北海道の交通関係

「わがまちご当地入場券」収集旅第18回

2018/08/28

JR北海道の「わがまちご当地入場券」という企画。その町を訪れて、その地域でしか購入できない「入場券」を入手するという単純でありながら奥深い企画だなと思うのであります。

「わがまちご当地入場券」については過去日記 「JR北海道わがまちご当地入場券を応援したい」
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=815

または公式サイト
http://www.jrhokkaido.co.jp/gotochi/
を参照ください。全101駅で発売されています。

現在までのご当地入場券収集完了駅は
北海道新幹線(2/2全駅完了) 奥津軽いまべつ・木古内
函館線(24/25) 函館・新函館北斗・大沼公園・鹿部・森・八雲・長万部・熱郛(暫定)・昆布・ニセコ・倶知安・小沢・仁木・余市・小樽・札幌・江別・岩見沢・美唄・奈井江・砂川・滝川・妹背牛・深川・旭川
根室線(15/17) 赤平・芦別・富良野・幾寅・新得・十勝清水・帯広・幕別・池田・豊頃・白糠・釧路・厚岸・浜中・東根室
室蘭線(10/10全駅完了) 小幌・洞爺・伊達紋別・室蘭・登別・白老・苫小牧・早来・由仁・栗山
千歳線(3/3全駅完了) 北広島・恵庭・千歳
石勝線(2/2全駅完了) 夕張・占冠
富良野線(3/3全駅完了) 中富良野・上富良野・美瑛
留萌線(3/3全駅完了) 秩父別・石狩沼田・留萌
宗谷線(8/11) 比布・塩狩・剣淵・士別・名寄・美深・音威子府・天塩中川
石北線(7/8) 当麻・愛別・上川・遠軽・北見・美幌・女満別
釧網線(0/6)
札沼線(4/4全駅完了) 石狩当別・豊ケ岡・浦臼・新十津川
日高線(7/7全駅完了) 浜厚真・鵡川・日高門別・新冠・静内・浦河・様似
(暫定はJR利用で購入していないため、購入箇所に鉄道で降りた時に購入扱いとする)
以上88駅収集済、残り12駅(暫定1駅除く)です。

過去の収集の様子をを以下に記載しております。
1回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=816
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=817
2回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=818
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=819
3回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=820
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=821
4回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=822
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=823
また、日高、夕張への訪問時も購入しています
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=824
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=826
6回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=831
7回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=832
8回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=833
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=834
JR北海道「わがまちご当地入場券」を半分集め終わって
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=835
9回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=836
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=837
10回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=838
11回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=839
12回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=840
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=841
13回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=842
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=843
14回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=844
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=845
15回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=846
16回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=847
17回目
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=848
「わがまちご当地入場券」収集(できなかった)旅
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=851
-----ここまでテンプレート-----
今日は各項目が非常に少ない行程です。なにしろ札幌駅を出発しますと小樽・倶知安と乗り換えて熱郛まで、帰りも同じルートで帰ってきた。これだけです。

この列車も何度か乗っている(というか札幌から倶知安経由で長万部に行くには既にこの列車くらいしか選択肢が無い)列車です。今回は札幌から混雑した快速エアポート93号-1936D-2938Dというものです。小樽駅では接続時間があまりなく、お茶だけ購入。倶知安では今回は駅前の生協内パン屋さんで購入します。台風接近で運行が心配されましたが、思ったほどでは無く、雨も時折霧雨が降るだけです。
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回

●熱郛駅(黒松内町)
函館本線の駅でご当地入場券の購入しにくい最難関の駅ではないかとおもいます。列車本数は4往復、午後に偏っており運行間隔も大きいわけです。
ご当地入場券は駅から徒歩10分ほどの「道の駅くろまつない」で発売。営業時間は9:00-18:00ですが、冬期は17時までとなっています。このため購入可能な時間に停車する列車は非常に少ないわけです。
オモテ面は黒松内駅のキハ150。裏面は歌才ブナ林です。
黒松内町の人口は2800人ほど、70年代は5000人以上がいたはずです。日本のふるさと100選に選ばれており、後志振興局に含まれてはいるものの、地域的には長万部側のほうが近く、古くはテレビも室蘭局からの電波を受け、高校は長万部に、また、現在も熱郛-目名にJR北海道函館支社と本社鉄道事業本部の境があります。一時期長万部との合併交渉が行われていたはずです。
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
さて、13:37定刻に列車は到着。私の他に1名降りましたが、待合室に入って動こうとしません。私は一応道の駅側に徒歩。帰りの列車は13:54ですから、わずか17分しかないわけで、道の駅へ行っては間に合わない可能性が高いわけです。それもあって、事前に券を求めており「暫定」としていたわけです。

駅は閑散としていますが、手入れはよく、トイレなども掃除が行われているのは見て取れます。地域の集落所も兼ねているようで、地域に大事にされているのは気分のよいものです。
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
駅付近を散策して、構内踏切を通ったら、遠くに列車が見えてきました、黒松内駅で交換してきた2943Dです。車内は座席が半分ほど埋まっている状態。そのまま倶知安で乗り継ぎ、エアポートに乗り継ぎただ帰宅いたしました。


●本当は稚内に行きたかった
ただ、この日、できることならば19時頃札幌を発って旭川まで行き、翌朝の稚内行きに乗車し稚内地区3駅を訪問することを検討していたのですが、この日札幌は少々風が出てきまして、比較的運行乱れの起きやすい稚内を避けることにしました。ですので、ただ熱郛往復で帰宅となりました。

