北海道の交通関係

7月8日-7月14日の北海道交通関係記事

2018/07/15

 

毎日新聞 2018年07月08日
新千歳空港 複数都市直結構想 巨額工費、実現は未知数 JR北、利用客増 経営改善に期待 /北海道
https://mainichi.jp/articles/20180708/ddl/k01/020/034000c

新しい情報はなし。

 

北海道新聞 2018年07月08日
JR北海道の元社員 窃盗容疑で再逮捕へ
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/206834
元社員は名寄運転所で運転士を務めていたが、6日に懲戒解雇された。

最近意味不明な労組による擁護を聞かないのは報道が無視しているのか、そういう発言を労組がしていないのか。

 

北海道新聞 2018年07月08日
新千歳従業員8千人超 10年間で1・5倍に 周辺人口押し上げも
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/206814
航空関連の事務所や土産物などの店舗、駐車場といった新千歳空港内の事業所の従業員が今年4月時点で初めて8千人を超え、10年間で約1・5倍に増えたことが、国土交通省の集計で分かった。国際線の新規就航や増便に伴い、地上支援業務を行う企業や商業テナントの従業員が増えた。地元の千歳市とその周辺に住む人がほとんどで、人口の押し上げ要因になっているとみられる。

これ、本当に喜ばしいこと?本当に空港のキャパシティが足りていない状況になっているのに、小手先の改善しかしていないわけで、アクセス面も含めて抜本的に直さないとならないんだけど、そういう声が聞こえてこないんだよね。

 

NHK 2018年07月08日
道南の観光客100万人減
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180708/0001394.html

「北海道新幹線の開業効果が落ち着いたこと」を要因にしてるけど、それだけ魅力が無いって事だよ。新幹線を要因にすれば落ちても誰も悪いと言わないけど、新幹線ができても減りを止められないって、相当まずいことなんだけど。

 

北海道新聞 2018年07月08日
奥津軽いまべつ駅近くに宿泊付き体育施設
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/206886
 青森県今別町の北海道新幹線奥津軽いまべつ駅近くに、宿泊施設付き体育施設「いまべつ総合体育館」が完成した。7日、落成記念式典が行われ、関係者らがフェンシングなどのスポーツによる地域活性化や町民の健康増進を願った。

どこも「これから力を入れていく」んだよ。これで終わりじゃ無い。こういう新しい取り組みをこれからも増やさないと。新幹線があるから「来て貰える」んだから。

 

NHK 2018年07月09日
十勝の昨年度観光客 過去最高
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180709/0001404.html
昨年度、十勝地方の主な施設を訪れた観光客の数は、1000万人を超えて過去最多となりました。
おととしの台風被害を受けた道路が復旧したことなどから、道外からの観光客が増えました。
十勝総合振興局のまとめによりますと、昨年度、十勝地方の主な施設を訪れた観光客の数は、前の年度より9%増えて延べ1042万人あまりとなり、これまでで最も多くなりました。

こちらは道路の開通を活かしてかなり力を入れた結果でもある。

 

NHK 2018年07月09日
全日空176便欠航 長期化も
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180709/0001426.html

 

NHK 2018年07月12日
全日空 さらに330便欠航へ
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180712/0001489.html

そんななか気になるのが全日空787型機の不良問題。かなり絞った報道しかされていないけど、これこんな小さい記事ですませるような問題じゃ無いから。

 

毎日新聞 2018年07月10日
地域交通 どうする「足の確保」 自治体模索の時代
https://mainichi.jp/articles/20180704/org/00m/010/061000c
 地域の足となる交通網をどのようにしていくのか。高齢化が進み、そのニーズは拡大しているのに、人口減少もあって地域にはそれを支える経済力はなくなってきている。公的な財政負担には限界がある中で、公共交通の担い手にこれまで通り頼り続けることも難しくなっている。一方で、規制緩和による供給サイドからの改革も、この分野ではマイナス面が目立つ。地域の足の確保は、自治体自らが、独自に方策を探るほかない時代に入っている。

全国面、JR北海道だけでなく岡山の両備バスや島根・広島の三江線、天塩のライドシェアなども含めた大きな記事。

 

北海道新聞 2018年07月10日
日高線の将来「いつまで先送り」 不通3年半、協議停滞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/207408

