北海道の交通関係

緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)

2019/10/25
くっだらないタイトルですねぇ。自分でも嘆かわしい。

40代も中頃になったワタクシ、元々中肉中背といういかにもなオッサンな訳ですが、それでも健康的な毎日を過ごしたいわけです。10月は比較的業務が忙しくなく、定時帰宅も可能。それならば、家までの各駅を1日少しずつ歩いて行こうじゃないか!と思ったんですね。

ついでに言いますと、JR北海道の運賃値上げがありましたので、各駅の切符の値段も上がっている。ならば各駅のきっぷも集めておこうじゃないか。こうも思ったわけです。

札幌市内には26箇所の駅があります。これを1日1、2駅歩けばまぁ1万歩程度は歩けるし身体に良かろう。思えば無謀な計画でした。

函館本線札幌駅

10月1日、通勤さなかに札幌駅で朝指定席券売機に200円入れて入場券を1枚出してみます。入場券なんて安物に駅員氏を煩わせるのは申し訳ないので、指定席券売機設置駅は様式が窓口発券と同じである指定席券売機で購入することにします。

函館本線桑園駅

札幌駅から桑園駅へは単純に高架化する前に使用していた旧函館線の線路敷が市道、緑道となっていますので、ここを歩くのがセオリー。しかし、面白くないので今回は北海道大学の中に潜入。確か農家のあぜ道のような道路を通ると桑園駅に近道のはず・・・この時期すっかり暗くなったのもあって、しっかり迷いました。まぁ、もしかするとポプラ並木のところからのこの裏道、今は通行できないのかも。まぁ、公道では無く敷地ですので無理はしませんで迂回いたします。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)

札沼線八軒駅

10月3日は桑園駅からスタート。まずは支線である札沼線(学園都市線)を攻略します。札幌市内でも「ローカル線」な感じだった札沼線は民営化後30年で通勤・通学路線として生まれ変わりました。高架化に電化までして、駅の数も大幅に増えました。30年前は桑園を出たら新琴似まで停車しなかったんですから。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
競馬場脇の道を行き、線路を挟んで中央卸売市場が見えると函館線と札沼線の分岐点です。暗くてよくわかりませんが高架下に電気が付いているのが桑園変電所で2路線に電力を供給しています。
このあたりは札幌競馬場関係のJRA施設も多く線路沿いに道路がないので札幌環状線(環状通ではない)を経由すると八軒東郵便局ここからは獣道のような徒歩道が八軒駅まで続いています。このあたりは単線高架なのですが、過去にここまでが高架橋でスロープ状に八軒駅に下る取付跡が見えたりします。昼間に来たいですね。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
下手稲通りの横断歩道を渡るとちょっと目立たない八軒駅。せっかく幹線道路沿いなのに駅が目立たないのはこの後も新設駅では多く見かけます。

札沼線新川駅

歩数がまだ足りないのでもう一駅歩きます。八軒駅からは徒歩道も含めて高架脇に旧線路跡をつかった道路が付いています。それも琴似・栄町通までで終わり。この通りは地下鉄琴似駅から麻生駅までのバスが走る通りですから、麻生駅に近い新琴似駅付近までこの通りを歩けばたどり着けるはずです。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
新川通の交差点、新川を越えると線路沿いに整備された徒歩道が出現します。ここから札幌市北区へ入りますが、このあとも札幌市北区は線路沿いの高架前の線路敷きを徒歩道として綺麗に整備しており、列車利用者の通勤経路としても活用されていますし、犬の散歩などにも地域住民に活用されているようです。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
ほどなく高架が高くなった新川駅に到着。八軒も新川も時限無人駅で、改札機なども無人駅仕様の集札をしないタイプのものが設置されています。不正乗車の温床にもなりますので改善したいところではあります。

札沼線新琴似駅

10月4日は新川駅から再開。ここからも徒歩道が線路沿いに続いています。高架化前は線路の上を走っていた札樽自動車道はさらに高い高架を作成して越えていきます。これを地上から見ると本当に「見上げる」感じになりますね。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
徒歩道は綺麗に整備され、新琴似4番通には鉄道高架に「学園都市線」の表示まであって車利用者にもアピールしています。高架下にコンビニを併設し、駅内にパン屋さんもある新琴似駅には謎のクマの石像が鎮座。この石像は「新ちゃん」と名付けられており、旧駅舎時代にはホームにあったはずです。今日は駅員氏の制服を着ていました。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)

