北海道の交通関係

訳あって一部ドメインからのアクセスを拒否しています

2022/06/22

当サイトはマスコミが好きか嫌いかに無関係に、地方に支局を持ち、地方で起こっていることを報道するという仕掛けとしてのマスコミ(既存メディア)は必要であると考えていますし、そのように対応しています。

当サイトで記事を紹介している時も、記者が取材を怠っているのではないか、机の上で憶測で記事を書いているのではないかと思われる記事には本気で怒りますし、ダメ記事とこき下ろします。もちろんそんな権限はありませんから個人の感想ではありますが、その根底には地方マスコミ、地方支局は今地方で起きていることをできるだけ正しく伝えて、特に興味のある方が誤った情報に踊らせられることがないよう報道しなければならないという(穿った)想いがあります。

もちろん取材が丁寧に、事象が時系列でまとめられている記事は是非読んで欲しいとも紹介しますし、それはワタシの基準ではありますが、単なるマスコミ批判のサイトにならないようにと自戒を込めて書いているつもりです。

当サイトの記事を評価いただいたり、エゴサーチこそしませんが、こんなところで感想や悪口が書かれていたとか情報をいただくこともありますし、当サイトのアクセスログ、リファラからいろいろ書かれていることも存じておりますが、あまり気にしても仕方がありませんし、なによりワタシが何者か?なんて誰も知らない上に、出没する媒体は限られますから読まなければ良いというだけでもあります。

当サイト管理者は仕事は公共交通にも一切関与していませんし、マスコミ関係者でもありません。もっと言えば大学も出ていませんし関連の勉強を学生時代に行ったわけでもありません。鉄道友の会などの会員組織には入っていませんし、仲間と呼べる人もグループとして存在している方はいません。あいつは何者なのだ?と関連する趣味組織なんかを探したってわかることはありません。一切加盟していないのですから。

なので、ネットメディアも含めてどこかに書くこともありません、当サイトがSEO対策として行っているのはタグくらいですから、当サイトの内容が検索で上位に上がってくる場合は、本当にそれに関してネット内に情報が無いということです。本来、禄に現地に行けないで書かざるを得ない当サイトの内容が「参考」になってはならないのです。

だからこそ、特に何かに忖度したような書き方はしていないつもりです。


少し前の話ですが、当サイトの公開アドレスに道内マスコミの方からのメールがありました。お名前的にはその社のお立場的に上位であろう方からです。当サイトとしては丁重にお返事を書いたつもりではありますが、多分何かが気にいらなかったのでしょう。梨の礫です。要はこんな偉そうなサイトを書いている奴はどんな奴だ?と思ったのでしょうが、なんだ、禄に学も無いたいしたこともない奴だと思われたのでしょう。

それはある程度わかっている話です。いままでも、当サイトではいくつかのメールをいただき、都度お返事をしているつもりですが(相手先が携帯アドレスの場合、通常のメールの配信がされない場合があるので、届いていない可能性はありましょうが)お返事をいただくのは希です。メールは都度チェックしていますが、スパムメールが非常に多いため埋もれてお返事していない可能性はあろうかと思います、もし遅くとも1週間程度で返事が無い場合は再送いただきますと幸いです。

過去もあったのですが、特にマスコミ関係の方は、とかく返事を送っても梨の礫、到着したのかもわからなければ、聞いてきたことに対して、それなりに調べて回答してもそれですので、当方はもう一切マスコミ関係者からの問い合わせにはお返事をしませんし、本日より道内マスコミからの接続を全て拒否させていただいています。

もちろん、個人が自宅などでご覧いただくことに何の制限もありません。社業として社のPCからこんなつまらないサイトにアクセスされることは「遊び」であり「取材」ではありません。そこはON・OFF切り替えていただき、趣味としてお楽しみください。

つまらない内容に1項目使ってしまいましたが、当サイトも「単なる趣味」のサイトであります。これが役に立てたなら嬉しいですが、役に立てなかった、望んだ回答が来なかったまでは「しらんがな」って話です。

追記:当サイトからの送信メールがスパムメールとして判定されることについて

当サイトからのメールがスパムメール扱いとなり受信できなかったというお話がありましたので、以下を追記させていただきます。

当サイトから送信されているメールは独自ドメイン(north-tt.com)からの送信ではありますが、メールサーバは借りているバーチャルサーバ(1台のサーバに当方以外の多数のドメインが場所を区分けして動作している、マンションなどの集合住宅のような構造)であり、送信メールサーバは現在の所自ドメインとは別のm37.coreserver.jpというサーバ名から送信されます。SPFレコードの登録でm37.coreserver.jp(のIPアドレス)は当ドメインからの「正当なメールサーバー」と登録されているので、本来これが要因でスパムメールとして分類される可能性は低いと思われます。

このような運用は自社で丸々1台サーバを設置、管理できない中小企業では一般的ではあるのですが、同一のサーバを使用する他の利用者がスパムメールを送信しているなどの場合、サーバ(IPアドレス)ごとスパム源としてスパムフィルタリングされてスパムメールとして分類される可能性があります。

また、当サイトが使用しているcoreserver(当方の借りているタイプ)は送信ドメイン認証であるDKIMの電子署名発行が使用できない問題がありますので、将来的にはこれが使用できるサーバに移転する予定はありますが、現在の所は非対応です。(DNSレコードにはDKIM公開鍵を付与はしていますが、多分それだけではスパム判定を覆させるだけの情報にはならないでしょう)

メールテスターによる判定では、10点中7点台程度は確保していますので(通常は5点以下をスパムメールとするところが多い)強いスパムフィルタを導入されている場所以外ではスパム分類されないものと考えてはいますが、当方からのメールがスパムメールに分類されている可能性を考慮ください。(たまにYahoo!メールやgmailなどのスパムフィルタに引っかからないかを試しているが、特段の問題はなさそう。これ以上の対策は現時点では難しい。また、比較的スパム判定の厳しい携帯電話のアドレスの場合、着信しない可能性は高いとも思われるし、そもそもPCメールからの受信拒否の方が多いとも思われる。)

mail tester
https://www.mail-tester.com/


むしろ、当方のメール(リンク・添付ファイルなし、テキストのみ、SPFレコードあり)のメールすらスパムメールに分類されることは、受信者様におかれましては他の取材源、情報源からの有用なメールもスパム扱いされている可能性を否定できないと思われます。昨今はスパムメールが非常に多く難儀しますが、週に1度程度は排除されたメール内万一の有用メールが無いことを確認された方が良いのではないか?そう思うところです。

読まなくていい日記

検索入力:

記事カテゴリ



当サイトにOFUSE 当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。