北海道の交通関係

2019年12月の当サイトアクセス傾向

2020/01/06

冬期形の運休や交通関係の乱れが発生してくる12月ですが、今年は札幌圏などを中心に雪が少なく比較的安定した運行状況でした。このため比較的運行情報へのアクセスは少なかったように思います。
また、毎年空席情報の検索には多数アクセスを頂いておりますが、基本的に過去の発売状況を検索するという観点の当サイトの情報はお役に立てないはずで、逆に空席情報をサイト検索する人が多いながらもそれに公式サイトが応えられていないという点もあるように思います。過去にはJR北海道公式サイトで各列車の1ヶ月間の空席情報を公開していましたが、これがなくなり、スマートフォンでの閲覧がイマイチ不便なサイバーステーションや会員登録無しでは見られないえきねっとサイトなどからしか情報を得られないなら、確かに当サイトが比較的上位に検索される可能性はあるわけです。このような状況が放置されるのは正しいことではないと当サイトでは考えます。
2019年12月の当サイトアクセス傾向
札幌 釧路 空席
何故このワードで弊サイトが上位に検索されるのか正直理解できません。
当サイトは何のSEO対策もしていませんので、こんな非公式サイトが上位に検索されることは本意ではありません。


先月のアクセス傾向
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=923

今月のアクセス順位ですが
1位北海道鉄道時刻表
2位JR北海道空席情報検索
3位北海道の交通関係(記事アクセス合算)
4位JR北海道札幌圏列車位置
5位JR北海道インシデント(列車運行情報)検索
6位北海道内空港運航状況
7位駅情報・列車情報
8位北海道交通関係報道
9位北海道の交通関係について
10位北海道内各交通機関情報ワンストップ


記事については別枠で表示します
1位 北海道各駅の乗降客数と駅形態
2位 北海道知事のJR北海道に関する「地元負担」問題と2020年新ダイヤ
3位 JR北海道の車内wi-fiに接続してみた
4位 「キハ40入場券・札沼線入場券」から見るJR北海道の新たな施策
5位 JR北海道の乗降客数ランキング
6位 交通バリアフリー法とH100形
7位 もし今でも「国鉄」だったなら北海道の鉄道はどうなっていたか
8位 バスの運転手不足、だから鉄道を無くすな!とバス減便報道
9位 JR北海道2019年度第二四半期収支状況
10位北海道新聞の発行部数が100万部を割った件
11位根室線事故による運休と「廃線」
12位石北線の今後の維持を考える
13位バスの甚大な事故と「悪天候で運行させない運行管理」
14位石北線を改めて使ってみたら酷いなと思った話
15位「不正乗車防止策」の甘さは利用者への冒涜
16位2019年11月の当サイトアクセス傾向
17位北海道新幹線工事箇所(後志トンネル天神工区)
18位北海道内路線バスの現状
19位ファイターズ北広島移転で地下鉄東豊線はどうなるか
20位JR北海道の決算に見る北海道新幹線の赤字額

記事全体では2020年春のダイヤ改正と新形地方路線用車輌H100形の運行開始が予告されましたのでそのあたりの記事がアクセスを集めました。
また知事発言による地元負担問題は既に数年同じところで行き来しているように個人的には思うところですが、知事の利用促進以外の負担をしないという発言がどのように今後に繋がっていくのかが焦点となりましょうか。この関係もあるのか駅利用者数などのデータ記事にもアクセスが集まったようにも思います。
また、ファイターズ新球場隣接地に新駅を設置することも一定の決定と見てよいようですので、その観点の記事もアクセスを頂いております。

なお、当サイトの月間総ページビュー数は65,364でした。

次月のアクセス傾向
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=937

北海道の交通関係 サイトアクセス傾向 サイト更新情報

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示



当サイトにOFUSE 当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。