札沼線太平駅

延々続いてきた高架も新琴似で終わりです。このあたりには開拓時代からの防風林があり、そこまで徒歩道が整備されています。高架の終端部分はあまり見ることが無いので新鮮です。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
ここから創成川を渡り今度は札幌市東区と接することになります。北区はあいの里方面まで伸びているんですが、東区はこの札沼線線路までなんですね。大通公園からスタートする「北○条」もこのあたりまできますと北51条というインフレナンバーです。地平駅で簡素な駅である太平駅は住宅地の中の無人駅。ここも国道や道道からのアクセスがあまり良くない駅です。しかし、地域の住民が増えているのか利用客数は伸び続けています。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
今日はここまで。

札沼線百合が原公園駅

週明けの10月7日は太平駅から再開。札幌を出て初めての踏切を通過して線路沿いの道路。駅間は短いし楽勝!と思ったら大間違い。途中に行き止まりがあったり畑があったりで、なかなか線路沿いを歩かせて貰えません。多分このあたり農地だったところを宅地化した時に区画整理で揉めたところが多いように見えます。道路があれば駅まで近いのにという方は多そう。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
百合が原駅は「さっぽろ花と緑の博覧会」が百合が原公園で開催された時に設置された臨時駅が元。このため市街地と反対側の百合が原公園側にロータリーが設置されています。こちらも無人駅で太平駅とほぼ同じくらいの利用があるようです。

札沼線篠路駅

札沼線では過去のローカル線時代を彷彿する駅舎が残っています。このあたりがかなり古くからの集落であるのは神社や道路の作りでわかりますが、札幌市の都市化でこのあたりも住宅地が広がるようになり利用の多い駅です。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
列車本数の増加で踏切は閉塞時間が長くなっており、札幌市はこの付近の高架化を決定しましたので、この駅舎や倉庫などが並ぶ駅前の雰囲気も数年で変わってしまいそうですね。

札沼線拓北駅

札幌市もこのあたりまで来ると少しのどかな感じで畑が増えてきます。このあたりに「シノロ開村発祥地」という石碑があります。ここでわたる伏籠川は札幌開拓紀の大友堀にも繋がる由緒ある川であります。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
拓北駅は1995年まで東篠路駅としていました。近くにはかなり古くからある「ひまわり団地」といわれるニュータウンが広がっています。この地域は高齢化が進んだこともあり、モータリゼーションの発達で近隣からスーパーが消え、札幌市内でも「買い物難民」問題で採り上げられる地域です。今は駅にエレベータも設置され、南口も開設されています。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
なお、このあたりの踏切は「加藤作場踏切」で要は加藤さんの畑(作業場)への踏切。当時は一面の畑であったことが伺えます。

札沼線あいの里教育大駅

札幌市のニュータウン「あいの里」と近隣に北海道教育大学札幌校があることから設置された駅です。このあたりは藍染めの工場があったことからこの名前が取られており、いまも踏切名に当時の藍染め工場であった「興産社」を名乗る踏切があります。
ニュータウンとして発展した駅北側に比較して南側は鬱蒼とした原野のままで、原野商法が行われた負の土地でありましたが、今はこちらもニュータウンとして整備。その結果学園都市線の利用客も増えているのが現状です。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
駅近くの駐車場はkitacaなどICカードであいの里教育大駅で下車をすると割引になるという施策が行われています。

札沼線あいの里公園駅

この付近には「釜谷臼」という駅がありました。今のあいの里東中学校付近で全く痕跡は残っていません。あいの里教育大駅から緑道がしっかり整備されているのがニュータウンっぽくて素敵です。しかし、先の南側原野がニュータウン化しましたが、店舗などの整備は無く、線路を挟むため車だと大きく遠回りしなければ買い物できないというのは何度か問題として市議会などで挙げられていますが、今や踏切の設置は絶望的で駅付近を除けば徒歩でも線路を横断できるところがないのはなかなかに不便な場所でもあります。
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
緊急企画。おなかの出っ張り解消にJR北海道札幌市内駅全駅歩いてみる(札沼線)
あいの里公園駅は札幌市の北の端の駅。無人駅ですが、利用客は多く今でも増えています。近隣に最近新設されたあいの里高等支援学校(旧普通校だった拓北高校)があり、障害を持つ子も通うため平日朝は駅員氏が派遣されていますし、有人化の要請は何度かされているようですが、JR北海道の財政事情的に難しい様子です。支援校の関係もあるのかバリアフリー工事も始まりました。
札沼線はこの先石狩川を越え当別町に入ります。

次回
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=914

カテゴリ: 北海道の交通関係 JR北海道 一日散歩

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示