園

1987年に廃止になった湧網線は中湧別から網走まで89.8kmを結んでいました。全線開通は1953年と遅く、1968年には「赤字83線」にリストアップされるほどの閑散路線でありました。1960年代1970年代の資料でも輸送密度が1000を超えたことは無かったはずで、70年代には貨物列車も1往復、旅客列車は5往復程度と、旅人にも使いにくい路線でありました。車窓景色が良いということで当時も観光利用が叫ばれたものの、廃止直前のアルコン車両(キハ56改造のリゾートエクスプレス)での観光列車がほぼ唯一だったと思われます。
駅跡を見ても、長編成は入線できない、また、非常に簡素な設備であったことがわかります。
 計呂地駅駅名標
計呂地駅駅名標
 交通公園看板
交通公園看板
 計呂地駅駅舎
計呂地駅駅舎
 計呂地駅駅舎
計呂地駅駅舎
構内が広く残されていて、現役当時の雰囲気を今に伝えています。軌道自転車による体験走行も行われていたはずですので、網走方のポイントなども動くのかもしれません。
 C58 139
C58 139
特記すべきは保存されている機関車と客車です。機関車は湧別町の郷土資料館から移設してきたC58 139で、管理の方が磨いており非常に状況が良く保存されています。
 C58 139
C58 139
ちょうど管理の方が機関車を磨いており、この状況を維持しているのは奇跡的です。この機関車は1975年に北見で廃車となり湧別町が郷土資料館に展示していたものを湧網線廃止後に移設したもので、特段湧網線とは関係のない機関車ではあるのですが、客車を連結していることで当時を忍ばせるものになっています。
 スハ45 17
スハ45 17
 オハ62 91
オハ62 91
2両の客車は北海道では標準的な急行用客車スハ45と、こちらは末期は釧網線で走っていたと思われるオハ62です。スハ45は畳敷きとなっており宿泊が可能になっています(現在はコロナ渦のため不可)そして、オハ62ですが、こちらは鋼体化改造車で木造車体のナハ23あたりからの改造車なはずです。特筆すべきは床下で大きな燃料タンクが設置されています。機関車からの蒸気暖房を受けることができない、中間に貨車を挟んだ混合列車として運用するために、客車に独立した暖房を付けなければならなかった。その証である客車で、よくぞ残ってくれたと思うのであります。

産業技術史データベース 日本国有鉄道 オハ62 91 号  客車 オハ62
https://sts.kahaku.go.jp/sts/detail.php?no=100910281040&c=&y1=&y2=&id=&pref=&city=&org=&word=&p=326


 オハ62 91車内
オハ62 91車内
 オハ62 91車内
オハ62 91車内
 オハ62 91床下
オハ62 91床下
 2両の客車
2両の客車
以前は青で塗られていましたが、現在は茶色塗装となっています。保存されている状況の良さがわかります。
 1923年ベルギー製のレールがあるそうです
1923年ベルギー製のレールがあるそうです
 毛呂地駅の沿革の碑
毛呂地駅の沿革の碑
 湧網線鉄道記念碑
湧網線鉄道記念碑
 旧毛呂地駅の進路構成てこ
旧毛呂地駅の進路構成てこ
鉄道というのがとかく人手がかかるというのは、この駅跡地を見ることでわかります。鉄道というのは車上の運転士は「どこに行くのか」を決めることができません。必ず地上で進路を切り替えて進んでいくのですね。
自動化される前は各駅に駅員を置き、手動でポイントと信号を切り替えます。ポイントを切り替える場所には必ず駅員を配置しなければなりません。原則的には運行時間中始発から最終まで、そして夜間の保守点検も含めれば24時間職員を交代させながら勤務させる必要があります。これが各駅にです。

本線系の路線ではCTC(列車集中制御装置 Centralized Traffic Controlの略)が導入されましたが、これも遠隔でポイント操作を行うという意味では駅自体を無人化できるものの、実際のポイント操作は制御室の職員が行わなければなりませんでした。
現在、札幌圏などはPRC(自動進路制御装置 Programmed Route Controlの略)が導入され、ダイヤの乱れが無ければ職員によらず自動的に進路を構成する仕掛けとなっています。
鉄道というものが、見た目の列車だけではなく多数の職員を必要とするということ、そして、それだけの経費に合う輸送量がないならば維持できないことが、このような保存施設から見えてきます。毛呂地駅跡地の素晴らしさは、車両の保存だけでなく、駅舎だけでなく付属のてこ、信号機等を残すことでそれがわかることにあります。
 背の低い跨線橋は後から付けられたもの。駅の裏は公園になっています
背の低い跨線橋は後から付けられたもの。駅の裏は公園になっています
 網走側は線路中央に木が育って廃止からの年月を感じさせます
網走側は線路中央に木が育って廃止からの年月を感じさせます
なお、交通公園の裏手は計呂地サンゴ草群生地があり散歩にもいい感じの施設となります。ただ、最近はサンゴ草が少なく、あまり見ることができないようです。


