北海道の交通関係

「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)

2020/10/04
「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を利用した「北の大地の入場券」収集も6日目最終日になります。連休ももうすぐ終わり、夏季の臨時列車も終了の時期です。その一つが札幌から富良野を結ぶ特急「フラノラベンダーエクスプレス」です。この列車はリゾート車両であるノースレインボー車両を使用した列車です。
今年、JR北海道は新たな多目的用途車両キハ261系「はまなす」編成を誕生させました。来年度には「ラベンダー」編成も増備され、特急列車の代走も含めた「多目的」に使用されるとしています。この結果「ノースレインボー」車両も今年引退ではないかと予想されています。すくなくとも来年臨時特急として運行されることはないのではないかと思っています。

前回の記事
https://traffic.north-tt.com/09_article.php?article=991

ノースレインボー

「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
というわけで、その「フラノラベンダーエクスプレス」の指定席を抑えてありまして、乗車です。ほとんど空いていた4号車を抑えたのですが、実際には各列1人くらいは座っていて、そこそこ乗っていますね。そしてほとんどがマニア風一人旅という感じで、まぁ私もそうなので人のことは言えません。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
ノースレインボーは個人的には好きな車両。ただ、今のフラノラベンダーエクスプレスは車内販売もなくなり、もう魅力という意味では少なくなってしまいました。そういう意味では過去に乗ってよかったなとも思います。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
JR北海道が自社苗穂工場で製造したノースレインボーはそのあちこちに「手作り」である既製品では味わえない痕跡を見かけます。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
デッキには大型荷物置き場が用意されていますので自転車の持ち込みももちろんらくらくです。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
座席は肘掛けの大きめなリクライニングシート。テーブルは肘掛けに内蔵ですので向かい合わせにしていても使いやすい。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
窓下にはちょっとした荷物置き場があります。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
今回は車内をうろうろせずに、車窓を眺めます。この天窓、逆に、夜の富良野、根室線のそれこそ芦別の郊外とか東鹿越とかで車内の電気も消して「星空」を楽しめる列車だったらどんなに素敵だったでしょう。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
列車は稲穂が映える函館線をひた走り、滝川から根室線に入ります。ところどころでアナウンスがあるのが観光列車ですが、やっぱり何か寂しい。富良野市や芦別市などが、ちょっとしたアテンダントを乗せ、観光案内するだけでもずいぶん変わるのになと思います。北海道の観光列車は残念ながら沿線自治体の協力を行っている例が少なくて、JRだけが頑張っている、JRができなくなってきて魅力が下がるというのが繰り返される寂しさがあります。


富良野駅(富良野市)

・発売箇所:富良野駅
・指定神社:富良野神社
・食事:圭子ちゃんの店
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
富良野駅に到着。列車の撮影大会状態ですが、まぁ、今回は乗ることが目的なので。すぐさま改札を出まして、まず、腹ごしらえ。
もはや北海道で駅にお蕎麦屋さんのある所はずいぶん少なくなりましたが、その一つが富良野駅です。
圭子さんと思しき女性は少しお疲れのご様子。ここのお蕎麦はすごくおいしいというわけじゃないけれど、でも貴重だなと思うんですよね。
駅も落ち着いてきましたので、「北の大地の入場券」を購入します。今日はお天気に恵まれて、晴天ですが雲も浮かんでいてそのコントラストが美しく感じます。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
早速自転車を組み立てまして、まず富良野神社に。こちらはまた立派な神社であります。無事に参拝いたしまして、では、さらに自転車を走らせましょう。


上富良野駅(上富良野町)

・発売箇所:上富良野駅
・指定神社:上富良野神社
・食事:多田精肉店
ここ最近自転車の距離が長い行程を組んでいるのは、おなかの出っ張りが気になるからでもあります。ですので、登りの少ない平坦気味な道を選んで自転車を漕ぐ。これが楽しい。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
今回も富良野から上富良野まで約16㎞の自転車旅です。富良野奈江線から町道に進んで各駅に寄って行きます。富良野線途中駅各駅はなかなか降りることもありませんし、待合室の小さな板張りホームなんかもあって、いい感じですね。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
今回「北の大地の入場券」はご当地入場券でほんろうされた中富良野もないので、ここも自転車で軽く通過。少し上り坂を漕いで漕いでファーム富田。ここはクルマでの入場者が多いようで混み合っていました。そのまま走り続けて上富良野神社です。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
上富良野のお楽しみは前回も購入している駅前の多田精肉店さんのお弁当。これが気に入ったので今回も注文です。今回は列車の時刻に余裕があるので、お弁当の提供に時間がかかっても大丈夫。出来上がったお弁当を駅前のバス停ベンチでいただきます。(お弁当に強いにおいがあるので、屋内はちょっとはばかられるかも)