えっ?沿線自治体が「自分達の代で解決したくない」って現れでしょ。何言ってるの?新ひだかの新町長も、いざ町長になるとねぇ、言えないんだね。

 

朝日新聞 2018年07月10日
安平「おいしい」勢ぞろい
https://digital.asahi.com/articles/CMTW1807100100002.html?rm=184
 会場は室蘭線早来駅に近いため、7日限定で苫小牧、岩見沢からの上下6本の列車で訪れた来場者にプレゼント。会場で使える3杯分のビール券(ジュースも可)か出店で使える商品券(千円分)を渡した。

これ、実はすごいことだと思わない?報道した媒体少ないけどさ。70人は集客してるからね。(事前報道があればもっと多かったろうにねぇ)

 

北海道新聞 2018年07月11日
函館から札幌市内まで定額運行 桔梗ハイヤー メーターより1万円安く
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/207649
桔梗ハイヤー(函館)は10日、函館駅や新函館北斗駅と札幌市内を5万円前後の定額運賃で結ぶタクシーの運行を始めた。札幌市内の中心部や一部の幹線道路沿いなどで降車することができる。災害などによる鉄道運休時や身内の不幸といった緊急時の利用を見込んでいる。

必ずしもタクシーが安全なわけでもないんだけど、選択できるものは複数あったほうがいい。

 

北海道新聞 2018年07月11日
「東日本」出身のJR北海道新取締役 渡利千春(わたり・ちはる)さん
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/207752
 JR北海道の新しい取締役として、維持困難路線の見直しなど厳しさを増す経営の再建や、北海道新幹線の札幌延伸を見据えた札幌駅の整備などを担当する。「重責に身が引き締まる思い」と語る。
 JR東日本横浜支社長から6月20日付で着任した。東工大大学院修了後、国鉄から生まれ変わったJR東日本に、「何か面白いことができるかも」と発足翌年の1988年に入社し、安全対策や企画部門を経験した。
 2011年の東日本大震災では総務部次長として当時のJR東日本の清野智社長に同行し、被災直後の現場に入った。母を亡くした駅長、津波で裏返しになった線路。人生の理不尽さや自然の圧倒的な力を前にしながらも、復旧へ懸命に働く社員がいた。その時の鉄道マンの姿は今も種火のように心に残り、困難に立ち向かう静かな勇気となって自らを支えている。
 学生時代はボート部に所属。4年生の時に8人でこぐエイトで全日本選手権優勝を果たした。チームスポーツから学んだのは「つらいときでもみんなで頑張れば、いつか明かりが見えてくる」。JR北海道がこれから進んでいく道と重ね合わせる。
 家族を東京に残し、札幌で単身赴任。料理が趣味で、「閉店間際のスーパーで安く買ったマスを、野菜と蒸し焼きにしたらおいしかった」と笑う。「クリエーティブな作業が好きなんです」。宮城県出身。55歳。

もう国鉄を経験していない「取締役」が出てくるのは不思議では無い。

 

十勝毎日新聞 2018年07月11日
新千歳直通化「大いに期待」 高橋知事
https://kachimai.jp/article/index.php?no=434111
高橋はるみ知事は10日の定例記者会見で、JR北海道が新千歳空港駅と十勝・釧路方面、苫小牧・室蘭方面を直通させるルートの構築を検討していることについて、「開設できれば大変な経済効果がある。大いに期待している」と述べた。

期待だけじゃダメでしょ。それに対して北海道はどう動くの?国の金待ってるだけ?JRに丸投げ?

 

日本経済新聞 2018年07月12日
JR北とコラボティッシュ
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3287407011072018L41000/
 セコマはJR北海道と連携し、JR北の列車をデザインしたボックスティッシュ=写真=をセイコーマート全店と通販サイトで発売した。道内各地の自然を車体に描いた特別列車「北海道の恵み」シリーズの絵柄4種類をモチーフにしている。
 セコマがJR北とのコラボ商品を販売するのは初めて。

結構売れてるようで、近所で買おうとしたら無かった。

 

