北海道の交通関係

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

2020/08/09

「北の大地の入場券」収集旅、8月は強化期間(?)として、週末1日、平日1日の割で出かけようかなと思っています。そんな飛び飛びの日程でも利便が高いのが普通列車に乗り放題になる青春18きっぷ。とっくにオッサンとなった私もいまだに年に数冊購入しているものです。
もう、この切符で長距離移動はあまり行いませんが、それでも早朝に札幌を出れば北見・網走を経由して釧路に着くことができたりします。まぁ、今年の正月に似たようなことはやってるんですがね。

前回の記事
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=972

今回、ワタクシ「北の大地の入場券」収集旅はその地域の神社訪問と食事・お土産を購入するというミッションを付けていますので、なかなか停車時間で終了させるのは難しいと思いますので、比較的近場で1日に頑張っても4駅って感じですね。札幌から各方面への普通列車乗り継ぎは、まぁ、何度かやっていますので頭に入っています。
今回は出発が少し遅くなりましたので、ちょうどよさそうなのは旭川方面、さらにちょっと足を出してというのをやってみます。今日は比較的「駅近」と思うので、自転車はお留守番です。

●旭川行き普通列車2325M
さて、札幌駅を午前中に出発して旭川に行ける列車は2本だけ。札幌を6時ちょうどに発車する旭川行き、そして、札幌を10:37に出発して、岩見沢で乗り継ぐ、今回使用する2325Mです。この列車、岩見沢を出ますと途中で特急に抜かされることがなく、旭川には12:55到着。ゆっくり昼寝をむさぼります。
「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)


永山駅(旭川市)

・発売箇所:永山駅窓口
・指定神社:永山神社
・食事:江丹別そば処 穂の香
「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
旭川駅からすぐ接続する永山行普通列車はキハ40の観光車両「山紫水明」の「紫水」号です。もう1両ある「山明」号は昨年苗穂工場公開時に見ておりますが、旭川に所属している紫水号は初めて見ます。外装もシックになっておりますし、車内が木目調になっていて手すりやつり革は木製、荷物棚も木目のカバーがついています。ただ、走りや設備はキハ40でありますので、当然に冷房はなく、窓を開けます。
「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
旭川近郊輸送として、旭川-永山・比布は意外な利用があって、車内も20人ほどの乗車があります。バスより早く安いのもありそうです。420円、30分程度のバスよりも時間さえ合えば鉄道も悪くないわけですね。
永山駅は本屋側に到着。すぐに旭川行きになりますので、改札口にはすでに列ができています。昼間の駅で普通列車に乗るための列ができているのは、あまり見かけない光景で、正直もう少し本数があったら便利なのでは?とは思ってしまうところです。
旭川行きの列車が出て行ったところで券を購入します。
「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
永山神社は駅からそれほど離れていません。歴史のある厳かな神社であります。敷地が広く池があったりしますので、子どもの頃なら遊び場にしてたろうなぁと思いますね。
「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

おなかがすいてきましたので駅近くの食事処を探してみます。今回は駅のすぐそばにある農協の建物内にありますお蕎麦屋さん「穂の香」でいただきます。江丹別は旭川市の西部にある地域で、伊納駅も江丹別地区に含まれます。寒暖差が大きく蕎麦の栽培に適しているとのこと。
「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
お昼時を少し過ぎているのですが、それでも次々お客さんが訪れる人気店です。
「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
今回はとろろ蕎麦のセットを。おにぎりも地元産米で美味しいのです。サラダも付いて800円はお安い。


比布駅(比布町)

・発売箇所:駅構内ピピカフェ
・指定神社:比布神社
・お土産:ピピカフェ
約1時間の滞在で名寄行きに乗ります。先ほどの「紫水」号がやってきました。この列車は名寄から音威子府行きになりますので、この車両が音威子府に乗り入れるのですね。

連休初日ということもあってボックスに1,2名かけているくらいの乗車。途中普通列車でも通過する列車が多い北永山と南比布に停まり、マニアがうろうろ写真を撮っております。