美瑛駅(美瑛町)

・発売箇所:美瑛駅
・指定神社:美瑛神社
・食事:四季の情報館
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
上富良野から美瑛は坂が多く、自転車にはちょっと不向き。この区間は列車がいいでしょう。2両の列車は空いていて、後ろの車両に荷物とともに。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
美瑛は駅員さんがてんてこまい。外国人観光客こそいませんが、ノロッコ号の指定をとろうとする客、自由席だと料金は?とか基本的な鉄道利用の質問の客に次々こたえなければなりません。それだけ列車に乗り慣れない人も多い模様。
少し窓口が落ち着いたのを見計らって「北の大地の入場券」を購入。さあ駅前から自転車を走らせましょう。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
美瑛神社までは駅からそこそこあります。風が出てきまして、ちょっと寒くなってきました。1枚羽織って進みましょう。こちらの神社、最近は訪れると恋愛運がアップするという話ですが、まぁ、私はいつも通りゲスなお願いをいたします。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
さて、神社のお隣、真っ白に塗られた客車がありました。以前はライダーハウス「蜂の宿」として営業していたようですが、現在は休業中の模様。事業用車を払いされた感のある(突放禁止とかうっすらと読める)この客車。あとで調べますと旭川に配置されていたスヤ52 2だったようで、現役時代は職員健康診断車両としてレントゲン等を積んでいたとのこと。その昔はスロ52 4特別二等車だったという車両です。なかなかに貴重な感じの車両です。

帰りはこれまたこの連休で今年度の営業を終了するノロッコ号です。美瑛から乗る人でそれなりに座席が埋まっていたのですが、旭川方面からの列車が到着すると自由席車は「密」でございました。しかも途中から雨が降ってきまして、窓を閉めざるを得ません。今回の旅は釧路湿原と富良野美瑛の両ノロッコ号に乗れたのも満足。しっかり楽しむことができました。
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
「北の大地の入場券」収集旅12(富良野・上富良野・美瑛)
そして最後はもう一度フラノラベンダーエクスプレスに乗車。帰りはゆっくり眠りながら帰宅できるのも列車の旅の魅力です。

●「北の大地の入場券」購入駅一覧
北海道新幹線(0/2) 奥津軽いまべつ・木古内
函館線(7/22) 函館・新函館北斗・大沼公園・鹿部・森・八雲・長万部・熱郛・○昆布・○ニセコ・倶知安・余市・小樽・手稲・○札幌・江別・岩見沢・○美唄・○砂川・○滝川・○深川・旭川
根室線(17/17) ○赤平・○芦別・○富良野・○幾寅・△新得・○十勝清水・○芽室・○帯広・△幕別・△池田・○豊頃・△浦幌・○音別・○白糠・○釧路・○厚岸・○根室
室蘭線(6/9) ○豊浦・○洞爺・△伊達紋別・○室蘭・△登別・白老・苫小牧・○追分・栗山
千歳線(0/3) 北広島・恵庭・千歳
石勝線(2/2) ○新夕張・○占冠
富良野線(2/2) ○上富良野・○美瑛
留萌線(2/2) ○石狩沼田・○留萌
宗谷線(2/10) ○永山・○比布・剣淵・士別・名寄・美深・音威子府・幌延・豊富・稚内
石北線(0/6) 上川・遠軽・北見・美幌・女満別・網走
釧網線(3/6) △釧路湿原・△標茶・○摩周・清里町・知床斜里・浜小清水
札沼線(1/1) ○石狩当別
日高線(4/4) ○新冠・○静内・○浦河・○様似

86発売駅中46駅を購入しました。残りは40駅です。△は暫定。今回の旅でやっと半分を超えました。冬期に取っておこうと思っている札幌近郊駅以外で残っているのが宗谷線、石北線と函館方面になります。10月にもちょっと廻ってみたいですね。

カテゴリ: 北海道の交通関係 JR北海道 一日散歩 北の大地の入場券

検索入力:

記事カテゴリ

最近の100件を表示



当サイトではOFUSEのシステムを使用した「投げ銭」ボックスを設置しました。当サイトが何かのお役に立てて、ご協力いただけるのでしたら少額で構いませんので、ご寄付いただけますと励みになります。