小樽ジャーナル 2018年07月12日
アイアンホース号 3ヶ月ぶり小樽に帰還
http://otaru-journal.com/2018/07/0712-2.php
21日(土)復活運転記念イベント「おかえりなさい!アイアンホース号」を実施し、9:30から入館者先着100組に冊子「Porter4514」を進呈。
10:30から機関車庫1号から出庫し、中央駅でGCF寄付者による最初の鐘を鳴らすセレモニーを行い、終了後、乗客を乗せて出発する。13:30からも復活記念運転を行い、22日(日)11:30と13:30にも運行する予定。本スケジュールは、準備作業の進捗状況により遅延や変更がある。

 

小樽ジャーナル 2018年07月13日
アイアンホース号に70万寄贈 三立機電(株)
http://otaru-journal.com/2018/07/0713-1.php

とりあえずよかった。

 

十勝毎日新聞 2018年07月12日
21、22日「鉄道まつり」 開町100年記念【陸別】
http://www.hokkaido-nl.jp/article/6849
「第10回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」(町観光協会主催)が21、22の両日、町内の緑町サッカー場と駅前多目的広場で開かれる。
りくべつ鉄道では車内から花火を鑑賞できる「花火列車」も運行(1人1500円、特産品付き)する。

 

北海道新聞 2018年07月12日
道東、道北に周遊列車を 5町村会長が知事に要望
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/208288
JR北海道が単独では維持困難とする路線を抱える上川、宗谷、オホーツク、十勝、釧路の5町村会長は12日、道庁を訪れ、道東と道北を周遊する観光列車の実現に向けた協力を高橋はるみ知事に要望した。
 要望は2016年に続き2度目。要望書では、道北と道東の交流人口拡大のために観光列車を走らせる必要があると指摘し、国や道の協力を求めている。また、16年夏の台風被害の影響で運休が続くJR根室線の東鹿越―新得間の早期復旧への支援も要請した。

 

NHK 2018年07月13日
周遊観光列車実現を知事に要望
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180713/0001498.html
JR北海道の路線見直しが議論される中、5つの町村会の会長が12日、道東と道北の観光地を周遊する観光列車の実現に向けて、官民一体となった取り組みを加速するよう高橋知事に要請しました。
要請したのは、釧路湿原やラベンダー畑など道内有数の観光地を有する上川、宗谷、オホーツク、十勝、釧路地方の5つの町村会の会長です。
北海道新幹線が札幌まで延伸になった場合、ゆったりと景色を楽しむ観光列車との連携が道内観光の相乗効果につながるとして、道東と道北の観光地を周遊する観光列車の実現に向け、取り組みを加速するよう高橋知事に協力を求めました。
高橋知事は、「JR北海道が再生したとき、前向きなことに取り組んでもらうため、観光列車の実現につなげたい」と述べました。

地域で行う町、要望だけする町。今でも観光列車はできるんだぜ。一体どういうの想像してるかは知らんけどさ。知事コメントも他人事だよね。

 

hbcnews 2018年07月12日
北海道新幹線の札幌駅 乗り換えはこうなる JR北海道が駅内部のCG動画公開
http://news.hbc.co.jp/8a8948c5a70242222c044f15ce7b3722.html?time=1531439675638

 

HTBニュース 2018年07月12日
新幹線札幌駅のイメージ映像公開
https://www.htb.co.jp/news/archives_1802.html

 

北海道新聞 2018年07月13日
札幌駅新幹線乗り換え、こんな感じ VR映像公開
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/208369
 JR北海道は12日、2030年度末開業予定の北海道新幹線札幌駅ホームのバーチャル・リアリティー(VR、仮想現実)映像を報道陣に公開した。新幹線を降りた人が在来線に乗り換えるまでの約6分半の映像。JRがホーム内での人の動きを再現するVRを通じて、駅舎の設計を検討するために作成した。
 VRは、新幹線と在来線の両ホームを結ぶ連絡橋や、スーツケースを持った旅行客の歩くスピードや動きをリアルに表現。JRの島田修社長は「現時点でのイメージ案」とした上で、連絡橋から6カ所の在来線ホームにつながる上り下りのエスカレーターとエレベーターをそれぞれ設置する計画も明らかにした。検討段階では設計上、ホームによってはエレベーターと階段のみの可能性も指摘されていた。
 北海道新幹線札幌駅ホームは現駅より200~300メートル東に設置されることになっている。映像では経済界などから要望があった「動く歩道」などの設備はなかったが、島田社長は「映像上にはないが、今後検討を進めていく」と述べた。

こういう絵はいいものだが、広く一般には公開しないのかね?

