北海道の交通関係

北海道新幹線関係の割引切符

2016/01/05
青春18きっぷ、2016年も発売決定! "北海道新幹線オプション券"も新たに設定
(記事)


新幹線の割引切符に関してはある程度想定内想定価格で、「えきねっとトクだ値」 「お先にトクだ値」が設定されるのは良かったですね。JR北海道側も「北海道ネットきっぷ」「北海道お先にネットきっぷ」という名称でほぼ同様の発券がされるようです。北海道内で「えきねっと」会員が発券できるようになるのもありがたい話です。ついでにモバイルsuica特急券も対応というのは北海道民としてもありがたい話であります。(まぁ、北陸新幹線の西日本区間も対応してたから、当然対応すると思ってたけどさ)

割引率もほぼ想定内ですし、あくまで北海道新幹線は東北新幹線の延長線にあることがはっきりしますね。JR東日本側の意向が大きいと感じられます。それにしてもスーパーモバイルSuica特急券の東京-新函館北斗15,460円や大宮-新函館北斗14,910円は結構な割引ですぜ。


さて、青春18きっぷと北海道&東日本パスについても出て参りました。

JR北海道としては青春18きっぷで新幹線は乗せたくないだろうなとは思いましたが、思ったより安価に新幹線が利用できることはまぁ評価してもいいんじゃないでしょうか。もちろんフェリー使ったりのほうが「安い」可能性も高いですし、津軽線と道南いさりび鉄道の接続についての問題もありますし、どちらかといえば今までの蟹田はともかく「津軽二股」ですのでJR東日本がこの区間に接続列車を出したりといった対応をするのかは気になるところです。本数の少ない区間ですしね。オプション券は2,300円となります。そのうち960円は道南いさりび鉄道の運賃と考えられますので、1,340円が特急券代と考えられますか。
何が驚いたって今まで公式に接続駅として認識されていなかった「津軽二股」が「奥津軽いまべつ」の接続駅となったことですね。これは青春18きっぷだけの特例なのか、新函館-奥津軽いまべつ-三厩のような乗車券を発券できるようになるのかも気になるところです。

北海道&東日本パスは値上げした上で新青森-新函館北斗を特定特急券で乗車可能としましたのでこれはこれで想定内でしょうか。奥津軽いまべつ-木古内だと特急料金は1,490円ですが、こちらは道南いさりび鉄道に効力がないので木古内-五稜郭の960円が別途かかりますね。青春18きっぷオプション券は使えるのかしら?
素直に新青森-新函館北斗を特定特急券で移動すれば特急料金は3,930円となりそうです。ちょっと高いかなぁ・・・特に函館方面に行くなら、実のところ道南いさりび鉄道経由の方が便利な気もするんですが。

東日本側のフリー切符では「三連休東日本・函館パス」が森まで有効になるので、観光客の取り込みを狙ってのことでしょうが、通常販売していたみなみ北海道フリーきっぷなどが廃止になるので、あくまで北海道側は「新函館北斗」からレンタカーみたいな利用を想定しているんでしょうかね。

北海道側のフリー切符、お得な切符はかなり大なたされるので、それはそれで精査が必要ですね。基本的なRきっぷなどの往復割引券が軒並み乗車券タイプになるのは、正直面倒な感じも受けるんですよね。これが吉と出るか凶と出るか。

まぁ、以前から申し上げていますが、北海道新幹線は首都圏や本州から北海道に来る事に関してのチカラは入りますが、基本的に北海道側はそれほど力は入らないと見ていましたので、まぁ、予想通りですね。札幌から本州方面への企画切符ができなかったのは想定内ですがまぁ、残念ではあります。



(コメント追記)
まぁ、「はまなす」が使えたからの北東パスではあったんだけど、一応こういうきっぷや制度を残しただけいいのかとは思います。
どちらかといえば北東パスがいざりび鉄道に乗れないことの方が驚きで、これは協議したと思うんですけどね。

JRとしてはマニア受けするだけで、運休時などの取り扱いが非常に手間なフリーきっぷより、目的地へはっきりしている乗車券タイプの割引券をメインにしていきたいという現れかとは思います。特に自動改札の少ないJR北海道側への配慮とも思えますね。



人口減少社会ですし特に退職者が多くなると思われる東日本としては窓口に人を割く余裕が今後減ることを想定してると思うんですよね。
ネット決済で指定席券売機での受け取りができたりモバイルSuicaで直接乗車してもらう方法を割り引くことで窓口の混雑防止と人員削減を図ることは課題なのだと考えます。それはJR北海道にしても同じ事で、特に奥津軽いまべつや木古内の人員は最終的に最小限になると思われます。

札幌や函館からの使い勝手の良かった東京往復割引切符を存続できなかったのは少々残念ではありますが(現行のきっぷは特急券は別だけにね)もし残っていたら4万円程度で札幌-東京往復と東京圏フリーきっぷが付いているかなり意欲的な価格になるはずだとは思いますけどね。



需給の関係で企画券は出てくると思いますので、定期的な販売は「えきねっと」に集約していくんじゃないでしょうか。都区内や市内発の扱いも基本的にしたくないと思っている気もしますし。
まだまだ航空なんかに比べると硬直化していますし、航空ほどには座席使用率の問題を抱えないというのはあるんでしょうけどね。
それでもあまり安くは乗せたくないのでしょうし、北海道だけの企画券はあまり意味が無いわけで。
正直三連休乗車券とか北海道でも売ればとは思ったりですけどね。


バスとフェリーの安価な切符と新幹線利用者ってあんまり絡まない気がしますし、青春18きっぷユーザーがそちらに移る方がJR北海道としてはいいと思ってそうに思うんですよね。北海道区間の普通列車減便でまともに移動できなくなりますし。
津軽線は蟹田以北1閉塞(中小国信号場はあくまで分岐だけなので)で、津軽二股に長時間停車させても、それほど問題ない気もしますので、調整してそういうダイヤになるのかが注目ではあります。
さすがにわざと乗り継げないようにはしないと思いますけどね。
路線バスの非常に少ない場所ですし、今の特急乗り継ぎもそんなに良かったわけじゃないので、良くも悪くもならないって感じかと。

カテゴリ: 北海道の交通関係 JR北海道 北海道新幹線

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示



当サイトにOFUSE 当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。