佐呂間駅跡・佐呂間町交通公園

佐呂間駅跡地は佐呂間町交通公園となっています。駅のあった場所は「駅前通り」を駅を越えて直通させるために移設されており、鉄道記念館となっています。改装が大きく、駅のイメージが少し少ないのは残念ではありますが、駅舎が残っているだけでも昨今は珍しいことです。なお、駅の網走側は佐呂間バスターミナルとなっています。
 佐呂間駅舎を移設した鉄道記念館
佐呂間駅舎を移設した鉄道記念館
 佐呂間駅舎を移設した鉄道記念館
佐呂間駅舎を移設した鉄道記念館
 佐呂間駅舎を移設した鉄道記念館
佐呂間駅舎を移設した鉄道記念館
テコも保存されていますが、あらぬ方向ですし、これだけだと何かわかりにくいですね。
 佐呂間鉄道記念館の方向テコ
佐呂間鉄道記念館の方向テコ
改修が大きく駅当時の面影が少ない面はありますが、湧網線関連の設備なども保存されています。なお、内部も公開されており、近隣の店舗が鍵を管理しています。

展示されているD51 565は1976年に追分機関区を最後に廃車となっており、湧網線とは直接的な関連のない機関車ではありますが、廃車後函館市内の本通公園(通称SL公園)に設置、展示されていたものの、管理することが難しく、あまり状況の良い展示機関車ではありませんでした。一旦JRに返却された形を取り1989年に佐呂間町へ移設されます。
 佐呂間町交通公園のD51 565
佐呂間町交通公園のD51 565

佐呂間町 佐呂間町交通公園の鉄道車両・備品整備の歴史
https://www.town.saroma.hokkaido.jp/shoukai/rekishi.html
>函館亀田農協が所有して、函館市内の公園に展示しているものの管理が行き届かず、JRに返還したい車両を確認する〔型式:D51565〕


 佐呂間町交通公園のD51 565
佐呂間町交通公園のD51 565
 佐呂間町交通公園のD51 565
佐呂間町交通公園のD51 565

 ホームを模した構造になっている
ホームを模した構造になっている
 ホームを模した構造になっている
ホームを模した構造になっている

スユニ50は鉄道荷物輸送、鉄道郵便輸送を今に伝える車両。台車以外はほぼ新製されていますが、旧型客車の改造車の扱いになっています。車内は公開されていませんが、窓から覗くだけでも様子がわかりますね。郵便仕分室などは今は説明されないとわからないかもです。ちなみにこのスユニ50は1981年に改造されて1986年には廃車になっているはずですし、郵便取扱便としての車内仕分作業は1984年には無くなってるはずですので、どの程度使われたんだろうという車両ではあります。合造車ですので国鉄の所有であることで生き残ったとも言えます。(全室郵便車は当時の郵政省の所有でほとんど現存しない)
 佐呂間町交通公園のスユニ50 517
佐呂間町交通公園のスユニ50 517
 スユニ50 517の郵便室部分
スユニ50 517の郵便室部分
 スユニ50 517の荷物車掌室部分
スユニ50 517の荷物車掌室部分
 スユニ50 517の荷物室部分
スユニ50 517の荷物室部分
 佐呂間町交通公園のスユニ50 517
佐呂間町交通公園のスユニ50 517

DE10 1677は新製から長く旭川機関区に配置されていた車両ですので、湧網線でも使用された可能性は高かったと思われます。比較的最近に再塗装されていると思われます。1位側は木や草が茂っており立入を遠慮しています。国鉄廃線跡地にディーゼル機関車は珍しく、そういう意味でも貴重だと思います。
 佐呂間町交通公園のDE10 1677
佐呂間町交通公園のDE10 1677
 佐呂間町交通公園のDE10 1677
佐呂間町交通公園のDE10 1677

ヨ8017も多分旭川にあった車両と思われます。
 佐呂間町交通公園のヨ8017
佐呂間町交通公園のヨ8017
 佐呂間町交通公園のヨ8017
佐呂間町交通公園のヨ8017
凄く状況が良いわけではありませんが、2つの列車が並んでいるような感じになっていますので好感が持てますね。
ただ、保存車両を維持するためには予算が必要であり、いつまでそれをかけられるかは気になるところではあります。

なお、以前に紹介したよりも湧網線のバスでの移動はかなり難しい状況が続いています。1日がかりで観光とバス移動自体を楽しむような、ある意味贅沢な時間の使い方が必要です。

続きます

遠軽・湧別・佐呂間の保存鉄道車両を見てきました②
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=1149



北海道の交通関係 JR北海道 保存車両

検索入力:

記事カテゴリ



当サイトにOFUSE 当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。