 

北海道新聞 2018年07月12日
訪日客向け道内観光サイト開設 ぐるなび、道銀などと提携
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/208302
 飲食店検索サイト運営大手の「ぐるなび」(東京)は12日、大手航空会社など4社と連携し、道内を訪れる外国人観光客向けの観光情報サイト「LIVE JAPAN HOKKAIDO」を開設した。グルメや乗り換え案内、イベント情報を最大8カ国語に翻訳して提供し、外国人の一層の誘客に一役買う。
 開設に協力したのは、新千歳空港ターミナルビルディング(千歳)、北海道銀行、日本航空、全日本空輸。

もう少し広範囲の企業が協力しても良いのでは?

 

日本経済新聞 2018年07月12日
JR北、新千歳結ぶ快速でWi―Fi 11月から順次
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32932120S8A710C1L41000/
JR北海道は新千歳空港と札幌圏を結ぶ快速エアポートで、無料の公衆無線LANである「Wi―Fi」の利用環境を整備する。11月ごろから順次サービスを始め、2020年夏ごろまでに全車両で対応する計画だ。訪日客やビジネス客などの利便性を高める。
 「JR―Hokkaido Free Wi―Fi」への接続は、メールアドレスの入力か、フェイスブックなどSNS(交流サイト)のアカウントによる認証が必要。最大2時間接続でき、1日何回でも利用できる。Wi―Fi対応の車両が小樽方面など他区間を運行する場合も使える。
 導入費1億1千万円のうち、3分の1は国の補助金で賄う。JR北の島田修社長は「インバウンドの利用客を迎える路線として必要な設備」と述べた。JR北は北海道新幹線でも12月ごろから順次Wi―Fiサービスを始める予定だ。

 

読売新聞 2018年07月13日
新幹線全車両に無線LAN導入…来年度末までに
https://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20180713-OYTNT50008.html?from=ycont_top_txt

こういうのも報道しない社はわかりますねぇ。

 

北海道新聞 2018年07月12日
「JRイン」道内7カ所目 札幌に20年
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/208341
 また、車内でのWi―Fi利用サービスについては、快速エアポートが11月、新幹線が12月からそれぞれ一部車両で開始。その後、利用範囲を順次拡大し、快速エアポートは20年夏ごろまでに全22編成132両で、新幹線は同年3月までに全4編成40両で使えるようにする予定だ。

このように別記事に紛らせるのも上手ですね道新さん。

 

函館新聞 2018年07月13日
ビール電車出発進行! 夏の風物詩満喫【函館】
http://www.hokkaido-nl.jp/article/6857
 函館市企業局交通部は12日、市電でカラオケとビールが楽しめる「サッポロ生ビール号」の運行を今年も始めた。初日は、自衛隊函館地方協力本部の関係者約20人が乗車。車窓からまちを眺めながら、夏の風物詩を満喫した。
 サッポロビール北海道本部道南支社の主催。1994年に開始した企画で、カラオケ機器のある「アミューズメントトラム501号車」を貸し切り、駒場車庫前―函館どつく前間の往復約20キロを1時間半ほどかけて運行する。

 

北海道新聞 2018年07月13日
札幌市電100年記念で1日乗車券 13日発売
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/208382
 札幌市交通局は13日、路面電車(市電)開業100周年記念の1日乗車券を発売する。市電は民間の札幌電気軌道が1918年(大正7年)8月12日に馬車鉄道から路面電車に切り替えて運行したのが始まり。27年(昭和2年)に市営となった。
 100周年記念の1日乗車券は、大正時代の車両や一般公募で選ばれたロゴマークをあしらった。中学生以上500円、小学生以下250円。市電車内や大通定期券販売所などで来年3月末まで販売する。


 