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
無人駅ですので運転士にきっぷを見せて下車。降りる方は少なくなく、ここも日常の足として利用されているのがわかります。比布駅では旭川行き列車と同時発車。ダイヤが正確ならお互いがピタリと同じ時間に到着し、寸分狂わず発車していくのは、やはり凄いことだよなぁと思ったりします。

早速駅から歩いて比布神社を目指します。駅から1kmほどありますが「駅前通り」という感じが懐かしい感じもしますし、今もスーパーや床屋さんなど最低限の生活環境が維持されているのはいいですね。旭川に向かうバスに抜かれましたが車内に人影が無く、なかなか公共交通は厳しい感じもいたします。

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
比布神社は縁結びで有名な神様だそうで、ご夫婦の参拝も見られました。縁結びの石も境内にありますね。

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
さて、駅に戻りまして、この比布駅、ピップエレキバンのCMで有名になったわけですが、駅にはカフェが入っており、このカフェが「北の大地の入場券」の発売箇所です。バリアフリーに改良されており、スロープやトイレもきれいでゆったりとしたスペースに。カフェが閉まっていても待合室が使えます。ホーム側も舗装されていて、列車は交換が無ければ必ず駅舎側に停車するので、階段を使用するのは2本だけとなっています。

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
駅前には旧タイプの駅名標が設置されていますが「P」が隠されています。

 

ピップ
北海道比布町×ピップ株式会社「PIP相互応援大使活動」開始1周年記念 “消えた「P」を探せキャンペーン“実施!
https://www.pipjapan.co.jp/productnews/20200807.html


これはピップ社との協同でのキャンペーンのようですね。面白いことを考えます。


「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
さて、帰りの列車まではピピカフェさんでコーヒーを頂きます。お土産はイチゴジャムとネギ塩ダレで、これは前回も購入して気に入った商品。お土産にいたします。夏の暑い時期のはずですが、心地よい風が通り抜けるカフェで、窓から列車が見えるなんて幸せな時間ですね。

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)

「北の大地の入場券」収集旅4(永山・比布)
帰りは快速列車と普通列車を乗り継ぎますが、名寄からの快速列車の車両。まさかのキハ40の量産先行車である830号機でした。キハ40の最古参車両ですので、毎度もう乗るのは最後かな?と思っているのですが、今回も当たりまして、ピンク色っぽい内装を楽しみます。ただ、車内の傷みも激しいようで、床につぎはぎがありますし、なんとなく床がボコボコしている場所がありますね。

旭川運転所では車窓にH100形が多数留まっています。予想では来年春には運用が開始され多くのキハ40が置き換えられそうです。暑いけれど窓を開けた乗車も今年が最後かもしれませんね。



●「北の大地の入場券」購入駅一覧
北海道新幹線(0/2) 奥津軽いまべつ・木古内
函館線(3/22) 函館・新函館北斗・大沼公園・鹿部・森・八雲・長万部・熱郛・○昆布・○ニセコ・倶知安・余市・小樽・手稲・○札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川
根室線(1/17) 赤平・芦別・富良野・○幾寅・新得・十勝清水・芽室・帯広・幕別・池田・豊頃・浦幌・音別・白糠・釧路・厚岸・根室
室蘭線(1/9) 豊浦・洞爺・伊達紋別・室蘭・登別・白老・苫小牧・○追分・栗山
千歳線(0/3) 北広島・恵庭・千歳
石勝線(2/2) ○新夕張・○占冠
富良野線(0/2) 上富良野・美瑛
留萌線(0/2) 石狩沼田・留萌
宗谷線(2/10) ○永山・○比布・剣淵・士別・名寄・美深・音威子府・幌延・豊富・稚内
石北線(0/6) 上川・遠軽・北見・美幌・女満別・網走
釧網線(0/6) 釧路湿原・標茶・摩周・清里町・知床斜里・浜小清水
札沼線(0/1) 石狩当別
日高線(4/4) ○新冠・○静内・○浦河・○様似

86発売箇所中13駅を購入しました。残りは73駅です。△は暫定。

次回の記事
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=974

カテゴリ: 北海道の交通関係 JR北海道 一日散歩 北の大地の入場券

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示



当サイトにOFUSE 当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。