現在までのご当地入場券収集完了駅は
北海道新幹線(2/2全駅完了) 奥津軽いまべつ・木古内
函館線(25/25全駅完了) 函館・新函館北斗・大沼公園・鹿部・森・八雲・長万部・熱郛・昆布・ニセコ・倶知安・小沢・仁木・余市・小樽・札幌・江別・岩見沢・美唄・奈井江・砂川・滝川・妹背牛・深川・旭川
根室線(15/17) 赤平・芦別・富良野・幾寅・新得・十勝清水・帯広・幕別・池田・豊頃・白糠・釧路・厚岸・浜中・東根室
室蘭線(10/10全駅完了) 小幌・洞爺・伊達紋別・室蘭・登別・白老・苫小牧・早来・由仁・栗山
千歳線(3/3全駅完了) 北広島・恵庭・千歳
石勝線(2/2全駅完了) 夕張・占冠
富良野線(3/3全駅完了) 中富良野・上富良野・美瑛
留萌線(3/3全駅完了) 秩父別・石狩沼田・留萌
宗谷線(8/11) 比布・塩狩・剣淵・士別・名寄・美深・音威子府・天塩中川
石北線(7/8) 当麻・愛別・上川・遠軽・北見・美幌・女満別
釧網線(0/6)
札沼線(4/4全駅完了) 石狩当別・豊ケ岡・浦臼・新十津川
日高線(7/7全駅完了) 浜厚真・鵡川・日高門別・新冠・静内・浦河・様似
以上89駅収集済、残り12駅です。


これだけだとなんなんで。
翌25日ですが、その旭川方面に行ってきました。既に旭川近郊の収集は完了しているのですが、永山駅開業120周年記念入場券が発売になっています。この入場券、そう、ご当地入場券スタイルで現地での購入しかできないんですね。
http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20180803_AS_120thAnniversaryAdmissionTicket.pdf
このため、単純にまた永山を往復してこようかと思ったわけです。旭川方面も途中で特急を使わないなら札幌10時台に出発し岩見沢11:33の2325Mでまっすぐ旭川に、しかもすぐ接続の永山行きがありますので効率が良い。帰りもその列車がそのまま折返し、旭川ですぐに滝川行きに接続するんですから、まぁ、完璧なわけです。昨今のJR北海道は残念ながら普通列車同士の接続がいまいちなので助かります。
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回

●もういちど妹背牛・秩父別
JR北海道には、なんとなくこの2点間歩けない?という箇所がいくつかあります。昨年からのご当地入場券旅も愛別-比布や当麻-永山などを行っています。以前から気になっていたのが函館線妹背牛と留萌線秩父別で、過去には妹背牛町営バスがこの2点間を結んでいました。
今回、まぁ、まっすぐ帰っても時間あるし、妹背牛は発売箇所変更(妹背牛温泉ペペル)と、昨年秩父別は一瞬ダッシュしての訪問という感じでしたので、この2点を歩くという暴挙に出たわけです。
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
妹背牛駅を降りますと、相変わらず駅には北海道日本ハムファイターズのマスコットB☆Bが鎮座。地元謹製なんでしょうが、ちょっと怖い。で、駅から以前の発売箇所田中商店を通り温泉ペペルへ向かいます。秩父別はまだ町内有線放送が生きており電柱のスピーカーから町の商店などのCMが流れていますが、人が歩いてないですね。

温泉窓口で入場券購入。前回温泉に入っていますので今回はパスです。公園を眺めながら約8kmの徒歩旅です。(ちなみに列車で深川経由で接続が悪いながらも1時間ちょっとでたどり着ける)
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
途中新千代神社(しんちよー)にお参り。神社の由来は後から調べてもわからなかったのですが、狛犬が立派です。
ここから歩道が無くなりますが、あまり車も来ませんで快適に歩けます。後はひたすら田んぼ見ながら歩きます。アップダウンが少ないから自転車だとよかったかもしれません。

「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
秩父別は道の駅で発売なのですが、ここ、店員のかた「日付印は自分で押してください」とのこと。ここまで日付印のズレなどを気にする店員、駅員氏はみましたが、自分で押すのは初めてで、ズレを気にしたり無理難題(特定日付など)を言うトンデモ客がいるのは伺っていますが、ここまでとは。当然日付印を客に押させるなんてのはあってはならないことですが、この感じだとこの「ご当地入場券」先は長くないかもしれません。購入できる箇所をサポートしてくれる地元施設があってこそこういう施策は維持できるわけで、マニアのためにあるわけでも転売屋のためにあるわけでも無いのです。
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
「わがまちご当地入場券」収集旅第18回
温泉施設ちっぷ・ゆう&ゆはこの手の公営温泉ではかなり初期にできた施設ではないでしょうか。湯船も広く、露天風呂にも3つも浴槽があり、長く楽しめる施設です。タオルもレンタルがあり保証金として先に1000円払い、タオル返却で850円帰ってきていますので150円で利用できます。これでフェイスタオルとバスタオルが借りれるので列車手ぶら旅に最適です。

すっかり暖まって秩父別駅も堪能。「2回目」の訪問ですが、このようにちょっと経路を変えて楽しみたいと思いますね。

さて、次回は雨大幅遅延で振られた根室線2駅、何とか行きたいですねぇ。

次回はこちら
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=853

北海道の交通関係 JR北海道 わがまちご当地入場券 一日散歩

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示



当サイトにOFUSE 当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。