NHK 2018年07月12日
北海道の人口 20年連続で減少
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180712/0001474.html
総務省によりますと、ことし1月1日現在の道内の人口はおよそ530万8000人と20年連続で減少し、人口減少に歯止めがかかっていません。
総務省は、ことし1月1日現在の住民基本台帳をもとに国内の人口をまとめました。それによりますと、道内の人口は去年より3万4805人減って530万7813人と20年連続で減少し、減少数は全国の都道府県で最も多くなりました。
市町村別では、札幌市や千歳市など9つの自治体で人口が増えた一方、函館市や旭川市、釧路市など170の自治体で人口が減少しました。最も人口が減ったのは函館市の3020人で、次いで旭川市が2758人、釧路市が2249人でした。また人口減少率が最も高かったのは夕張市の3.96%で、特別区を含む全国の市部で最も高くなりました。
道内の自治体では子育て支援や移住促進の政策を進めていますが、少子高齢化を背景に人口減少に歯止めがかかっていません。
一方、道内の外国人は3万1726人と去年に比べ12.5%増えています。後志の倶知安町ではリゾート人気で海外からの移住が進み、外国人は1570人と全国の町村の中で3番目に多くなっています。

 

日本経済新聞 2018年07月12日
道内人口530万人、20年連続減 65歳以上3割超す
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32932060S8A710C1L41000/
 総務省が発表した住民基本台帳に基づく2018年1月1日時点の人口動態調査では、北海道の日本人人口は530万7813人と17年比で3万4805人(0.65%)減った。ピークの1998年(約569万人)から20年連続で減った。一方、外国人人口は3万1726人と、3537人(13%)増えた。訪日客が伸び、道内で働く外国人が増加傾向にある。
 日本人人口の減少要因では、出生数より死亡数が多い「自然減」が2万8447人を占め、都道府県で最も多かった。少子高齢化が全国よりも早く進んでいる。65歳以上の高齢化率は30.5%と初めて3割を超えた。
 特に夕張市の高齢化率は50.8%と5割を上回り、全国の市区部で最も高かった。一方、同市の外国人人口は46人と、20人(77%)増加した。
 札幌市以外では倶知安町の外国人人口が1570人で最も多く、総人口の10%近い。占冠村(329人、23%)や留寿都村(208人、10%)も外国人比率が1割以上に達し、リゾート地で外国人の雇用が進んでいる。

これ、外国人の「率」から考えるとそろそろ外国系の議員氏は出てくるよね。

 

北海道新聞 2018年07月13日
国のJR支援まず2年 19、20年度で最終調整
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/208365
 経営難で赤字路線の見直しを進めているJR北海道に対し、国がまずは2019、20年度の2カ年の財政支援を行う方向で最終調整に入ったことが12日分かった。JRは北海道新幹線の札幌延伸が予定される30年度までの長期支援を求めているが、自立経営に向けたJRの改革を進めるには、収支改善や路線見直しを検証しながら追加支援のあり方を検討すべきだと判断。今月下旬にもこうした支援の骨格を示す見通しだ。
 複数の関係者によると、支援は道などの要請を踏まえ、鉄道建設・運輸施設整備支援機構の特例業務勘定と、地方交付税を念頭に置いた2本柱で構成する。特例業務勘定は、JR本州3社への新幹線売却金などで利益剰余金は約1兆円。JR北海道は安全投資や修繕に必要な資金として、16~18年度の3カ年で計1200億円(うち900億円は返済が必要な無利子貸し付け)の支援を受けている。
 焦点の支援額は詰めの調整が続いている。赤字穴埋めのため、JR発足時に割り当てられた経営安定基金の上積みはしないもようだ。21年度以降の支援について財務省幹部は「地域鉄道として、どう維持していくかはきちんと考えている」としつつ、「まずはJRが(19、20年度の)2年間でしっかり実績を作り、次の支援につなげていくことが現実的だ」と指摘する。支援継続に向けては、引き続き、特例業務勘定の活用を視野に入れている。
 一方、JR北海道は30年度までの財政支援を求め、31年度からの経営自立を目指している。6月に示した「経営再生の見通し案」では、赤字が年間160億円に上る単独維持困難路線の見直しに加え、快速エアポートの増発など収支改善策を盛り込んだ。ただ、21年度以降の確実な支援が見通せなければ、長期支援を前提にした安全対策への投資や、車両、設備などの更新が滞る可能性もある。
 JR北海道への支援策を巡っては、石井啓一国土交通相が「夏ごろまでに大まかな方向性を取りまとめたい」と表明。高橋はるみ知事やJR北海道の島田修社長らは18日に国交省で石井氏に再度要請を行う。

さて、どうなりますか。

カテゴリ: 北海道の交通関係 北海道新幹線 JR北海道 日高線 航空 観光列車

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示



当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。